「日本人妻自由往来運動」は反共謀略 朝鮮総連が非難談話

1974年11月23日、朝日新聞朝刊に朝鮮総連の非難談話がありました。

内容が凄い。

『「日本人妻自由往来運動」は反共謀略』

全文はこれ。

“「日本人妻自由往来運動」は反共謀略 朝鮮総連が非難談話” の続きを読む

世界の現実に気づきだした北朝鮮民衆

フォーリン・アフェアーズ・リポート2017年2月号 (フォーリン・アフェアーズ・レポート)』に、「世界の現実に気づきだした北朝鮮民衆」という寄稿がありました。

内容は、流入するデジタルコンテンツによって、北朝鮮民衆が政府に騙され、裏切られていることに気づき、内側からの体制変革の原動力になりえる、というもの。個人的には賛成ですが、外圧も必要でしょう。その外圧も、空爆や暗殺のような実力行使ではなく、北朝鮮政府に「民衆を弾圧させない」圧力が必須です。

結局、反抗しようにも、銃を持った軍隊が相手では無駄死にですし、逆らって親族丸ごと連座させられ、地獄の収容所送りになるのでは、反抗心も霧散します。

外部の圧力は、内部の変革を促すようなやり方を心がけるべきでしょう。

フォーリン・アフェアーズの寄稿論文で、北朝鮮での外部情報流入の実態が書いてあったので一部紹介します。

“世界の現実に気づきだした北朝鮮民衆” の続きを読む

朴正煕射殺事件についての総連の見解

1979年10月29日、朝日新聞夕刊に、朴正煕射殺事件についての総連の見解が盛大なブーメランになっていたので紹介しておきます。

金正恩が誰かに暗殺されたり、殺されたりしたら同じように言うんだろうな?と今から言質を取っておきたいところです。

内容はこれ。 “朴正煕射殺事件についての総連の見解” の続きを読む

北朝鮮テロ ラングーン事件

全斗煥大統領暗殺を狙って起こされたテロ、ラングーン事件。

文字では知っていましたが、やはり映像で見るとインパクトが段違いです。

写真や映像の力というのは凄いですね。北朝鮮の収容所も実際の写真や映像が入手できたらおそらく世界中の北朝鮮に対する印象は劇的に悪化することでしょう。

それにしてもこの事件が韓国の歴史教科書から消えていることに本当に驚く。

“北朝鮮テロ ラングーン事件” の続きを読む

トランプはレーガンとなるか?それともカーターとなるか?

以前、『トランプ大統領誕生で誰が一番困るか?』に、「トランプ大統領誕生で一番大変なのは官僚だろう」と書きました。まさにその通りのことが起きているようです。リーク合戦がそれを象徴していますね。

今のところバノン叩きがヒートアップしているようです。実際にトランプ大統領への影響は微妙だろうと個人的には思っています。

似たような話しが日本と韓国でもありますね。

<韓国>
(扇動)チェ・スンシルが朴大統領を好きなように操っている ⇒ (実態)一意見程度

<日本>
(扇動)日本会議の極右が安倍総理をコントロールしている ⇒ (実態)票になるからリップサービスしてるだけ、憲法改正したら用無し

トランプ大統領も、選挙戦に協力してくれたからバノンを優遇しているのでしょうが、この人は早く辞めさせるか、もっと害のないポジションに退いてもらうかしないと色々めんどうなことになりそうです。

先週のニューズ・ウィークにバノン特集が出ていましたが、愛国掲げてやろうとしていることは共産主義革命そのものです。

こんなやつが好き勝手アメリカの政治に影響力発揮しだしたら迷走すること間違いなしです。小国の迷走ならほっときゃいいですが、世界大国が迷走されたら、周辺国に被害が拡散されるのが困ったところ。悩ましいかぎりです。
“トランプはレーガンとなるか?それともカーターとなるか?” の続きを読む