朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その4(最終)

前日の『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3』の続きです。

この訴訟の本質は、「ろくでもない慰安婦支援団体の実態を暴露していること」でしょう。

なぜか慰安婦そのものの存在を否定しようとしたり、法治を無視する一部のカルト団体が韓国全体のことであるかのように誤認識させたりして、問題解決を断固阻止しようとする言論が多々あります。

共通点は北シンパ、目的は日韓断交。

90年代、この慰安婦問題が炎上しだした理由は、脱北者の証言で収容所はじめ、北の人権弾圧の実態が明らかになってきたからでしょう。

「収容所なんてない!」と証明することは無理でも、済州島4・3事件とか、植民地支配とか、日韓の過去を持ち出して、お前たちも昔は同じようなことしてただろ!まずはお前が謝れ!!という論理で、己の罪をごまかすことはできます。

そうやって北の手のひらで踊らされてきた結果が、今の日韓慰安婦問題の源泉と言えます。まぁもちろんそれだけじゃないですが、一回言っちゃったから引っ込みつかないという保身と、それで食ってる人がいるから問題解決したら失業しちゃうという金銭的理由も多分にあります。

そういうのをうまくコントロールしながら、北にとって都合の良い結果になるよう、国家資源を全力投入して工作仕掛けてきているのが北の暴君です。

なんでもかんでも北の陰謀論にする気はないですが、実際に問題をこじらせるべく暗躍しているのは確かですから、そやつらの存在には大いに注目して騙されないよう十二分に注意すべきです。

それでは陳述書の続きです。
“朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その4(最終)” の続きを読む

「人権」について論ずる資格があるのか 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月9日発朝鮮中央通信】

南朝鮮のかいらい一味が年頭から「人権問題」を反共和国対決のカードに持ち出して暴威を振るっている。

「北の人権状況の深刻さ」だの、何のと言っていわゆる「人権実態調査」に着手したのに続き、「北の人権増進」の方向を論議する謀議をこらしてかいらい統一部傘下に「北人権増進諮問委員会」という謀略機構まで設けた。

一方、「人道主義」「離散家族問題の解決」をうんぬんして北南間に人道的協力事業が遮断された責任がわれわれにあるかのように世論をまどわしている。

これは、最悪の弾劾危機によって破滅の運命に瀕した政治的屍の常套的な危機脱出の手口で、「人権」の看板の下に自分らの特大型の罪悪を覆い隠し、われわれとあくまで対決して権力を延長してみようとする腹黒い下心の発露である。

事実上、かいらい保守政権の誰も「人権」と「人道主義」について論ずる資格もメンツもない。

こんにち、南朝鮮を初歩的な政治的自由と権利までそっくり蹂躙(じゅうりん)、抹殺され、勤労する人民が単なる犬、豚のような獣に扱われる人権の不毛の地、世界最悪の暗黒社会に転落させたのはいったい誰なのか。

「惑星の最も残酷な人権廃虚地帯」という国際社会のらく印が押されたところがまさに南朝鮮である。

北南間の交流と協力、人道的事業を完全に遮断した張本人もやはり、朴槿恵逆賊一味である。

特に、わが共和国の住民たちに対するかいらい一味の集団的誘引・拉致蛮行は千秋に許せない反民族的・反人倫的犯罪行為である。

極悪非道なごろつきの群れは昨年4月、12人のわが女性公民を白昼に集団的に誘引、拉致して南朝鮮に連れ去り、「帰順」を強要しながら越年した今日まで送還していない。

わが共和国の尊厳と威信をこき下ろし、われわれを内部から崩壊させようとする不純な目的の下で強行されるかいらい一味の組織的かつ計画的な誘引・拉致行為によって、戦争の時期でもない平和時期に人為的な「離散家族」が引き続き生じている。

人倫道徳も国際法も眼中になく、白昼に主権国家の公民たちを集団的に誘引、拉致して強制的に抑留しながら民族分裂の苦痛の上に血肉の生き別れというつらい苦痛を強要している国際テロ犯、反人権犯罪集団であるかいらい一味があえて「人権」と「人道主義」をうんぬんするのは、人権と正義を愛する世界の良心とわが全同胞に対する我慢できない愚弄、冒とくである。

かいらい一味が誰それの「人権」についてけん伝するのは、笑止千万な鉄面皮の極みである。

かいらい一味はわが女性公民たちに対する反人倫的な集団的誘引・拉致蛮行と汚らわしくて卑劣な「帰順工作」行為に対して公式に是認して謝罪し、強制的に抑留しているわが公民たちを子息の生存如何さえ知らなくて刻一刻心配する父母の懐に直ちに送還すべきである。

あわせて、2011年にかいらい情報院の謀略とトリックにかかって南朝鮮に連行されたわが公民のキム・リョンヒも不当な口実を設けて抑留すべきではなく、祖国の懐に帰るという本人の要求通り直ちに送還すべきであろう。---

『http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this』
タイトル「《인권》에 대해 말할 자격이나 있는가 –조선중앙통신사 론평–」

 

<感想>

凄まじいブーメラン。北朝鮮に、「人権について論ずる資格があるのか!」と言われては目が点になってしまう。朝鮮学校のソルマジ公演について質問したら、他国のことを言う前に日本もヘイトスピーチなど己を省みるべき、と答えた某北朝鮮専門家のようです。

ツッコミどころ満載『朝鮮国際問題研究院が日本の劣悪な人権実状を暴露』

北朝鮮の盛大なブーメラン記事がありました。

日本の劣悪な人権状態が、北の国際問題研究所で告発されたそうです。

デイリーNKジャパンでも紹介されてましたが、全文載せないことに従北バイアスがかかているな~と感じてしまいます(参考:『北朝鮮の研究所「日本は人種差別が根深い人権不毛の地である」』)

全文はこれ。 “ツッコミどころ満載『朝鮮国際問題研究院が日本の劣悪な人権実状を暴露』” の続きを読む

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3

前日の『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2』の続きです。

詳しく追ってなかったですが、韓国の慰安婦支援団体はかなり異常です。

平気で被害者の証言を自分たちの都合の良いように歪曲し、被害者たちの口を封じ、直接接触して闇に葬られようとしている証言を世に出した研究者を告訴して言論弾圧。

さすがは従北団体です。 “朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その3” の続きを読む

朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2

先日書いた『朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その1』の続きです。

どうやら支援団体は、強制連行説に懐疑的だった慰安婦の声を徹底して口封じしていたようです。せっかく日韓断交のために作り上げたイメージを壊されては、北の将軍様が困るから、ご主人様のために全体主義のごとく言論統制をしていたのでしょう。

6ヶ月間にわたる通話記録ですので、長いですが、参考資料として提出したペ・チュニさんの録音記録を読んでいただきたくお願いします(参考資料77)。私と電話で話す時、ペさんが何度も、スタッフが隠れて聞いていないかを確認し、気にしている様子も確認できるはずです。

「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述1

う~ん、凄い。スタッフに隠れてビクビクしながら話す。北朝鮮への祖国訪問で親族に面会した在日朝鮮人の話しと一緒です。

支援団体のスタッフからすると、こういう慰安婦が外で好きにしゃべられたら困るでしょう。

ナヌムの家とは、気の毒な被害者の言動を管理統制するための軟禁所らしい。 “朴裕河教授の「帝国の慰安婦」刑事訴訟 最終陳述 を読んで その2” の続きを読む