朝鮮学校はなぜ魅力的なのか?

朝鮮学校の一般公開に行ってみましたが、第一印象はかなり良いです。ファンが増えるのも良く分かります。

なぜ朝鮮学校は魅力的なのか?

理由は簡単です。

とんでもなく足を引ってマイナスを作りだす、ろくでもない身内がいるせいで、他のことでポイントを稼ごうと先生、保護者、子供たちが一致団結して頑張るからです。 “朝鮮学校はなぜ魅力的なのか?” の続きを読む

「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない

今までの反動なのか、昔の日本人に妙な幻想を抱いている方々が増えているように思えます。

はっきり言って非常に恥ずかしいのでやめてほしい。

この辺は『大韓民国の物語』のまえがきで、韓国に対する鄭大均教授の指摘と同じ感想を日本の保守に対して抱いてしまいます。

日本統治の問題であれ、分断の問題であれ、韓国には多様な意見があるが、日本にこれまで紹介されてきたのは前述の民族ナショナリズムの系譜にある人々のもので、北朝鮮についても日本についても異口同音の内容が多すぎた。姜萬吉や宋建鎬や崔章集や池明観といった面々の著作がそれである。

といっても、保守派の側にいい作品があるというわけではない。これは保守派のみの傾向というわけではないが、韓国人による韓国論にしばしば見てとれるのは独特のナルシシズムで、それは韓国の外で自己形成をしたものには、韓国人に対する敬意をむしろ減退させてしまうものである。韓国には特別な受難の歴史があり、韓国人には特別な道徳心や知性があるなどという発想は、半島の外に住む人間に通用するわけがない。本書はおおまかにいえばその保守派、つまり反共ナショナリズムの系譜から生まれた本といえるが、そのマンネリズムの産物というよりは、刷新の産物であって、韓国保守派の歴史において画期的な意味をもつ本である。

(※鄭大均・首都大学東京教授のまえがきより)

大韓民国の物語』 李榮薫著 P5-6

この本は「横暴な民族主義」が幅をきかせてある韓国で、李榮薫教授が「人民裁判式」のリンチを受けるリスクを覚悟の上で書かれたかなり素晴らしい著書です。興味のある方はぜひご一読ください。

個人的に、日本の歴史書で一番お勧めなのは故・岡田英弘先生の著書で、韓国なら李榮薫教授の本ですね。二人とも、「歴史とは何か?」という命題に自分の答えを出して、定義しています。こういう人たちこそが、本当の知識人と言えると思います。 “「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない” の続きを読む

朝鮮学校の戦略的価値

朝鮮学校を北の暴君から取り返そう!という主張に、特に力を入れています。

それはなぜか?

もちろん子供を守る、という根本的な理由もあります。

しかし、一番大きな理由は、北朝鮮の体制変更に寄与する、という点です。 “朝鮮学校の戦略的価値” の続きを読む

北朝鮮プロパガンダ映画、伝説の「月尾島」防御戦闘

先日、『北朝鮮の全貌シリーズ 月尾島 [DVD]』を見ました。

北朝鮮の歴史を学ぶと、マッカーサーの仁川上陸作戦に対する対抗プロパガンダがこの「月尾島」防御戦闘であることに気づきます。

釜山以外占領された絶望的な状況を一気にひっくり返したのが、マッカーサーの仁川上陸作戦ですが、きっと悔しいのでしょう、北朝鮮では超少数の革命烈士たちが決死の戦闘で上陸を遅らせたという歴史プロパガンダで留飲を下げているようです。

李デフン中隊長が海岸砲中隊を率いて、「4門の大砲と数十丁の狙撃兵器で、駆逐艦3隻を含む各種艦船13隻を沈めた」という伝説の戦いになっています。

この月尾島戦闘は、バッチリ神格化されています。

ちなみに朝鮮学校の教科書にもしっかりと書かれています。

(※『現代朝鮮歴史 高級1』 P85-86) “北朝鮮プロパガンダ映画、伝説の「月尾島」防御戦闘” の続きを読む

先祖の英霊にあきれられる「靖国参拝論争」

パラパラと図書館で戦前のニュースを読んでいたら、靖国神社参拝について昔から同じようなことで論争していたことが分かる記事を見つけたので紹介しておきます。

昭和7年(1932年)10月13日の読売の記事のようですが、こういうのを読むと、人間って昔っから同じようなことをしていたんだな~、と遠い目になりますね。 “先祖の英霊にあきれられる「靖国参拝論争」” の続きを読む