朝鮮戦争 アメリカの休戦協定違反と李承晩

朝鮮戦争の休戦協定で重要なものに第4条60節にある「休戦協定締結後、いかなる他国の軍隊も3カ月以内に南北朝鮮から撤退すること」という条文があります。

中国は約束に従い1954年から1958年までの間に完全撤退。

しかし、米軍は今もなお韓国に駐留し続けています。

これを防いだのが小国がやるべき外交である「机をバンバン叩いて暴れる」交渉をやった李承晩。その結果生まれたのが「米韓相互防衛条約」です。

これは李承晩の大いなる成果です。

“朝鮮戦争 アメリカの休戦協定違反と李承晩” の続きを読む

北朝鮮問題 次の展開を予想

米朝開戦は不可避という予想が頻出しています。

当たり前と言えば当たり前ですが、どうなるかは北朝鮮次第です。中国や米国よりも当事者の行動の方がはるかに重要です。

北朝鮮はいよいよヤバくなったら対話と融和ムードを演出するでしょう。

拉致被害者が返ってきたのも、ブッシュのフセイン敵視政策に恐怖した金正日が、日本を包囲網から引きはがそうとしたためでしょう。

次は韓国に対して同じことをやると予想されます。

“北朝鮮問題 次の展開を予想” の続きを読む

『北朝鮮に憑かれた人々』 朝鮮戦争は北が仕掛けたという事実から逃げた進歩的知識人

左派の凋落の第一歩は、朝鮮戦争について「北朝鮮の侵略戦争」という点から逃げたことでしょう。

最初は、アメリカ帝国主義勢力が北侵したという疑惑や嘘を拡散し、それが間違いだと分かると「いずれが戦端を開いたかはともかく」と記述を変えて逃げうつ始末。

さんざんアメリカと韓国を侵略者としてこき下ろしていたのに、それが逆になったら「冷戦がもたらした分断の悲劇」だのと大きなくくりにして問題点をうやむやにする。今もこういう姿勢は左派よりの日本人・在日知識人・韓国人に実に多い。

だいたい同族相争う戦争を引き起こしたのは金日成であり北朝鮮なのに、なぜその罪を問わないのか謎だ。もしこれが李承晩とアメリカが最初に仕掛けた戦争なのであれば、侵略者呼ばわりして徹底して叩いているはず。

アメリカや韓国保守を叩くことには喜々として頑張るのに、北朝鮮を非難する場合にはえらく擁護する姿勢には困ったものである。

そして、そういう人たちの言説がまとまっているのが『北朝鮮に憑かれた人々―政治家、文化人、メディアは何を語ったか』。

もはやネタ本。北朝鮮のプロパガンダを信じた人たちがいかに多かったかがよく分かります。

“『北朝鮮に憑かれた人々』 朝鮮戦争は北が仕掛けたという事実から逃げた進歩的知識人” の続きを読む

ハーバート・フーバー著『裏切られた自由』 一意見として聞くくらいが良い

保守界隈でコミンテルン陰謀論がもてはやされてますが、この手の話しは過去にもあったそうで、今は第三期目のブームが来たという感じらしいです。

その辺は秦郁彦先生の『陰謀史観 (新潮新書)』が詳しいです。

この手のブームを秦郁彦先生はこう評しています。

“ハーバート・フーバー著『裏切られた自由』 一意見として聞くくらいが良い” の続きを読む

従北汚染されたネットコメントの特徴

在日・韓国・日本を分断する北朝鮮由来のダメなネットコメントには特徴があります。

あんまり騙されないでね、という意味合いも込めていくつか紹介しておきます。

日本側でよく見るのはこちらの動画にあるようなコメント。

“従北汚染されたネットコメントの特徴” の続きを読む