ブログ

じわり広がる北朝鮮人権問題への言及

北朝鮮が人権問題に触れられることを嫌がっています。

良い傾向です。この傾向が広がれば人権問題を無視することができなくなります。

別に南北・米朝の対話ムードをぶち壊したいから言っているわけではありません。

いつかぶち当たる超重要な問題なわけです。

非核化と同じで、もし人権改善をやる気がなければ制裁解除もあり得ません。それを北朝鮮側に伝えておく必要があります。

太陽政策論者は「先易後難(簡単なことから、難しいことは後回し)」(『太陽政策―朝鮮半島の平和への道』P25)などと言いますが、難しいことを後回しにしたら交渉決裂が後回しになるだけで、その間に北朝鮮のサラミ戦術にやられて、経済制裁の解除など北朝鮮にとっての重要なことを奪われるだけです。

特に国連制裁などは一度解除したら中露の拒否権で二度と同じ強度の制裁は実現できなくなります。

難しい問題こそ先に争点化しておくべきです。それで交渉が破綻するのであれば、どちらにせよいつか破綻します。どうせ破綻するなら早い方が時間と労力も節約できますし、期待が裏切られてがっかりする精神的ダメージも小さくなります。

ということで、EUと日本が中心になって提出された「北朝鮮人権決議案」に対する北朝鮮の反応を見てみましょう。

“じわり広がる北朝鮮人権問題への言及” の続きを読む

『韓国は消滅への道にある』光州事件の実態 戒厳軍ライフルでの死者は皆無

神格化が著しい韓国の「光州事件」。

もはや疑義を差しはさんだ瞬間訴訟になってひどい目にあうまでに聖域化されています。

この辺は慰安婦問題と同じですね。

聖域化された「光州事件」ですが、左派から言論弾圧を受けるリスクを覚悟で真実を広めようとしている人たちもいます。

こういうことをするとすぐに右翼呼ばわりされますが、ただ単に真実を追い求めているだけ。

その人たちの見方を紹介しておきます。

“『韓国は消滅への道にある』光州事件の実態 戒厳軍ライフルでの死者は皆無” の続きを読む

ASEANでの日米韓国防相会議 中国批判に参加させられる韓国

米国の対中圧迫がだいぶ強烈です。

国連安全保障理事会のときも、イランや北朝鮮批判が出るかと思ったら、「中国が米国の選挙に介入している!」と周りが「えーっ!?そっち!!??」と驚くような発言をぶちかましてました。

今回は日米韓国防相会議で北朝鮮の話題が中心かと思ったら、きっちり南シナ海の中国批判をしておりました。

“ASEANでの日米韓国防相会議 中国批判に参加させられる韓国” の続きを読む

韓国進歩派の北朝鮮人権問題に対する姿勢

金大中時代から「太陽政策」の知恵袋として主導的な役割を果たしてきた文正仁氏。彼の著書から韓国リベラル派が北朝鮮の人権問題に沈黙する典型的な「言い訳」が書かれていたので紹介しておきます。

“韓国進歩派の北朝鮮人権問題に対する姿勢” の続きを読む

文在寅版告げ口外交 自国の国益を棄損する対米包囲網構築に努力(もちろん無駄に終わる)

文大統領の欧州歴訪。フランスやイギリスといった安保理常任理事国に自分の対北朝鮮外交への支援をお願いしに回っています。

「非核化が後戻りできなくなったら」という言い訳をくっつけつつ、「北朝鮮への国連制裁解除」を求める外交。

同じく常任理事国の中露は制裁解除に賛成していますから、残り2ヵ国を制裁解除へ傾かせれば、米国も無視できないだろう、という狙いが透けて見えます。

朴槿恵元大統領のときは、反日包囲網を目指した姑息な告げ口外交だったわけですが、文大統領は恐ろしいことに反米包囲網を目指して外交を繰り広げています。

前者は韓国国内向けのリップサービスですが、後者は韓国を亡国へ導くシャレにならない裏切り行為です。

“文在寅版告げ口外交 自国の国益を棄損する対米包囲網構築に努力(もちろん無駄に終わる)” の続きを読む