ブログ

ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場 その8 ~ただの犯罪と国家主導の虐殺を同列に語る~

この投稿の続き。『ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場その7 ~なんとしてでも南と北は同根~

金田氏からツイートがきた。2週間くらいツイッターをやっていなかったのですが、ちょっと前にツイートしたから反応してくれたようです。というか、「あ、コメントの反応見るの忘れてた」と気づく。

それにしてもSNSってめんどくさい。そういう点では「君仕事何してんの?」と思えるくらい四六時中ツイートしているプロ市民の皆様は偉大ですね。

実は金田氏に対してはそれほど悪感情を待ってなかったりします。面白いな~と思いながらやりとりしていますが、従北工作員だとしたら無視するのが本来正しい対応です。ヘタに取り上げて注目されては困るはずですから。

まぁ時間の余裕がある範囲で、議論をしつつ、元祖反韓親北の思考回路を分析する良い機会だと思っています。

正直なところ本当に面白い。朝鮮学校の一般公開で北朝鮮を「共和国」と呼ぶ親北人士にからまれましたが、思考回路はそっくりです。四・三事件や軍事独裁を持ち出して、現在進行形の北朝鮮労働党による朝鮮人虐殺や、北送された在日同胞の虐殺を無視する人でしたが、それと一緒ですね。

勉強会でこのやり取りを紹介したときは、脱北者の人や在日の人、北朝鮮の人権問題に取り組んでいる人たちはあきれてましたね。そりゃそうでしょう。在日朝鮮人を名乗る人が、在日朝鮮人数万人を虐殺した、北朝鮮の悪逆非道を矮小化しているわけですから。

この人本当に在日?北から書き込んでじゃないの?という当然の疑惑を持ってしまいます。

良いネタを提供してくれる金田氏には感謝したいくらいです。

ヘイトスピーチと戦って来た人たちなんか、きっとショックを受けるでしょうね。いわれのない嫌韓ヘイトをネット上で扇動しているのが在日朝鮮人を名乗るアカウントなわけですから。

では本題に入ります。

ちょっと前にきたツイートは、「韓国カトリック教会」の犯罪を持ち出して、「北と南は同根」説に反論できるか?という内容。

“ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場 その8 ~ただの犯罪と国家主導の虐殺を同列に語る~” の続きを読む

北朝鮮の政治犯は無視する「徐君兄弟を救う会」の人々

反韓・嫌韓の根は、韓国政治犯救出運動に見いだすことができます。

今は嫌韓が右翼の専売特許のような扱いになっていますが、歴史的に見れば朝鮮総連と結託してきた左翼こそが嫌韓の根源でしょう。

なぜか左翼が日韓友好のために貢献してきた集団のように思われていますが、北朝鮮のために韓国安保体制を骨抜きにして、赤化統一を目標に北の手先としていいように利用されてきたのが実態です。

違うというなら北朝鮮の政治犯救出運動を展開すべきはずが、そんな人はほぼ皆無です。

70年代半ばから始まった韓国の政治犯救出運動ですが、「徐君兄弟を救う会」という市民団体が発行している機関誌を読むと、この人たちの良心がいかに偽物なのかが分かります。 “北朝鮮の政治犯は無視する「徐君兄弟を救う会」の人々” の続きを読む

檀君神話を猛プッシュする北朝鮮

古朝鮮や檀君神話がちょいちょい流行っているようです。

まぁ古代ロマンで楽しむのは人間の趣味みたいなものですから、別に悪いことではないのですが、半万年の民族意識を高揚させて北朝鮮と連携して南北統一を成し遂げよう!という困った従北さんたちを生み出すのはやめてほしいものです。

개천절, 민족의 기개 넘친 단군제례

朝鮮新報で北の「檀君祭」についての記事がありました。

最後の一言が笑える。 “檀君神話を猛プッシュする北朝鮮” の続きを読む

中国共産化に大貢献した米国のソ連スパイ、ハリー・デクスター・ホワイト

凄まじいプレミア価格がついている『ヴェノナ』から、中国を共産主義に売り渡すことに大貢献したアメリカのソ連スパイを紹介します。

この『ヴェノナ』ですが、10/12時点で10万円近い価格がついています。2万円で買ったときは高いな~と思っていましたが、この値段を見ると良い決断だったと思わされます。

これだけプレミア価格がついているのですから、文庫版で再販してほしいですね。

第二次世界大戦の時には、あれだけ蒋介石の国民党を支援していたアメリカが、戦勝後にはしごを外して毛沢東率いる中国共産党に中国を売り渡すことに加担します。

まぁアメリカと言ってもアメリカ内のソ連スパイと共産主義者たちの暗躍が実態ですから、実質はソ連です。

自由と民主主義の拡大を国是としてたアメリカが、中国の全体主義化に利用されることになります。

それにしても財務省NO.2のハリー・デクスター・ホワイトがソ連スパイだったことに驚かされます。

“中国共産化に大貢献した米国のソ連スパイ、ハリー・デクスター・ホワイト” の続きを読む

恩義を知る男、朴正煕

なぜか韓国全体が恩知らずの国のように言われています。

まぁ一部正しい面もあるのですが、一番大きいのは恩知らずレベルで言えばぶっちぎりNO.1の北朝鮮に教育とメディアを乗っ取られたことが大きいでしょう。そもそも教えてくれなきゃ感謝のしようがないですから。

そういう点では、北朝鮮が大嫌いな朴正煕は恩義を知る人物と言えます。

(※『NHKスペシャル プロジェクトJAPAN シリーズ日本と朝鮮半島 第5回 ~日韓関係はこうして築かれた』より) “恩義を知る男、朴正煕” の続きを読む