ブログ

従軍慰安婦に対する愛情と国軍捕虜に対する無情

韓国の保守サイト、趙甲濟の日本語訳が統一日報のブログにあったので紹介。

朝鮮戦争時に北へ連行された国軍捕虜の扱いはかなりありえないですね。従軍慰安婦問題とは天と地の差です。

これも結局対南工作の成果でしょう。日本の左翼なんざ朝鮮総連と一致団結してこれでもかと加担してきましたからね。いい加減、いままでのありえない行動を反省して、日韓友好のためにやるべことをやってほしいものです。 “従軍慰安婦に対する愛情と国軍捕虜に対する無情” の続きを読む

『脱北者問題に沈黙守る韓国の進歩勢力』と日本の左翼の類似性

従北呼ばわりされても仕方がない、韓国の左翼=進歩勢力のありえなさが良く分かる記事。2012年の古いものですが、今でも通用します。

脱北者問題に沈黙守る韓国の進歩勢力

「世の中の人々に聞いてみたい。あれだけ多かった『ろうそく』や『希望バス』はどこに行ったのかと」

中国による脱北者強制送還の中断を訴え、在韓中国大使館(ソウル市鍾路区孝子洞)前で5日間にわたりハンガー・ストライキを続けている李愛蘭(イ・エラ ン)北朝鮮伝統飲食文化研究院長(48)は、こう話した。

脱北女性として初めて韓国で博士号を取得した同氏は15年前、逮捕されたら死ぬ覚悟で殺鼠(さっ そ)剤を懐に入れ、生後4カ月の息子を背負って中朝国境の川、鴨緑江を渡った。

李院長は「中国の知人に『中国は脱北者を強 制送還すべきではない』と話したところ『韓国のろうそく(デモ)はどこに行ったのか』と言われ、やり切れない気持ちになった。

韓国国民はなぜ脱北者にはこ れほど非情なのか」と語った。

米国産牛肉の輸入再開問題が浮上した2008年、ソウルの都心を埋め尽くした「ろうそく」や、韓進重工業の整理解雇に抗議 し、釜山に集まった多くの「希望バス」は、今回の脱北者送還問題では影をひそめている。むしろ韓国国内の難民や全世界の人々が脱北者のために立ち上がり、 救出を訴えている。まさに恥ずべき状況だ。

コンゴやバングラデシュ、コートジボワール、ミャンマー出身の難民40人は26日、中国大使館前で脱北者の強制送還中断を呼び掛けた。難民たちは「脱北難民はどんな難民よりも大きな危険にさらされている」と述べ、逮捕した脱北者をすぐに釈放するよう中国政府に訴えた。

国際難民支援団体「避難処(PNAN)」のイ・ホテク代表(53)は「脱北者問題はどんな人権問題よりも凄絶(せいぜつ)で深刻な問題だが、国民は無関心なばかりか『脱北者問題を提起すれば北朝鮮を刺激しかねない』という人さえいる。米国産牛肉の輸入再開問題、米軍装甲車による女子中学生轢死(れきし)事件など、あらゆる問題を人権問題として取り上げながらも、脱北者問題にだけは沈黙するこうした人々は、偏った人権意識を持っている」と指摘した。

韓国、米国、日本、台湾、ロシア、中国など約100カ国・地域で、脱北難民の救出に向けた運動が展開されている。

だが「進歩」という名前を肩書きのように掲げていた韓国の団体や政治家たちは沈黙を守っている。

韓国にいる2万3000人余りの脱北者の訴えに一度でも耳を傾けていたなら、そうはできないだろ う。これではいけない。

アン・ジュンホ社会部記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/02/28/2012022800510.html (2012年の記事なのでネットでは会員登録していないと見れない)

日本も同じですね。 “『脱北者問題に沈黙守る韓国の進歩勢力』と日本の左翼の類似性” の続きを読む

資料:『朝鮮総聯の自主解散と新しい在日同胞組織の結成を目指して!』

おそらく朝鮮総連改革志向会の前身となったと思われる、総連内の改革派が書いた文書を全文公開しておきます。

朝鮮戦争をアメリカの罠だと認識していたり、朴正煕大統領が知識人を弾圧していたと書いているのを見るといかにも北朝鮮史観だな~と思わされますが、それ以外のことはしごくごもっともです。

やはり帰国事業で在日同胞を、地獄に突き落とした原罪から逃げず立ち向かっている人はまともですね。「一挙手一投足が民族への裏切り行為」と揶揄される許宗萬とは違います。 “資料:『朝鮮総聯の自主解散と新しい在日同胞組織の結成を目指して!』” の続きを読む

工作戦では独裁国がたいてい勝つ

工作戦ではだいたい独裁国が優位に立ちます。

理由は単純。

民主国から独裁国に工作員を送り込む場合は罰ゲームですが、独裁国から民主国に工作員を送り込む場合はご褒美です。

何せ、独裁国から民主国に入り込む場合は工作資金をもらって、民主国内で豊かな生活を享受できます。ゆえにご褒美です。

逆の場合は大変です。特に北朝鮮内に入り込むなど至難の業です。全国民が何らかの組織に所属して管理されているわけですから、管理外の人間がいたらすぐに疑われます。

もちろん乞食生活をして、北朝鮮当局の管理外の人間もいますが、そうなると入り込んだ工作員は乞食生活をしなければ、北朝鮮に入り込めないことになります。

仮に韓国で工作員を養成したとしても、豊かな生活を子供のころから送っている人間が、北朝鮮内で乞食生活をしながら工作活動などできるわけがありません。民主国からガチガチの秘密警察体制を構築している独裁国に工作員として入り込むのは罰ゲームになってしまいます。 “工作戦では独裁国がたいてい勝つ” の続きを読む

緊急!NO FENCE企画のお知らせ

北朝鮮の権力中枢で何が起きているのか

講師:張真晟(チャン・ジンソン)氏

『私の娘を100ウォンで売ります』『金王朝「御用詩人」の告白』等の著者で脱北者の張真晟氏が朝鮮労働党組織指導部を要とする北朝鮮の権力構造とその変化をふまえ、最新のエピソードを盛り込みつつ北朝鮮体制の今を語る。

日時:2016年10月8日(土) 13時30分~16時30分

会場:人権ライブラリー会議室
  港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F

参加無料・予約不要
お問合せemail : nofencekorea@gmail.com

TEL : 070-5459-9817(宋)