ブログ

進撃の文在寅:対日関係をマネージする気もなければ興味もなし、日韓関係を破壊するまで止まらない

昨日の文在寅大統領の新年の記者会見ですが、先日投稿した通りでした。(参考記事:『文在寅大統領の1月10日新年の記者会見を予想』)

期待を良い意味で裏切ってくれることを期待していましたが、はかない期待でしたね。

日本への言及が1回だけありましたが、それも間違って日本人記者を指名したからでした。

指名したのは、後ろの青い服を着た外国人女性記者だそうです。

“進撃の文在寅:対日関係をマネージする気もなければ興味もなし、日韓関係を破壊するまで止まらない” の続きを読む

徴用工問題:日韓請求権協定に従った協議要請 このまま並行性なら最後は制裁の応酬

徴用工(日本側に言わせれば募集工)裁判で、新日鉄の資産差し押さえ申請が認められました。

それを受けて日本側が日韓請求権協定 第3条に従って、韓国側へ協議を要請。

まずは外交的な解決を模索する模様です。

“徴用工問題:日韓請求権協定に従った協議要請 このまま並行性なら最後は制裁の応酬” の続きを読む

文在寅大統領の1月10日新年の記者会見を予想

1月10日に、文在寅大統領が新年の記者会見を行います。

日本のメディアでは、「日本企業に元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁判決や、韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題などで悪化している日韓関係について、見解を表明するとみられる」(参考記事:文大統領、10日に記者会見=日韓関係で見解表明へ)というような報道がなされています。

私の予想では、日韓関係については「友好が大事」「お互いが自制しよう」みたいなことを言うだけで、踏み込んだことはまず言わないでしょう。

文政権の対日姿勢は、「反日」ではありません。「無日」です。

興味なし、放置、スルー。

この手の単語が当てはまります。

“文在寅大統領の1月10日新年の記者会見を予想” の続きを読む

レーダー照射問題:脱北阻止の人権蹂躙加担・違法操業支援の制裁違反より、日本との関係悪化の方がマシという判断

お互いが動画公開&多言語化で国際世論戦の様相を呈しているレーダー照射問題。

順調に日韓の罵り合いが拡大中です。

韓国は、せっせと多言語化にいそしんでいます。

フランス・ロシア・スペイン・アラビア語翻訳までやって意味があるのか謎ですが、頑張ってますアピールとしては意味があるのかもしれません。

まぁ、お互い「国際世論に自分の正当性を訴える」と言っていますが、世界は日韓のこの問題に興味なしです。

この件に触れる報道はほぼ皆無。

そんなことより金正恩訪中や、第二回米朝会談の話の方がよほど重要視されています。

ま、しょせんそんなもんですね。

“レーダー照射問題:脱北阻止の人権蹂躙加担・違法操業支援の制裁違反より、日本との関係悪化の方がマシという判断” の続きを読む

アメリカ世界戦略の大転換 「リベラルな覇権」から「オフショアバランシング戦略」へ

以前の投稿でも触れましたが、米国の世界戦略がトランプ大統領のもと、大々的に再編される準備が進もうとしています。

多少強引でも中東から手を引き、欧州からも手を引き、米国の脅威となる国家には対象地域にいる地域国家を後方支援して脅威を抑え込む政策へと世界戦略の大転換が進みそうです。

これを「オフショアバランシング戦略」といいます。

この概念は何もトランプ大統領から始まったわけではなく、リアリスト学派の国際政治専門家が提唱し、戦略の変更を呼びかけ続けていたもので、オバマ時代の「アジアピボット」もこの大戦略の一環だと言えます。

そのオフショアバランシング戦略がいかなるものかがまとまっているのが『フォーリン・アフェアーズ・リポート2016年7月号』に掲載されている「アメリカはグローバルな軍事関与を控えよ――オフショアバランシングで米軍の撤退を」(ジョン・ミアシャイマー/シカゴ大学教授(政治学)、スティーブン・ウォルト/ハーバード大学ケネディスクール教授(国際政治)共著)です。

中東からの撤退に最後まで反対していたマティス国防長官辞任で本格的に進むであろうオフショアバランシング戦略への転換に向けて内容を紹介します。(フォーリン・アフェアーズを定期購読すればこちらで全文が読めます『アメリカはグローバルな軍事関与を控えよ ―― オフショアバランシングで米軍の撤退を』)

“アメリカ世界戦略の大転換 「リベラルな覇権」から「オフショアバランシング戦略」へ” の続きを読む