ブログ

文正仁氏の二重基準 人権問題が出たら「非核化に集中すべき」、経済制裁がネックになると「非核化にすべてを隷属させるべきではない」

文政権の本音を代弁していると目されている文正仁氏。徹頭徹尾、親北的な姿勢です。

もちろん政府高官になれる実力はあるプロですから、その辺の民族主義全開の従北人士とは違って北朝鮮を妄信しているわけではありません。(と信じたい)

このお方、アメリカにも行って色々と問題発言を連発してきてますが、クビになることもなく、南北融和が進むほどむしろ発言力が増してきているように思えます。

それはそれとして、この人の非核化に対する二重基準が気に入りません。

“文正仁氏の二重基準 人権問題が出たら「非核化に集中すべき」、経済制裁がネックになると「非核化にすべてを隷属させるべきではない」” の続きを読む

南北首脳会談 マスゲームと会談以外にも色々やってます

南北首脳会談、メディアには共同声明の内容やマスゲーム、会談風景の映像ばかりですが、他にも色んなことをやっているようです。

『わが民族同士』サイトから写真をピックアップしてみます。

“南北首脳会談 マスゲームと会談以外にも色々やってます” の続きを読む

南北首脳会談 歓迎パレードではもはや北朝鮮の人

文大統領が、第三回目の南北首脳会談のため平壌へ出発しました。

いつも思うのですが、毎回平壌ですね。

金大中、盧武鉉と韓国の大統領は何度も平壌訪問しているのに、向こうは一度もソウルに来たことがない。

「毎回平壌なので今回はソウルで」くらいの誠意を示せよと思うのは私だけでしょうか?

第四回目はぜひともソウルでと約束してきてほしいものです。

では今回の南北首脳会談はどのような結果になるでしょうか?

“南北首脳会談 歓迎パレードではもはや北朝鮮の人” の続きを読む

リベラルが嫌われる理由 『朝日ぎらい』より

橘玲著『朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 (朝日新書)』。ネトウヨさんが喜ぶような朝日をボコボコに非難する本ではなく、副題にあるようによりよい世界にするために、リベラルへ苦言を呈する本になっています。

朝日叩きからの日本素晴らしい論、リベラル叩きからの日本最高論、中国・韓国叩きからの日本は偉大論、という巷の右翼本とは一線を画しますね。

私も別にこういう本が嫌いではないですが、もはや食傷気味で「昔の人間なんて今の道徳水準で考えればみんなロクデナシだっつーの、馬鹿じゃないの?」という感想しか抱けないので、橘玲氏のような本には一服の清涼剤のように感じます。

特に最後のあとがきが「うんうん、その通り!」と思わされたので紹介しておきます。

“リベラルが嫌われる理由 『朝日ぎらい』より” の続きを読む

暗殺のロシア、親族脅迫の中国、三代殲滅の北朝鮮 その国と仲良くしたがる文大統領

英国でロシア人亡命者の暗殺疑惑が脚光を浴びています。暗殺事態はだいぶ前に起きていて、旅行に来たところをとっ捕まえようと容疑者公開は遅らせていたようですが、ロシアから出ないなと判断したのか公開に踏み切りました。

その信ぴょう性は長くなるので書きませんが、平気でポンポン暗殺するロシアはヤバイですね。

前から分かってましたが、暗殺という裏工作を平気でやる神経が信じがたい。

日本や欧米でそんなことをやった疑惑があがれば大騒ぎです。

が、ロシアでは問題にならない。

国民性が出てます。

この大陸の容赦のなさは本当についていけない。

怖いっす、マジで。

“暗殺のロシア、親族脅迫の中国、三代殲滅の北朝鮮 その国と仲良くしたがる文大統領” の続きを読む