ブログ

意外と知られていない韓国左派

嫌韓ネトウヨの従北偽装保守アカウントが徹底して隠蔽しようとしているのが、韓国の狂気じみた従北左翼の存在。

そういう存在を指摘してきたのは、保守言論人(実際よく考えたらリベラルな人も多い)だが、まっとうな指摘をされると困るのが、日韓の従北左翼の皆さんです。

そこで登場するのが従北右翼。人種差別全開の言論を展開し、そういうやからに「安倍総理を応援してます!」と言わせたり、「連携しましょう!」とすり寄ってくることで、リベラルたちに「レイシストたちと結託するアベ」「差別主義者たちの仲間」という印象操作をネット上で繰り広げ、日韓の明るい未来のために努力している人の邪魔をしてきます。

そもそも、歴代総理の中でもっとも北に厳しい姿勢で臨んでいるのが安倍総理です。

「親韓=反北」がゆるぎない等式。

朴正煕みずから勲章を首にかけたのが岸信介であり、その孫が安倍総理です。

(※岸信介に朴正煕みずから勲章を授与する様子)

こういう経歴を持つ人が、嫌韓なわけがない。

安倍総理が嫌韓に見えるのは、韓国の従北左翼を危険視しており、その姿勢が困る北朝鮮が日韓のネット上で盛大に扇動し、メディアに入り込ませた親北ジャーナリストにそういう報道をさせているだけです。

この点に気づいていない在日韓国人が、安倍総理のせいで日韓関係が悪化したと思っているのを見ると、本当に北朝鮮の在日社会に対する影響力はすさまじいと思わされます。

日本のまともな保守も、ネット上で繰り広げられている、愛国の仮面をかぶった従北工作員の日韓離間策動に踊らされるのをやめるべきでしょう。

日本の左翼叩きと同じだけの情熱で、韓国の左翼に注目すべきだと思います。

韓国の左翼なんてネタの宝庫ですよ。かなりイカレてます。

その韓国左派の危険性を指摘している良書があったので紹介します。

“意外と知られていない韓国左派”の続きを読む

朝鮮少年団全国連合団体大会 ~朝鮮中央通信~

 

【平壌4月14日発朝鮮中央通信】

金日成大元帥の生誕105周年慶祝朝鮮少年団全国連合団体大会が14日、平壌で行われた。

大会には、各道の少年団代表と平壌市内の学生少年、朝鮮少年団に入団する生徒が参加した。

朝鮮労働党中央委員会の崔龍海副委員長と教育委員会の金承斗委員長、関係部門、青年同盟の幹部、参戦老兵、功労者がこれに招かれた。

青年同盟中央委員会の全勇男第1書記は報告で、抗日の炎の中でチュチェの少年運動の伝統をもたらした金日成大元帥が解放後、朝鮮少年団を創立し、新世代をチュチェ革命の頼もしい継承者にたくましく育てたことについて述べた。

また、金日成主席の次代愛の歴史は金正日大元帥が切り抜けた先軍革命指導の道でいっそう連綿と継がれてきたことについて指摘した。

そして、金日成大元帥と金正日大元帥の次代愛、未来愛の崇高な志を体して実現していく金正恩元帥がいるのでこの地に「われら幸せうたう」の歌声がより高らかに響き渡っていると語った。

報告者は、少年団員が学習と組織生活、社会・政治活動とよいことをする運動において成果を収めることを強調した。

大会では、朝鮮少年団入団式があった。

崔龍海副委員長の音頭に従って少年団に入団する生徒らが宣誓した。

幹部と参戦老兵、功労者が生徒らに赤いネクタイを結んでやり、少年団バッジをつけてやった。

朝鮮少年団に入団した生徒らは、「社会主義祖国のために常に準備しよう!」というスローガンに唱和しながら少年団員の初のあいさつをした。

祝賀発言があった。

北朝鮮は幼児期の教育をとても重視しています。

なぜなら物心つく前の幼少期は洗脳しやすいからです。

まっさらの状態から特定の情緒や思想を注入することで独裁統治が維持できていると言えます。

自由が保障されている日本でさえ、朝鮮学校の洗脳教育をほどこすことで、在日朝鮮人にこういうことをさせることができます。

涙ながらに金正恩と抱き合う在日青年同盟所属の在日朝鮮人青年。

まぁもはや朝鮮人ではないですね。

親北民族反逆者のチュチェ人でしょう。(北朝鮮が大好きな親日民族反逆者というフレーズを借用して造語してみました)

もちろん在日朝鮮人の全員が全員、このような大人になるわけではありません。

しかし、何十人、何百人単位でこういう人間が存在していることはまぎれもない事実です。

ましてや北朝鮮は情報統制国家。メディアも大人たちも、学校の先生も、金正恩を称える環境です。この条件ですくすく育てば、将来は金正恩に忠誠を近く真っ赤な青年のできあがり。

あとはこのような人間に銃を持たせ、他の朝鮮人を支配させれば金一族の個人独裁体制は盤石です。

北朝鮮人民は洗脳などされていない!と主張する北朝鮮専門家がいますが、問題は「洗脳されているか?」ではく、国家規模で「洗脳教育をやっているかどうか?」です。

北朝鮮はまぎれもなく後者。

北朝鮮に擁護的な専門家にかぎってこういう妄言をメディアで主張しますが、北の独裁者を助け、一緒になって朝鮮人民を弾圧する人権加害者と言えます。

異教徒より異端の方が凄惨な殺し合いになる

宗教戦争において、異教徒間より異端の方がより凄惨な結果になることが多い。

なぜか?

異教徒の場合、「あいつと俺は違う」というように自分と他者に分けて考えることができます。

異端はそうならない。

例えるなら、ドッペルゲンガーのように自分とそっくりな人間がもう一人いるようなものです。

もの凄く仲良くなる可能性もあるでしょうが、喧嘩になると超危険。

こう言っているようなもの。

「おまえは偽物で俺が本物だ!!」

想像してみれば分かります。自分とそっくりな人間がいて「お前は偽物だ!」とか言われるとかなりの恐怖です。

己の「存在」をかけて戦おうとしますし、逆に相手を抹殺して「存在」を消したくなります。

暗黒の中世と言われたヨーロッパの宗教戦争などがそれ。

宗教裁判、魔女狩り、火あぶり、人が恐怖を感じるとどこまでも残酷になれます。

朝鮮戦争も似たようなところがあります。

“異教徒より異端の方が凄惨な殺し合いになる”の続きを読む

日本も条件がそろえば在日と同じことをする

ちまたで騒がれている在日問題の諸悪の根源は、ほとんどが北朝鮮と朝鮮総連が作り出したもの。その問題点を断固改善しようとしないのがこの集団の特徴です。

裏で右翼扇動して差別を作り出す工作なんかは基本中の基本業務です。

いくら言っても改善しようとしない在日チュチェリアンに、在日コリアンが怒り心頭だったりしますが、その時に妙に自虐的になるのがとっても気になります。

「どうして在日はこうなんだ、、、」

「在日社会は一度滅んだ方がいいんじゃないか、、、」

「在日やってるのが嫌になるわ~、、、」

と、つぶやいて「在日という人種は、人として大きな欠陥を抱えている種族なのではないかと、、、」と始まります。

もうね、そのたびに内心、「民族は関係ねぇべ」とイラッとするんですよ。

北朝鮮と朝鮮総連というろくでもねぇ身内を持ったせいで、大変な目にあわされていることに深く同情するのが9割、なんでそんな自虐的なの?というイラつき1割といったところでしょうか。

それに輪をかけてイラつくのが日本の嫌韓&嫌在日の右翼。良くなってほしいという善意がベースにある在日への苦言は良いのですが、優越意識が見え隠れする日本人の在日への苦言にはうんざりさせられます。

差別とかそういう話しではなく、「おめぇのその自信はどっから出てくんの?」というイラつきです。

在日の妙な自虐意識と、日本人の意味不明な優越意識を苦言を呈したいので、日本人だって在日の失敗と同じようなことやっているよ、という事例を紹介します。

“日本も条件がそろえば在日と同じことをする”の続きを読む

金日成生誕 太陽節を祝う女性同盟所属の在日朝鮮人

嫌韓ネトウヨさんがなぜかスルーする朝鮮新報。金日成の誕生日を祝う記事を掲載。

朝鮮民族の仇敵と言える相手の誕生日を毎年せっせと祝っています。

帰国事業で北送された在日同胞が、政治犯収容所で生き血を絞るようにして殺されました。その人たちがこの姿を見たら地面を叩いて怒り狂うことでしょう。

太陽節を祝い女性同盟結成70周年を記念する東京顧問たちの集い

“金日成生誕 太陽節を祝う女性同盟所属の在日朝鮮人”の続きを読む