ブログ

嫌韓になる思考回路ではなくインプットする情報が問題

左右両極端の本ばっかり読んでると脳みそが腐るので、まともな韓国専門家の本『嫌韓問題の解き方 ステレオタイプを排して韓国を考える (朝日選書)』で、嫌韓の何が問題かを的確に指摘している部分を紹介します。

こういう冷静な意見が左派側で主流になれば、左翼ではなく健全なリベラル勢力として大衆から支持も得られるようになるでしょう。

“嫌韓になる思考回路ではなくインプットする情報が問題” の続きを読む

なぜ史料がないのか?燃えたんじゃないか?⇒そもそも存在しないという発想にならないのが不思議

容赦なく韓国側の不誠実さをバッサバッサと切り捨てる本物の朝鮮半島専門家が書いた『韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』。日本の朝鮮史専門家の面白い逸話が紹介されていました。

李朝には荘園台帳の一冊もなかった

李朝社会には村界もなければ、荘園台帳の一冊もない。あるのは、流民の集まる粗放な同族中心の村と、所有権のない荒蕪地(こうぶち)ばかりである。当時は唯物史観が邪魔してそんなこともよく分からなかった。下関市立大学に籍を置いていたころ、九州大学の朝鮮史研究室が近いのでよく通ったものだった。

行くと私より年下の院生たちがいつも五、六人いた。ある日、李朝に荘園台帳がなぜないのか皆で議論になったことがある。ある者は「戦火で焼かれてしまったのでは?」と答えた。この人は今東大で朝鮮史を教えている。別の者が答えた。「寒いのでオンドルにくべてしまったのではありませんか」。この人も某大学で教授をしている

だが真相は荘園台帳自体がなかったのである。なぜならば、古代社会だったからだ。

韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』 P210-211

笑うしかない。

なぜ荘園台帳がないのか?と議論になり、「戦火で焼かれてしまったのでは?」「寒いのでオンドルにくべてしまったのでは?」と、「ないわけがない」という前提で議論しています。

こういう人たちが東大や大学で朝鮮史を教える教授をやっているそうです。困ったものですね。

“なぜ史料がないのか?燃えたんじゃないか?⇒そもそも存在しないという発想にならないのが不思議” の続きを読む

日韓歴史教科書論争の実態 ~韓国が左翼政権のときにしか発生せず、かつ学者ではなく政争屋との罵りあい~

北朝鮮専門家の古田博司先生の著書『韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』で日韓の歴史教科書論争面白いことが書かれていました。

先日投稿した『本物の韓国専門家は安易な嫌韓にも親韓(=反・嫌韓)でもない』で紹介した小倉紀蔵先生が左よりのまっとうな半島専門家だとしたら、古田先生は右よりのまっとうな半島専門家だと思っています。

『韓国・韓国人の品性』というタイトルだけ見てネトウヨ本だ~!と拒否反応を示す人が多そうですが、他の低レベルなものとは全然違います。

膨大な研究と自己の経験に裏付けされた”韓国との付き合い方指南書”と言えます。

その中で日韓歴史教科書論争の中身が実際どのようなものかが紹介されていました。

“日韓歴史教科書論争の実態 ~韓国が左翼政権のときにしか発生せず、かつ学者ではなく政争屋との罵りあい~” の続きを読む

北朝鮮がミサイル発射 今後の展開は?

約2カ月半ほど沈黙していた北朝鮮がとうとうミサイルを発射。今後の展開を予想してみたいと思います。

まず中国が石油を完全に停止するよう国際社会が圧力をかけるでしょう。

それを中国が飲むかどうかが大きな分かれ道。

習近平一強体制が確立した後に高官を派遣し、北朝鮮の暴発を抑えられるかが注目されていた中でのこのミサイル発射。中国は面子丸つぶれです。

しかし、本当に全面禁輸したら北朝鮮も持ちません。そうなったら北朝鮮が北京に核を落とすぞと脅迫するでしょう。直接的には言わずに婉曲かつ遠回しに言うでしょうが。

今後の展開について色んなパターンを考えてみます。

“北朝鮮がミサイル発射 今後の展開は?” の続きを読む

一昔前の韓国の危険な親北左派 レーガン大統領の肖像画を踏まないと大学に入れない

韓国の386世代の左派には2種類います。

普通のリベラルと急進的な極左。後者の特徴は反米・反日・反資本主義。こいつらが超危険。

日本の国旗焼いたり、総理大臣の人形作ってフルボッコにしたり、天皇陛下侮辱したりと色々やります。

これだけ取り上げて反日だー!と批判するのが日本の嫌韓さんたちの特徴ですが、それだけでは一面だけしか見ていません。

韓国の危険な極左は日本だけでなく米国も大嫌いです。それがよく分かる逸話が『嫌韓問題の解き方 ステレオタイプを排して韓国を考える (朝日選書)』の大西裕教授の体験談として紹介されていました。

その体験談の前に民主化勢力が大きく分かれていた背景を説明している部分を紹介します。

“一昔前の韓国の危険な親北左派 レーガン大統領の肖像画を踏まないと大学に入れない” の続きを読む