韓国の教科書分析 とうとう南北分断はアメリカのせいと言いだす

検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』をベースに分析しています。

 いよいよ最終段階、韓米分断に乗り出しております。

 南北分断は、アメリカのせいだと言いだしてます。この本の特徴は、教師6人の共著だという点です。歴史学者とも連携した、ということですが内容を見るとどこの歴史学者と話したのか名前を知りたくなる内容です。結局、学校の現場で教えている先生の歴史認識が、子供に大きく影響を与えます。そういう点では、この検定版教科書は韓国の教職員組合、全教組のイデオロギーがよく表れています。勝手な主観ですが、韓国の全教組は、全盛期の日教組を100倍凶悪にした団体だと思ってください。
 子供のころに小学校の先生が「日の丸の赤い色は血の色なんです!」と涙ながらに語ったことに、ドン引きしたことを思い出します。韓国全教組の先生は、みんなこんな感じだろうと勝手に想像しています。

 最も特徴が出ているのは、8.15光復(日本敗戦後の朝鮮独立)と南北分断の書き方でしょう。どう考えても分断の責任は、金日成とソ連の存在が大きいと思えますが、なぜかアメリカを猛プッシュしてます。強烈なのはやはり写真です。

『検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』P302

koreahokusou2

 38度線の看板の前に米兵がいますね?
そしてその前に悲し気にたたずむ、朝鮮人のご家族がいますね?
朝鮮分断はアメリカのせいだと印象操作したいとしか思えない写真です。
さらにこの写真は、表紙にも使われています。この教科書で子供にどういう感情を植え付けたいのかがよく表れています。

 そしてこの写真の横にある説明が大変衝撃的です。

 1945年8月15日。民族みなが待っていたその日がきた。この日は多くの独立運動家の粘り強い独立運動と連合国の勝利によって迎えた日だった。
 しかし光復の喜びはつかの間だった。アメリカはソ連に日本軍の武装解除のための韓半島分割占領を提案し、ソ連はこれを受け入れた。両国は北緯38度線を境界に、南北に分けて占領した。これにより韓半島の将来はアメリカとソの影響を大きく受けることになった。

 これは本当にビビります。「アメリカの提案」で「南北分割占領」をソ連と合意したと言っています。ひ、ひぇ~~~~、とうとう北朝鮮と同じ主張になりました。もはや反日などどうでもいい問題です。

 ちなみに一昔前の国定版教科書だと下記の写真です。
韓国の中学校歴史教科書 (世界の教科書シリーズ)』P301

南北分断はアメリカのせい1-1

 なぜこっちの写真を使わない!?アメリカに悪感情を抱かせるように誘導したいとしか思えません。写真からあふれんばかりの悪意を感じます。

 もちろんこの程度では終わりません。お次の写真はこれです。

南北分断はアメリカのせい2

 アメリカの「軍政」政策に協力せよ!というポスターを紹介しております。ちなみにこの教科書では、軍政=悪、という印象操作がこれでもかと行われています。

その横の文章もこれまた凄い。

 南韓に入ってきたアメリカ軍は軍政庁を設置して南韓地域を直接統治した。アメリカ軍政庁は人民共和国や地方人民委員会はもちろん、大韓民国臨時政府も認めなかった。このため臨時政府の要人は個人資格で帰国しなければならなかった。
 アメリカ軍政は混乱防止のため現状を維持する政策をとった。朝鮮総督府の体制をそのまま維持し、日帝強占期の役人や警察をそのまま勤務させた。そしてアメリカに友好的な政府を樹立するため、韓国民主党を中心とする国内右翼勢力を支援した。
P304

 本当に震える内容です。「アメリカ軍政庁」を「米帝」に、「直接統治」を「植民地支配」、「アメリカに友好的な政府」を「米帝の傀儡政権」にすると、朝鮮学校の教科書(=北朝鮮歴史認識)でそのまま使える内容です。

 注目ポイントは、日帝時代の親日派売国奴をそのまま使いやがったと、反日感情をそのままアメリカに転嫁するようスムーズな情緒誘導が無視できない点でしょう。

 さらに「国内右翼勢力を支援」と書いて、のちの軍事独裁政権もアメリカが原点だという思想誘導が行われています。戦慄の教科書です。

 韓国の教育界では、大韓民国臨時政府は抗日独立運動の素晴らしい民族団体だったと、ずーーーっと褒めたたえてきたわけです。それをここで、「アメリカは大韓民国臨時政府を認めなかった」としています。われわれの抗日独立の英雄たちを認めないとは!!と怒る姿が目に浮かびます。もはや反日がどうとかどうでもいい問題になってきました。

 この後のくだりも秀逸です。

 北韓に入ってきたソ連軍は、北韓地域につくられた人民委員会を統治に利用する間接統治方式をとった。民族主義者のチョ・マンシクは北朝鮮五道人民委員会連合会議の委員長として活動した。しかしソ連軍は人民委員会を操るなどさまざまな方法を使って金日成が実権を掌握できるようにした。
 軍政であれ間接統治であれ、アメリカもソ連も韓国人の意志よりも自国の利益を優先した点で同じだった。米ソの分割占領は国家建設の方向をめぐる韓国人の間の分裂を深刻化させ、分断の大きな原因として作用した。
P304

 日本の嫌韓論者でなぜ韓国は何でもかんでも日本のせいにするんだ!!とご立腹ですが、安心してください、ちゃんとアメリカとソ連のせいにもされてます。

 南北分断はアメリカとソ連のせいだ!!我々は被害者だ!!と言っておられますね。日本非難と同じ構図ですね。笑うしかないです。戦後、朝鮮人同士が内ゲバやって、一つにまとまれなかったから分裂したんだ、という反省はないようです。全部他人のせいですね。ダメな大人を育てるための教科書としか思えません。

 そもそも韓半島分断のA級戦犯である金日成の責任を盛大に非難していないのがありえない点でしょう。

 とどめの写真がこれです。

南北分断はアメリカのせい3

 韓国はアメリカに占領されたんだ!!と思わせたいようです。ここで、ずーーーっと日本の植民地支配で日本非難をしていたことが効いてくるわけですね。

8.15光復で独立したと思ったら、今度はアメリカに占領された!韓国はアメリカの植民地じゃないか!!(北朝鮮の歴史観)

くそー!悔しい!!!

よし!こうなったらもう一度独立運動だ!

抗日独立義士は誰だっけ??

そうだ、この人たちだ!!

(手に手榴弾をもってニコッ!という一目で見習ってはいけないと分かる写真)

一目見て狂人が民族の英雄1

 米軍基地にLet’s爆破テロ!という人間を育てたいようです。リッパート米大使に切り付けたり、朴槿恵大統領を切り付けて首に60針縫わせる重症を負わせるような、頭おかしい狂人が育つわけです。言葉の過激さはないですが、北朝鮮の歴史観とかなり近いです。ぐいぐい北朝鮮化の波が押し寄せています。

 与党のセヌリ党が頑張ってこの教科書をなんとかしようとしてますが、国定化は国際流儀に反するとか、植民地支配美化だとか、軍事独裁美化だとか言って、改訂させないよう韓国の左翼が大騒ぎしてます。レッテル張りして反論を封殺しておられます。韓国の左翼は本当に危険です。国民の半分がSEALDsになってるみたいな感じでしょうか?まともな韓国人ほど、絶望感がハンパないと思います。

 これが韓国でせっせと米軍基地反対運動している人達の源泉になるのでしょう。さらに日本の左翼やアメリカの左翼とも連携して、国際ネットワークを築いてきます。裏には中国と北朝鮮がいるわけですね。うーん、恐ろしい、、、。

 朴槿恵大統領の間に、この流れを押し返さないと韓国は本当に危険な状況に陥ると思います。なにせ義務教育を抑えられては、時間とともにどんどん不利になります。朴正煕時代の大発展と、南北戦争の地獄を知ってる世代が死んだら相当危険です。北朝鮮の戦慄の人権弾圧を無視した、平和統一論が勢いを増しそうです。

 日本も嫌だろうがなんだろうが、もし韓国が平気で拷問する赤い独裁国側に飲み込まれそうになったら、関与するしかないわけです。いい加減あきらめて、ちゃんと歴史戦を戦うべきでしょう。まず韓国全体を敵視するのはやめるべきでしょう。韓国の従北左翼に的を絞って叩いていかないといけないと思います。

 やはり、北朝鮮の人間を家畜化する強制収容所を猛プッシュするのが効果的ではないでしょうか?北朝鮮のランクの違う人権弾圧を知れば、反日も嫌韓も本当にどうでもよくなること請け合いです。日韓双方の左翼の力が相当削られるはずです。日韓の従北左翼のアキレス健は、北朝鮮の強制収容所でしょう。そしてもう一つの急所が朝鮮学校の子供を毎年平壌に強制連行してイカれたソルマジ公演でしょう。

 

コメントを残す