アメリカ世界戦略の大転換 「リベラルな覇権」から「オフショアバランシング戦略」へ

以前の投稿でも触れましたが、米国の世界戦略がトランプ大統領のもと、大々的に再編される準備が進もうとしています。

多少強引でも中東から手を引き、欧州からも手を引き、米国の脅威となる国家には対象地域にいる地域国家を後方支援して脅威を抑え込む政策へと世界戦略の大転換が進みそうです。

これを「オフショアバランシング戦略」といいます。

この概念は何もトランプ大統領から始まったわけではなく、リアリスト学派の国際政治専門家が提唱し、戦略の変更を呼びかけ続けていたもので、オバマ時代の「アジアピボット」もこの大戦略の一環だと言えます。

そのオフショアバランシング戦略がいかなるものかがまとまっているのが『フォーリン・アフェアーズ・リポート2016年7月号』に掲載されている「アメリカはグローバルな軍事関与を控えよ――オフショアバランシングで米軍の撤退を」(ジョン・ミアシャイマー/シカゴ大学教授(政治学)、スティーブン・ウォルト/ハーバード大学ケネディスクール教授(国際政治)共著)です。

中東からの撤退に最後まで反対していたマティス国防長官辞任で本格的に進むであろうオフショアバランシング戦略への転換に向けて内容を紹介します。(フォーリン・アフェアーズを定期購読すればこちらで全文が読めます『アメリカはグローバルな軍事関与を控えよ ―― オフショアバランシングで米軍の撤退を』)

“アメリカ世界戦略の大転換 「リベラルな覇権」から「オフショアバランシング戦略」へ” の続きを読む

トランプ大統領 中東政策の大転換を決定

トランプ大統領がシリアからの撤退を決定した模様です。

報道ではマティス国防長官をはじめ、色んな高官の反対を押し切って独断で決定した!というような報道です。

が、これは嘘です。

それこそ就任当初から中東から撤退する気満々でした。

そして、この判断は何もトランプ大統領の個人の考えから出てきたわけではなく、リアリスト系国際政治専門家たちの総意と言えます。

韓国のリアリスト系国際政治専門家の李春根博士もこの点を指摘しています。

“トランプ大統領 中東政策の大転換を決定” の続きを読む

アメリカ最高裁判事が入院 

米国最高裁判事のルース・ギンズバーグ判事が入院しました。

トランプ氏の退任までは現職を退かないことを明言しているリベラル派の判事の入院。

入院の経緯はこちら。

米連邦最高裁は8日、ギンズバーグ判事(85)が最高裁の執務室で転倒し、首都ワシントン市内の病院に入院したと発表した。肋骨が3本折れているという。ギンズバーグ氏はリベラル派で、現在の判事の中では最高齢。

最高齢の米最高裁判事が入院 リベラル派

 

執務室で転倒して肋骨を3本骨折。85歳でこのケガは深刻です。

トランプが引退するまでは這ってでも仕事を続けるという強い意志をお持ちのようですが、これは引退するしかないかもしれません。

仕事続けられないですからね。

“アメリカ最高裁判事が入院 ” の続きを読む

米国中間選挙 双方勝利宣言

世界中から注目されていたアメリカ中間選挙が終了。

いまだにすべての選挙結果が確定していませんが、上院は共和党が勝利し、下院は民主党が奪還。大方の予想通りでサプライズはなかったようです。

民主党からはトランプ政権へのNOが突き付けられたと喜び、トランプは上院での勝利を強調。

お互いが勝利宣言をするような状況となっております。

“米国中間選挙 双方勝利宣言” の続きを読む

燃え上がるアメリカ中間選挙 意外と接戦っぽくて驚く

いつもはあまり注目されない米国の中間選挙が異様な盛り上がりを見せています。

良くも悪くもトランプ効果ですね。

民主党の圧勝と思いきや、ここに来て共和党が猛烈な追い上げを見せています。

10月は189だったのに直近では196。7議席UP。

民主党は4議席減。

まぁ予測は予測ですし、これが当たるとも限らない。

“燃え上がるアメリカ中間選挙 意外と接戦っぽくて驚く” の続きを読む