中国の南シナ海 無人島の軍事拠点化 Before & After

中国の南シナ海軍事拠点化。

無人島がどう変わったか、CNNでBefore and Afterの写真が出てました。

よくよく見るとほんとえげつないなと思わされます。

“中国の南シナ海 無人島の軍事拠点化 Before & After” の続きを読む

ウイグル族の大量拘束と思想教化

中国共産党による、ウイグル族の大量拘束が問題になっています。

収容所送りにして「中国共産党に従います」と思想教育を行う。やってることは北朝鮮と一緒です。

改革開放で発展したとはいえ、やはり国家体制は同じ共産主義と言う名の全体主義。

中国や朝鮮の文化や歴史には敬意も親近感も持っていますが、こういう残虐な顔をのぞかせるたびに「ついていけねぇ~」とドン引きします。

こういう圧倒的レベルの弾圧を見せつけられるたびに、日本の嫌韓や韓国の反日はただの娯楽だな~と思わされます。

この中国のウイグル弾圧、米国議会でも取り上げられ、中国が反発を強めています。

“ウイグル族の大量拘束と思想教化” の続きを読む

米中貿易戦争のこれから

どんどん激化する米中貿易戦争。

中国は一生懸命「お互いに損するだけ、貿易戦争い勝者なし」と説得してますが聞く耳なしの米国。

トランプの言動ばかり注目されますが、議会もなかなかの対中強硬派ぞろい。

中間選挙が終わったら沈静化するなか~と思ってましたが、こりゃ長期化しそう。中国が知的財産権や中国企業の株式所有の制限とかで、先進国並みに改善しない限りずっと続きそうです。

“米中貿易戦争のこれから” の続きを読む

瓦解を始める中国の一帯一路

今月の『フォーリン・アフェアーズ・リポート 2018年7月号』で、「一帯一路戦略の挫折」という寄稿が掲載されていました。

冒頭の要約は以下の通り。

中国はグローバルな開発金融部門で支配的な地位をすでに確立している。だがこれは、欧米の開発融資機関が、融資を基に進められるプロジェクトが経済・社会・環境に与えるダメージについての厳格な安全基準の受け入れを相手国に求める一方で、中国が外交的影響力を拡大しようと、その間隙を縫って開発融資を増大させた結果に過ぎない。しかも、中国が融資したプロジェクトの多くは、まともな結果を残せてない。すでに一帯一路構想に基づく最大規模の融資の受け手であるアジア諸国の多くは、戦略的にインド、日本、アメリカと再び手を組む路線へシフトしつつある。・・・

一帯一路戦略の挫折―― 拡大する融資と影響力の不均衡

“瓦解を始める中国の一帯一路” の続きを読む

『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』中国が拷問大国ということをお忘れなく

とにかく反安倍・反自民・反政権の人たちの困ったところは、やたらと独裁だと日本政府や政治家を批判するわりに、他国の独裁には異様に甘い、もしくは無視する姿勢でしょう。この辺は韓国も同じ病気を抱えています。

この病気のせいで、独裁国家の軍拡に対抗して、「仕方なく」こちらも軍事増強しましょうという至極当然の対応にさえ反対します。

現状認識と優先順位を決定する思考回路に著しい欠陥があるようです。

この辺がいわゆる”リベラル勢力”が日本でなかなか広がらない理由ではないかと思えます。どう考えても必要なことなのに、ポイントのズレた理由で反対されては、「この人たちは大丈夫か?」と不安になるのは当然。

政権を担える、健全なリベラル系の”責任”野党が生まれることを願うものとして、中国のヤバさを紹介しておきます。

つい最近のことで、中国が他国の人間に対して拷問をしている(そして今のやめてない)事例が『韓国民主化から北朝鮮民主化へ―ある韓国人革命家の告白』にあります。

“『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』中国が拷問大国ということをお忘れなく” の続きを読む