人生を否定される苦しみを子供に伝染させる

韓国のハナ院(脱北者の定着支援施設)で重視されていることの一つに、脱北者に対して本当の歴史を教えることがあげられます。

その時、反発する脱北者がいるのですが、このあたりの洗脳教育の弊害が朝鮮学校支援者と同じだったので紹介しておきます。

本来、こういう苦しみを感じる必要もないはずなのに、幼少期から情感たっぷりに脳内に刷り込みをされると自己のアイデンティティになり、それを否定するのが感情的に辛くなります。
“人生を否定される苦しみを子供に伝染させる”の続きを読む

ハナ院で再教育を受ける脱北者の問題点と同じ問題を抱える朝鮮学校

脱北者がハナ院で再教育を受ける時に、色んな困難に直面します。

その問題点が、朝鮮学校と同じでした。

7つの名前を持つ少女』より該当部分を紹介します。

“ハナ院で再教育を受ける脱北者の問題点と同じ問題を抱える朝鮮学校”の続きを読む

北の現実を直視しない朝鮮学校のメンタル

脱北者の手記『7つの名前を持つ少女』に、幼少期から植え付けられた情緒のせいで、事実を直視することを拒否してしまう内容がありました。

これが在日同胞数万人を虐殺した相手を愛する教育は歪んでいる、という指摘に断固耳を貸さない朝鮮学校支持者の思考回路と同じだなと思ったので、その内容を紹介しておきます。

“北の現実を直視しない朝鮮学校のメンタル”の続きを読む

朝鮮学校無償化問題 千葉市役所前で抗議活動をしてた飯田幸司氏とのやりとり

朝鮮新報に千葉市役所前で朝鮮学校への助成金打ち切りについて抗議活動をしている飯田幸司さんの記事がありました。

朝鮮学校の子どもたちの盾になる/千葉初中の補助金凍結・日本の有志ら市役所庁舎前で抗議

Facebookにもあったので、朝鮮学校問題について闘う相手を間違ってませんか?と聞いてみました。

残念ながら最終的にはブロックされました。

一応リンク先を張っておきます。ブロックされていない人は見えるかも?それとも友達しか見れないようにしたのかな?

 

とりあえず、私と飯田氏とのやりとりは次の通り。

“朝鮮学校無償化問題 千葉市役所前で抗議活動をしてた飯田幸司氏とのやりとり”の続きを読む

朝鮮学校歴史教科書 朴正煕大統領は悪魔化されている

朝鮮学校の歴史教科書で、もっとも特徴が表れているのは、容赦なく人民を弾圧する、北の暴君に対抗することを第一の国是とした朴正煕大統領の書き方でしょう。

何がすごいってタイトルがすごい。

朴正煕大統領の悪魔化1

出だしからあふれんばかりの印象操作です。軍事独裁政権であり、韓日会談には「我らが人民」が反対した、と言いたいようです。もう読まなくても分かります、と言いたくなります。

まぁそうも言ってられないので、どんどん引用しながらどういう思想誘導をしたいのかを見ていきましょう。

“朝鮮学校歴史教科書 朴正煕大統領は悪魔化されている”の続きを読む