『韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか』成功した北朝鮮の工作

金大中、盧武鉉と左派政権が続いたころの著書を読むと、今と非常に似通っていることに驚かされます。

韓国への苦言もそのまま通じますし、北朝鮮への認識の甘さも変わっていない。

韓国専門家の田中明氏の著書に、韓国の民族主義が北朝鮮製であることうかがわせる記述があるので紹介します。

“『韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか』成功した北朝鮮の工作” の続きを読む

『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その4 統一すればすべて解決というが統一するまではどうするのか?という省察はない

 3日続けて田中明氏の『韓国の民族意識と伝統 (岩波現代文庫)』から在日朝鮮知識人への疑問を紹介してきましたが、最後に「統一されれば万事が解決する」というよく聞くセリフや、「在日コリアンの青年を良くするも悪くするも日本社会の対応如何にある」という意見について、著者が抱いた疑問を紹介します。

著者はこれらの発言について、受動的で主体性がないと喝破しています。

“『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その4 統一すればすべて解決というが統一するまではどうするのか?という省察はない” の続きを読む

帰国事業 北に殺された総連幹部リスト 民団新聞2012年5月30日

2012年5月30日の民団新聞に帰国事業で北送され、その後殺された総連幹部のリストが掲載されていたので紹介しておきます。

政治犯収監者、元朝総連幹部・北送同胞25人

韓国・国家人権委『2012 北韓人権侵害事例集』
リストの1割近く…「在日」の大量被害裏付け

韓国の国家人権委員会は今月、『2012 北韓人権侵害事例集』を発行した。国家機関としては初めてのことだ。人権委は昨年1月、北韓人権特別委員会を構成し、3月には北韓人権侵害申告センターと北韓人権記録館を設置。この1年間で脱北者(北韓離脱住民)834人を面談調査し、人権侵害事例と証拠を収集する一方、記録・保存の体系化に努めてきた。その成果の一部を公表した。

“帰国事業 北に殺された総連幹部リスト 民団新聞2012年5月30日” の続きを読む

朝鮮学校支持者の詭弁 金明秀氏のQ&A

典型的な朝鮮学校支持者の論理が分かるQ&Aがありましたので紹介しておきます。

朝鮮学校について、次のような質問が金明秀氏に寄せられ、それに答えていました。

金明秀氏のヘイトスピーチの撲滅やロクデナシ右翼の殲滅活動については大いにエールを送りますが、この辺の善意で何の罪もない子供に平気で負の遺産を背負わせる姿勢には共感できません。

まぁ、ちゃんと質問に答えている分まともな人ではあります。

そのやり取りはこちら。

“朝鮮学校支持者の詭弁 金明秀氏のQ&A” の続きを読む

『北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所』 家族を憎み合わせ、絶望死させ、道に埋めて平土にし、祈ることも許されない

この本は、強制収容所から脱出した方の手記です。ここでは、強制収容所内での子供達がどれだけ残酷な目にあっているかが書かれています。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないでしょう。

“『北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所』 家族を憎み合わせ、絶望死させ、道に埋めて平土にし、祈ることも許されない” の続きを読む