大阪朝鮮学校無償化裁判勝訴 朝鮮学校の終わりの始まり

驚いたことに大阪地裁が朝鮮学校の無償化裁判で、朝鮮学校側に軍配を上げました。

大阪地裁は、朝鮮学校の子供の未来を北の独裁者い売り払うことに加担してしまったようです。

もしこのまま無償化が認められれば未来永劫教育内容は改善されず、在日一世、二世を大量虐殺した北の暴君を褒め称えるソルマジ公演は継続され、朝鮮学校は死滅していくでしょう。

裁判官はソルマジ公演も見ているはずなのに、スルーしたようですね。本当にありえない。この公演と学校は関係ないというナメた言い訳を信じたのでしょうか?

今回の判決は、朝鮮学校が生まれ変わる最後のチャンスを潰すことになるかもしれません。

この勝訴で大喜びする朝鮮学校関係者が憐れです。

朝鮮学校の存続を最も望む人たちが、朝鮮学校存続のための改革のチャンスを潰し、とどめを刺す。すぐさま死ぬわけでないからそのことに気づかない。

帰還事業と同じです。

善意で地獄送りにする。

過ちに気づいても後の祭りで取り返しがつかないことになってしまった帰国事業。

なぜ同じ失敗を繰り返すのか?

そのことを分かっていない善意の加害者たちは、本当に残酷な人たちだと思います。

大喜びの朝鮮新報記事を紹介します。

〈大阪無償化裁判〉朝鮮学園が全面勝訴/歓喜の叫び、差別是正への新たな出発点に

“大阪朝鮮学校無償化裁判勝訴 朝鮮学校の終わりの始まり” の続きを読む

朝鮮系ソ連人の金日成が朝鮮人を民族浄化して建国したのが今の北朝鮮

北朝鮮とはどういう国か?

抗日武装闘争を繰り広げた民族の英雄である金日成が作ったのが朝鮮民主主義人民共和国。

これが北の公式見解です。

機密文書の公開など、色々と明らかになった史料を読めばソ連が連れてきた「朝鮮系ソ連人の金日成が朝鮮人を民族浄化して作った国が今の北朝鮮」というのが的確な歴史評価でしょう。

なにせ連れてきた当初は金日成の朝鮮語が下手くそでみんなガッカリしたそうですから。

“朝鮮系ソ連人の金日成が朝鮮人を民族浄化して建国したのが今の北朝鮮” の続きを読む

朝鮮学校の子供の未来を破壊する金明秀教授

広島の朝鮮学校無償化裁判ですが、予想通り棄却されました。

本当に朝鮮学校の明るい未来を願うなら、、教育内容の是正と透明化を学校側に強く要求すべきだと思えるのですが、そうしないのが反ヘイト・反差別を掲げる左派の特徴です。

良かれと思って行動した結果、最悪な事態を巻き起こしたのが北朝鮮帰還事業です。

その失敗の歴史から何も学んでいないのが朝鮮学校に対する対応でしょう。

典型的な姿が、金明秀教授の言論。

“朝鮮学校の子供の未来を破壊する金明秀教授” の続きを読む

朝鮮学校を応援する韓国の全国農民会総連合

朝鮮学校を支援する=従北団体と思ってほぼ間違いない。

北の手先、朝鮮総連の機関紙『朝鮮新報』に韓国の従北団体がどこか教えてくれるありがたい記事がありました。

朝鮮学校に対する差別問題解決に取り組む南朝鮮の支援団体である「ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会」(以下、「ウリハッキョ市民の会」)、全国農民会総連合(全農)、全国女性農民会総連合(全女農)などのメンバーで構成された訪問団「朝鮮学校差別反対!高校無償化適用要求!金曜行動参加団」が来日(6月29日~7月2日)した。

“朝鮮学校を応援する韓国の全国農民会総連合” の続きを読む

TPOの問題を民族差別にすり替える謎なメンタル

こうやって意味不明な被害者意識を子々孫々に伝達していってるのか~と、よく分かる内容が2010年から発刊されている『朝鮮学校のある風景①』に掲載されていたので紹介しておきます。

いやいや、常識的に考えたらそりゃそうでしょ?と言うことを、情感たっぷりにお涙ちょうだいの話しに仕立て上げる手腕は実に素晴らしいです。

“TPOの問題を民族差別にすり替える謎なメンタル” の続きを読む