朝鮮学校衰退の責任を右翼に責任転嫁する北と総連

NHKかんさい熱視線2015年10月30日「傷つけられた子どもたちは今~ヘイトスピーチから6年」、限定公開にもかかわらず、2017/2/11時点で9000回近い再生回数です。

きっと朝鮮総連コミュニティとそこから利益を得ている偽善リベラルたちの間で回されているのだろうと思います。

こういうのを見ると、子供が本当にかわいそうになります。

最悪なのは、朝鮮学校を衰退させ、どんどんさら地にしている主犯の朝鮮総連と北朝鮮の罪を、うま~く右翼に責任転嫁させ、日本社会に恨みを向けさせるよう誘導していることでしょう。

この辺のやり口が本当に最悪です。 “朝鮮学校衰退の責任を右翼に責任転嫁する北と総連”の続きを読む

『太陽の下で』を見て

ロシア人映画監督が北朝鮮の実態を映した映画『太陽の下で』を見てきました。

北朝鮮当局がガンガン介入して口出ししている様子がバッチリ映像に収められています。この映像が検閲で没収される前に持ち出したファインプレーに拍手を贈りたいと思います。

予告動画はこちら。

印象に残った内容をいくつか紹介します。

“『太陽の下で』を見て”の続きを読む

北送在日脱北者の姜哲煥氏と朝鮮学校卒業生との対談

韓国のインターネットTVで、朝鮮学校卒業生と在日脱北者の姜哲煥氏の対談がありました。日本語字幕がついているのでぜひご覧ください。

全国の朝鮮学校支持者はこれを見て、なぜ朝鮮学校から生徒が減っているのかよく考えるべきでしょう。

無償化を勝ち取るために日本政府と戦おう!!とやっている暇があるなら、北朝鮮や朝鮮総連と戦うべきでしょうね。

このインターネット番組は、ベナTVといいますが、「北朝鮮首脳部を没落させる手段を考える番組」だそうです。こういう番組に朝鮮学校の実態が取り上げられるのは喜ばしいことですね。

特に印象に残ったのはこの発言これです。

“北送在日脱北者の姜哲煥氏と朝鮮学校卒業生との対談”の続きを読む

『ジニのパズル』 天国のハラボジへ

『ジニのパズル』の「天国へのハラボジへ」という章が、まさに今の反ヘイト・反差別活動の問題点をえぐっていたので紹介しておきます。

P166-169の箇所です。

天国のハラボジヘ

もし、目の前で、子供たちが辛い思いをしているのだとしたら。

もし、大人たちが持っているプライドを少し捨てることで沢山のことを解決できたとしたら。

そうすることで少しでも子供たちの未来が明るい方向へ向かうとしたら。

大人は子供の為に努力するべきなのではないだろうか。

世の中の差別や不平を訴えることで、もし核心から目を逸らしているとしたら。

そうすることで民族意識の強化を促しているとしたら。

朝鮮学校問題が解決しない本質をえぐっていますね。

大人のエゴを子供に押し付けている。それが問題の本質です。

そういうプライドをちょっと捨てれば子供に「お前は生まれながらの差別被害者だ」という怨念を継承するような歪んだ教育も是正されるのに、まぁいつまでたっても解決しない。

今の反ヘイト・反差別運動も同じですね。

「世の中の差別や不平を訴えることで、もし核心から目を逸らしているとしたら」

まさにこれ。

その縮図がリンチ事件といえます。

M君がリンチ被害を受けたのにそれを隠蔽しようと、色んな人が動きました。

合言葉は「差別主義者を喜ばせる」「反差別運動が分裂してしまう」ですね。

まさに「世の中の差別や不平を訴えることで、もし核心から目を逸らしているとしたら」という言葉通りです。

講演会でだって。昔の朝鮮半島の話はしても、現在の問題を話す時には皆、韓国サイドの視点からの歴史問題ばかりだ。

都合よく巧みに南と北を混ぜて話をさせて。

おっしゃる通り。

隠蔽と矮小化の天才です。

無実の罪で収容所にぶちこまれ、塗炭の苦しみを味あわされた上に虐殺された在日同胞や北朝鮮国民のことなんてまったく触れようとしません。

あまつさえ、その暴挙を実行したリーダーの写真を飾っています。

これこそ朝鮮学校の教育の最大の問題点でしょう。

朝鮮学校なのだから、私たちは学校にいる限り、最後まで北朝鮮の問題を話し合うべきなのではなかろうか。

校内に韓国の大統領の肖像画があるだろうか。ない。そんなものは何処にもない。

朝鮮学校に通っているのに、どうして今現在の北朝鮮から目を逸らすのだろうか。

学校と政治は関係ないと言われた。

だったら、どうして政治的なものが校内にあるの。

感謝の気持ちを表しているものだなんて、そんな理由があるか。

感謝している人だけ、心で勝手に感謝して、子供たちのために、取り外せば良いじゃない。大人って、ずるいよ。

まったくもっておっしゃる通り。

「感謝の気持ちを表しているものだなんて、そんな理由があるか」

友人知人、親類縁者を殺された在日からしたら本当にこの言葉通りの気持ちを抱くでしょう。

いったい何万人の同胞を殺されたと思っているのか。

その相手に感謝しろなんて狂ってる。

子供相手に脅迫してくる日本人も、子供が犠牲になっても変わらぬ学校の連中も、いとも簡単に人の命を奪う金の糞独裁者も、みんなみんな、糞食らえだ。

ハラボジ、私は、絶対に目を逸らさない。逸らすもんか。

会ったことがなくても血の繋がった家族が北朝鮮にいるんだ。

だから、ハラボジ、私は、絶対に目を逸らしたくない。全員を敵に回しても、目を逸らしたくないよ。

えらいですね。

こういう勇気ある発言をすることがいかに難しいか。

特に有名人でそういうことを言える人がほっとんどいません。

右翼と戦うときは元気なのに、北の暴君と戦うときはとっても不熱心です。

まぁ戦いたくともメディアが取り上げないからいかんともしがたい、という側面はあります。

しばき隊リンチ事件の被害者であるM君が、誰からも相手にされなかったのと同じ構図です。

でも、ハラボジ、一つだけ教えて下さい。

ハラボジは、北朝鮮が良い国だと本気でそう書いたの?
そう書かなければ読まれた時に、危なかったんだよね?
本当は、その目で何を見だの?
手紙を書いていた時、どんな想いだったの?

帰国した人たちからの手紙の一番恐ろしい点です。

祖国を称える内容が満ち溢れている。

まぁ当然です。

収容所で家族が自殺しても、金日成・金正日に対する恨みの言葉を吐くどころか、「なぜ金日成様の暖かい懐から出て自殺なんて!」と言って嘆かないといけません。

そうしないと残った家族が独房行きですから。

そういうありえないことを当たり前のようにする国です。

手紙なんて証拠が残るものに祖国の悪口なんて書けません。

(中略)

天国でこれを読んでいるのなら教えて下さい。私は、何をしてしまったの。私は、どうしたらいい。私か立ち向かうべき相手は、一体何処だったの。誰だったの。間違えていたの?

立ち向かうべき相手は、韓国でも日本でもなく、ましてやアメリカでもなく韓半島の北半分を不当支配している暴君です。

それを味方と思って、その手先に成り下がってしまったのが最大の誤りでしょう。

私は、名前を失いました。もう日本名も、韓国名も、どれも名乗れない。そんな気がしてなりません。

戦いたいと願っても、私の決意はまるで火の粉のように揺れ、散っていくような気もするのです。

戦う相手を間違えなければこういう苦しみを味わうこともないでしょう。

難しく考えない方がよいと思いますけどね。

学校のことではなく、大切な人たちのことを思うと、自分のなかに矛盾を感じます。

朝鮮学校は、リスクを抱えても通いたい者のための学校だったのでしょうか。疑問を抱えた人間は、黙って立ち去るしかないのでしょうか。

「大切な人たちのことを思うと、自分のなかに矛盾を感じる」
「疑問を抱えた人間は、黙って立ち去るしかないのでしょうか」

こういう感覚になる人はまともです。

差別差別の大合唱で、大きな問題を隠蔽したり、別の問題にすり替えるようでは話になりません。

「黙って立ち去らず」、外道左翼とたたっている人たちは立派ですね。

しばき隊リンチ事件のM君や、鹿砦社さんとかね。

まぁただ、味方と思っている相手に、香りたつ従北人士がいることには気をつけてほしいものです。高島弁護士とか世に倦む日日とかね。

M君のためにうまく利用して、裁判後には縁を切った方がいいでしょう。

従北さんたちって、被害者を己の利益のために利用する手腕は天才的ですから。

でも、学校に通うリスクって一体なんなのでしょうか。考えれば、考えるほど、私の頭の中は複雑に絡み合い、混乱するのです。

だから、今は、もう何もしないと、そう誓います。

だけど、忘れる訳じゃない。忘れた訳じゃない。いつか許してくれたら、ハラボジとも、皆とも天国で会えるのかな。そうであって欲しいと願うことを、お許し下さい。

ジニより

天国にいるハラボジのためにも、朝鮮学校のソルマジ公演はやめさせるべきでしょうね。

収容所で殺された人たちがこれ見たら言葉にならないくらいショックを受けること間違いなしです。

本当に在日差別をなくしたいなら、今現在、北の魔の手から朝鮮学校の子供を守っていない最低最悪の在日差別をなくすために日本政府に保護を要求すべきでしょう。

それでこそ人権を大事にするリベラルを名乗れるはずです。

関連投稿:

『ジニのパズル』 「宣言」の部分に感動した

ジニのパズル』の宣言に感動しました。

宣言

今こそ立ち上がろう! 自分の為、未来の生徒たちの為に!

北朝鮮に住む人権・人命を踏みにじられている民の為の、世界中の拉致被害者たちの為の、命をかけて脱北した人たちの支援・応援をする為の、国際社会に目を向ける組織に我々がならなければ、罪深い金政権、その肖像画を飾る朝鮮学校への全ての批難は、我々生徒に「飛んで当たり前」の世のままだ。

我々は、金政権と共にはないと世界に示さなければならない。

金政権は遅かれ早かれ必ず崩壊する、しなければならない。その日には、朝鮮学校の生徒も今まで以上の批難・差別・暴行を受けることになるだろう。

世界が歓喜に縊れるなか、民族の美しい文化・芸術を守ってきた学校は崩壊し、生徒たちはまるで罪人のように生きていくことになる。そんな未来、私には耐えられない。生徒諸君には耐えられるのか。大人たちは、組織の言いなりである。

ならば学校中の肖像画は我々の手で外してあげようじゃないか!

朝鮮学校に通う生徒諸君。

「歴史」と聞いて昔の話のように感じる人がいるのならば、それは大きな間違いだ。

今の歴史は私たちが作っている。かつて、確かに在日朝鮮人・韓国人は被害者であった。しかし、我々がただの被害者であった時代は、とうの昔に終わったことなのだ。

北朝鮮はミサイルを発射した。大人たちは、「あれは人工衛星であった」と発言した。しかし、ミサイルであろうが、人工衛星であろうが、それは我々にとっては、どちらでも同じ結果となったことだろう。どちらにせよ、我々は、校内の水に毒を盛ったと脅され、唾を吐かれたに違いない。

本当に子供たちを守りたいのであれば、平和の為に戦うことを恐れる民族であってはならない。それは、我々生徒も同じことだ。我々は大人の言う通りに行動をし、人の命を何とも思わぬ人間の肖像画の前で、まるで拝むような姿勢で勉強をしている。

「昔からあった」「意味はない」「支持したことはない」「関係ない」。

それは確かに事実ではあるが、登校しないという選択肢を持っている限り、ただの言い逃れのようにも聞こえる。

一体、世界中の何人が信じるだろうか。

何故なら日本に住む私たちは反抗できる立場にあるからだ。

周囲と同じように流されて生きていく人間になってはならない。

声を上げること、行動することを恐れる人間になってはならない。生徒諸君よ、この状況から目を逸らさずに向き合おう。

今回のことで、今まで以上に北朝鮮への注目は集まり各国に緊張が走っている。今後、更なる批判も増えるだろう。そうすれば日本で一番に危険にさらされるのは、私たち朝鮮学校に通う子供、弱者である我々生徒だ。

そうなる前に、まさに今、行動に移さなければならない。

悩むのではなく考えるべきだ。想像すべきだ。

世界中の人間に見えていて、我々生徒に見えていないことは一体なんなのかを。

肖像画を外すだけで何か変わるのか、そう思う人もいるだろう。はっきりと言おう。

あるとないでは大いに違う。

そして、これは最初の一歩にすぎない。共に立ち上がろう。誰かの正義じゃない。己の正義を今こそ見つめ直そうじゃないか!

ジニのパズル』 P142-145

素晴らしい内容がてんこ盛りです。

生徒自らが先生に反乱を起こして肖像画をおろすような校内革命が起きたら朝鮮学校の未来も明るいですね。

朝鮮学校に通う子供たちの葛藤を描いた良書ですが、こういう意見が内部から噴出するようになれば北の暴君から朝鮮学校奪還する日も近いかもしれません。 “『ジニのパズル』 「宣言」の部分に感動した”の続きを読む