『ネット私刑』 扇動に踊らされる人々

安田浩一著『ネット私刑(リンチ) (扶桑社新書)』。ダメな保守がいかにダメダメかが良く分かる良書です。

相手の問題点を指摘する場合は案外正しいことを言うのが左右問わず、人間の特徴と言えます。

在日差別を問題視する割には、北の魔の手から在日の子供を守ろうとか、北に強奪された民族教育を取り戻すために協力しようという姿勢がまったく見られないという点を除いては、安田浩一さんの本はとっても良い本だと思います。

“『ネット私刑』 扇動に踊らされる人々” の続きを読む

中国よりも北朝鮮こそ脅威 ~エドワード・ルトワック『米軍攻撃の鍵を握るのは日本だ』より~

文藝春秋 2017年 12 月号 [雑誌]』に世界三大戦略家の一人、エドワード・ルトワック氏と池上彰氏との対談が掲載されています。

さすがと唸らされる内容がてんこ盛り。

特になぜみんな分からないんだろう?と不思議で仕方なかった「中国よりも北朝鮮こそ脅威」という点が明確に述べられています。

いかにこういう意見の保守知識人の見識が浅はかかがよく分かります。

北のミサイルはほっておいて大丈夫。それより中国が問題だそうです。これが今年の4月のツイート。

さすが都知事選でアントニオ猪木と並ぶ親北人士のデヴィ夫人に応援されていただけあります。

私はエドワード・ルトワック氏の意見の方を信用します。何せ実績が違いますから。

“中国よりも北朝鮮こそ脅威 ~エドワード・ルトワック『米軍攻撃の鍵を握るのは日本だ』より~” の続きを読む

武装難民など存在しない、それはただのテロリスト

麻生太郎氏がまたまたの失言で、安倍総理の足を引っ張っておられます。

いや、もちろん真意が伝わってない可能性もありますが、長年政治家やっててこれだけ失言を繰り返してるようではダメでしょう。本当に困ったものです。ある意味才能かもしれませんね。「炎上の才」がおありのようです。

左派は「難民をいきなり射殺するのか!」という印象操作で自民叩きをやっていますが、そもそも「北朝鮮崩壊後」に「武装難民」が大量に日本に来る、という前提がおかしい。

“武装難民など存在しない、それはただのテロリスト” の続きを読む

ネットの嫌韓保守がダメなところ

ネットで元気に韓国叩きしている自称保守のダメなところは、周り回って「あんた北朝鮮のこと信頼してんの?」と思えるようなことを言ってしまうところでしょう。

例えば、「韓国を生贄にして、北朝鮮に拉致被害者や竹島を返してもらおう」という発想なんかがそれです。

いやいやいや。

あなた北朝鮮が信頼できる交渉相手だとでも思ってます?とツッコミたくなる発言。

“ネットの嫌韓保守がダメなところ” の続きを読む

賛同できないなら来なきゃ良いのに反対派に参加を呼び掛ける謎な人々

東京の日の丸・太極旗デモでは、実行委員ではないのであまり関わっていないのですが、何がしたいのかよく分からない人が出てきている模様。

色んな人がいますが、加藤哲史氏とのやりとりをまとめておきます。

※凄まじく重いページになってると思いますが、ご了承ください。

「全く賛同できないが頑張って」とのこと。

意味が分からないですが、まぁ応援してくれるならありがたいことですね。

オブザーバーに荒木和博先生がいるからゴマすってるのだろうか?

謎な人たちです。

そして、次のツイートやFacebookコメントでさらに謎が深まり、理解に苦しむ。

“賛同できないなら来なきゃ良いのに反対派に参加を呼び掛ける謎な人々” の続きを読む