北朝鮮にとって南北融和路線が常に良いとは限らない

文大統領の北朝鮮に対する秋波が止まりません。

次回のASEAN首脳会議に、北朝鮮の金正恩委員長を呼ぼうと画策しているようです。

インドネシアのジョコ大統領が参加を呼びかけ「それナイスアイデア!」と文大統領が応える形になっています。

文大統領が言い出すと北のスポークスマン呼ばわりされるから、ジョコ大統領に「言い出しっぺ」をお願いしたのでしょうか?怪しいですね。

まぁこれは一概に悪いとは言えません。

「核を保有したままで国際社会の一員として認められてしまうじゃないか!」という批判もあるでしょうが、そんなものは米英仏の拒否権でほぼ解除が不可能な国連制裁が維持される限り、あまり意味がありません。

イランも色んな国際会議に出てますが、アメリカの断固たる制裁によって経済は急激に悪化しています。

イランは国際社会の一員として認められていますが、それが何か?という状態です。

北朝鮮がASEAN首脳会談に出たところで、しょせん同じでしょう。

それよりもほぼ引きこもり状態であった北朝鮮の国家元首を外に引きずり出せる方がメリットがあります。

“北朝鮮にとって南北融和路線が常に良いとは限らない” の続きを読む

徴用工問題 北朝鮮が本格参戦

韓国大法院での徴用工判決が出たあと、ほぼ反応のなかった北朝鮮側メディアから2日前に本格的な日本批判報道が出ています。

この問題に南を巻き込みながら本格参戦する方針を決めたようです。

聯合ニュースが北朝鮮の「わが民族同士」サイトの報道を引用して報道しています。

“徴用工問題 北朝鮮が本格参戦” の続きを読む

どんどんしぼんでいく米朝会談への期待

米朝会談が延期されました。

アメリカ中間選挙の裏で米朝間の不協和音が拡大中です。

「信頼できる核リスト出して廃棄プロセスを進めろ、それまでは制裁を維持する」という強い決意を繰り返し表明する米国。

「ミサイル実験場閉鎖、核実験場閉鎖、寧辺核施設閉鎖、それらを査察付きで認めるから経済制裁解除を約束してくれ」という北朝鮮。

この両者の溝がどう頑張っても埋まらない模様です。

“どんどんしぼんでいく米朝会談への期待” の続きを読む

ヒューマン・ライツ・ウォッチ「平壌との和平を望むあまり、人権侵害を無視してはいけない」

脱北者が北朝鮮の軍隊内で女性への性暴行が横行していると訴えています。

夜九時半ごろに女性兵士が集められて恒常的に性的暴行を受け、その女性兵士は上官を誘惑した罪で不名誉除隊させられる。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは世界は平壌との和平を望むあまり人権侵害を無視していると訴える。

おっしゃる通りです。

そして、これらの人権侵害糾弾の動きについて北は反発。日本とEUが中心になって進めている国連総会での「北朝鮮人権決議」について、労働新聞でこのように述べています。 “ヒューマン・ライツ・ウォッチ「平壌との和平を望むあまり、人権侵害を無視してはいけない」” の続きを読む

人権問題に神経質になる北朝鮮『平和の流れに障害をきたそうとする政治的挑発 朝鮮中央通信社論評』

日本とEUが中心になって提出している国連の「北朝鮮人権決議」にだいぶ神経質になっているようです。

「人民の全ての夢と理想を実現している朝鮮」と豪語して、「世界中に羨む者なし」というプロパガンダをまき散らしております。

“人権問題に神経質になる北朝鮮『平和の流れに障害をきたそうとする政治的挑発 朝鮮中央通信社論評』” の続きを読む