北朝鮮問題 次の展開を予想

米朝開戦は不可避という予想が頻出しています。

当たり前と言えば当たり前ですが、どうなるかは北朝鮮次第です。中国や米国よりも当事者の行動の方がはるかに重要です。

北朝鮮はいよいよヤバくなったら対話と融和ムードを演出するでしょう。

拉致被害者が返ってきたのも、ブッシュのフセイン敵視政策に恐怖した金正日が、日本を包囲網から引きはがそうとしたためでしょう。

次は韓国に対して同じことをやると予想されます。

“北朝鮮問題 次の展開を予想” の続きを読む

北朝鮮の政権が変わってこそ人権問題は解決する

北朝鮮が良くなるための意見は色んな人が述べていますが、個人的に大きな違いだと思っているのが「政権が変わること」を前提とするかどうか。

これを大前提とせず、今の北朝鮮の体制を保障した上での国交正常化をすることが、北朝鮮の人権問題の解決につながるという意見は百害あって一利なしと思います。

むしろ善意で人権蹂躙に加担する、ロクデナシだと言っても過言ではない。

だいたいヨーロッパや第三諸国などと北朝鮮はだいぶ前から国交結んでいるわけです。それでも自国民に対する人権蹂躙は止まっていません。

自分の兄貴を暗殺するテロを平然とやる。

サイバー空間で銀行強盗もする。

ミサイルも飛ばすし核実験もやる。

口汚く周辺諸国を脅迫する。

幹部を高射砲で粉々にし、肉片にガソリンかけて燃やす。

今でこそ制裁の一環で大使館閉鎖したりする国が増えてますが、数年前まで北朝鮮が国交を結んでいる国は最も多かったわけです。それでも数々のテロ犯罪、人権蹂躙は続けられていました。

国交正常化してこそ北朝鮮のすべての問題が解決するという幻想を抱いている人は、いい加減考えを改めるべきでしょう。

北朝鮮民主化運動を長年続けてきた金永煥氏も著書の中でこう述べています。

“北朝鮮の政権が変わってこそ人権問題は解決する” の続きを読む

北朝鮮サイバー攻撃の脅威 『ABCテレビ ワイド!スクランブル 2017/11/15』

2017/11/15日ABCテレビ『ワイド!スクランブル』で北朝鮮のサイバー能力についてコンピューターの大学教師をしていた脱北者 金興光(キム・フングラン)氏のインタビューが報道されていました。

北朝鮮のサイバー能力がかなりあることに驚かされます。

以下、報道内容の文字起こしとコメントです。

“北朝鮮サイバー攻撃の脅威 『ABCテレビ ワイド!スクランブル 2017/11/15』” の続きを読む

本当にいるのか?『朝鮮人民の闘争に支持と連帯を表す 英国の人士』

嘘か本当か、イギリスに共産党があるそうです。

どこまで気合が入った共産主義者なのかは不明ですが、北朝鮮報道では「チュチェの旗印を高く掲げて力強く前進する朝鮮人民の闘争に全面的に支持」するらしいです。

本気で言ってるなら一度北の収容所にぶち込まれて、一ヶ月でマッチ棒になって世界観変えた方が良さそうです。

報道はこちら。

“本当にいるのか?『朝鮮人民の闘争に支持と連帯を表す 英国の人士』” の続きを読む

衆院選結果を受けての北朝鮮報道 『ア太委の代弁人、日本当局は朝鮮民族の対日敵愾心をはっきり知って軽挙妄動してはならない』

北朝鮮の報道は相変わらずの感情的かつ扇情的です。

基本、非難の仕方が日本の野党や左派知識人と同じ。

日本の良心的知識人の皆さんには、世界最高レベルの個人崇拝式独裁国家と同じ考え方や意見を持っていることに、少しは疑問を抱いてほしい。

まぁ、誰が言っているかより、何を言っているかを重視すべきだとは思うので、なんでもかんでも北朝鮮が言うことはNGだとは思いませんが。

だいたい軍事国家への道を走っているとか、戦争を起こそうとしているとか、なぜ北朝鮮をスルーして日本政府だけ延々責めるのか理解に苦しむ。

そういうことをやめないからリベラル政党がどんどん衰退していくんですよ。いい加減、理解してほしいものです。そういう点では「安保は現実路線」を掲げる希望の党の方が「責任野党」として評価できます。

さて、日本の衆院選の結果を受けての北朝鮮報道はこちら。

“衆院選結果を受けての北朝鮮報道 『ア太委の代弁人、日本当局は朝鮮民族の対日敵愾心をはっきり知って軽挙妄動してはならない』” の続きを読む