同じことを繰り返す対北朝鮮外交

北朝鮮が非核化に前向きな姿勢を示した!

こんな感じの報道が乱れ飛んでおります。

「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団に対し、米朝対話について「積極的に臨む用意がある」と表明したと明らかにした」

「金委員長が「(米朝対話で)非核化も議題として議論できる」と述べたと説明。さらに金委員長が「非核化の目標は先代の遺訓であり、先代の遺訓に変わりはない」と明言したことが注目に値すると強調」

「北朝鮮は、対話が続いている間は核実験や弾道ミサイルの試験発射など戦略的挑発を再開しないことを明言するとともに、核兵器や在来式兵器を韓国に対して使わないことも確約したという」

期待はしたいですが、どうせ同じことの繰り返しになるだろうな~という諦観をぬぐえないです。

“同じことを繰り返す対北朝鮮外交” の続きを読む

訪朝特使代表団 最後通牒か朝貢か?

世界中から、特に米国と日本から注目を集める韓国の訪朝特使代表団。果たして非核化への道筋をつけれるのか?

とりあえず金正恩はえらい良い笑顔です(トップ画像)

晩餐会も和気あいあいと行われた模様(まぁ写真だけではなんとも言えないですが)

昔、金日成・金正日と会談したときも、カリスマ性があるとか、隠れ改革者だとか色々な評価が乱れ飛んでいました。今思えば衆愚の極みでしたね~。

特に金正日が隠れ改革者で、内心は改革開放に導きたいのに北朝鮮の軍部強硬派のせいでできないんだ、だから追い詰めるのは良くない、むしろ宥和政策で金正日の後押しをすべし!という言論が幅を利かせてたくらいです。

実態は逆で、強硬派なのは金正日その人。

いいように支援物資取られて崩壊寸前の朝鮮人奴隷支配体制を補強するはめになりました。

さすがに同じ過ちは繰り返さないと信じたいですが、今回はどうなるか?

“訪朝特使代表団 最後通牒か朝貢か?” の続きを読む

収容所よりトップの豪遊にショックを受ける北朝鮮留学生

中朝国境で北朝鮮を自由化・民主化への道へ誘導すべく地下活動をしていた金永煥氏の著書『韓国民主化から北朝鮮民主化へ―ある韓国人革命家の告白』から、収容所の実態より、指導層の腐敗にショックを受ける北朝鮮留学生とのやりとりがあったので紹介しておきます。

収容所の地獄にも当然ショックを受けるのでしょうが、それ以上に「将軍様も空腹に耐えてるんだ、だから一緒に頑張ろう!」と呼びかけていながら、実は好き勝手に豪遊していた。こういうことの方がショックが大きいようです。

“収容所よりトップの豪遊にショックを受ける北朝鮮留学生” の続きを読む

限定攻撃をやるくらいなら、空から支援物資と銃を落としまくった方がいい

米国によるブラッディ・ノーズ作戦(=北朝鮮が反撃を躊躇するくらいの制限的な攻撃)や、核施設に的を絞った攻撃、首脳部を狙った斬首作戦。色んな作戦で机上戦争が繰り広げられています。

いつもネックになるのはソウルの脆弱性。北朝鮮から砲弾が降りそそぎ、ソウルが破壊されるという北朝鮮の軍事的優位。これが怖くて軍事攻撃ができず、北朝鮮の言うがままに韓国が翻弄されています。

消極的対応として経済制裁の徹底化以外に手段がないわけですが、これもあの手この手で抜け穴を見つけ、北朝鮮経済が窒息死しないよう対応してきます。

閉塞状態の対北圧力ですが、まったく新しい方法を考えてみたいと思います。

“限定攻撃をやるくらいなら、空から支援物資と銃を落としまくった方がいい” の続きを読む

ツッコみどころ満載の北朝鮮報道『日本は朝鮮民族の和解雰囲気がそんなにも快くないのか 朝鮮中央通信社論評』

北朝鮮の報道はツッコみどころが多すぎて本当に面白い。

24日の朝鮮中央通信の『日本は朝鮮民族の和解雰囲気がそんなにも快くないのか』という報道は特に凄い。

いちいちツッコんでみたいと思います。

“ツッコみどころ満載の北朝鮮報道『日本は朝鮮民族の和解雰囲気がそんなにも快くないのか 朝鮮中央通信社論評』” の続きを読む