米朝会談終了 評価はこれからの結果次第

米朝会談が終了しました。

あくまで「これから対話開始します宣言」ですから、中身はこれからの交渉次第。

北朝鮮が実質的な行動を起こさない限り、現状の経済制裁が維持できるかが成功のカギを握ることになります。

そして最初の山場は、核査察受け入れと在韓米軍撤退の綱引きになりそうです。

“米朝会談終了 評価はこれからの結果次第” の続きを読む

北朝鮮の体制維持 × 韓国並みの経済発展 = 世界の脅威

米朝会談に向けて色々な観測が出ています。

連日専門家があーでもないこーでもないと激論を交わしていますが、非核化に応じれば、北朝鮮の体制を保証し、韓国並みの経済発展が成し遂げられるとトランプ大統領が超無責任なリップサービスを繰り広げています。

そもそも、現在の凶悪な北朝鮮の体制が維持された状態で、韓国並みの経済発展を成し遂げたら、韓国はシャレにならない脅威を受けることになります。もちろん日本にとっても脅威ですが、韓国の方がはるかに被害が大きい。その辺、文在寅大統領は分かってるのかとっても不安です。

“北朝鮮の体制維持 × 韓国並みの経済発展 = 世界の脅威” の続きを読む

米朝会談の開催場所

米朝会談はシンガポール開催で進んでいます。

北朝鮮側は平壌開催をギリギリまで主張していたようですが、さすがに無理だった模様。

まだドタキャンの可能性もありますが、米国の準軍事同盟国であるシンガポールである飛行機で長距離移動するとは驚きました。

個人的に、シンガポールでやるくらいなら、ワシントンに行った方が北朝鮮の得になる気がします。

“米朝会談の開催場所” の続きを読む

南北は同じ民族か?

韓国崩壊 統一がもたらす瓦解のシナリオ』という2005年出版の本に、「そもそも南北は同じ民族なのか?」という根本的な問いかけがありました。

 

南北ともに統一機運を盛り上げる場合には「同じ民族」を強調しますが、そもそもその大前提が間違っているのではないか?という当然の疑問です。

平和共存も南北統一も、この「わが民族同士縛り」の呪縛から逃れないと話が進まないでしょう。「民族」を強調して、「自由」「人権」「民主主義」「市場経済」と言った、根本的な価値観を無視しても統一は遠のくばかりです。

「南北はあまりに違う、これでは同じ民族とは言えない」

こう言うと発狂する人たちもいるでしょうが、そろそろこの認識を一般常識化すべきだろうと思えます。

“南北は同じ民族か?” の続きを読む

マルコ・ルビオ共和党上院議員の北朝鮮に対する的確な見識

数日前ですが、アメリカABCニュースにマルコ・ルビオ共和党上院議員が出演し、米朝会談中止から再度開催決定に至るまでのトランプ外交について次のように述べていました。(北朝鮮に対する見方が非常に的確だったので、BS放送の日本語放送を文字起こし)

“マルコ・ルビオ共和党上院議員の北朝鮮に対する的確な見識” の続きを読む