朝鮮学校の歴史観と韓国左派の共通する傾向 朝鮮半島問題は米国が根本原因

都合の悪いことはなんでも米国と日本のせいにするのが脳内が従北汚染された方々の特徴です。まぁ一つも原因がないとは言いませんが、数字で表したら9割以上は北朝鮮の責任なのになぜか良否論になるのが本当に謎。

北朝鮮が言うならともかく、韓国や日本のジャーナリストや知識人が同じような論調になるのは呆れるしかない。

さすがとしか言いようがないのが、韓国の親北左派団体の主張。

ロウソク民主主義を率いた核心勢力である、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の 2017年9月4日の論評をみると、つぎのような主張が開陳されている。

「北朝鮮の核実験には懸念であるが、過去6回にわたる核実験を振り返ってみると、韓半島の核問題の根源は、米国の核攻撃の脅威を含む敵対的対北朝鮮政策にある……北米間の対決と戦争の危機の高まり、そして北東アジアの平和を根本から揺るがすことになるTHAAD配置強行が露骨になる状況で、朝鮮半島情勢を激化させるすべての軍事的行為と制裁措置を中断しなければならない」。

なぜ韓国は「核ミサイル危機」でも同盟関係を潰してしまうのか

北朝鮮が周辺国を核で威嚇するのは米国の敵視政策が原因という主張。

責任転嫁の極みです。

こういう姿勢は、1950年の朝鮮戦争に対する歴史観でも同じです。

露骨なのが親北人士養成教育をしている朝鮮学校の歴史教科書です。

“朝鮮学校の歴史観と韓国左派の共通する傾向 朝鮮半島問題は米国が根本原因” の続きを読む

『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』 韓国の80年代~90年代、主体思想派全盛期の大学

韓国民主化活動を経て、北朝鮮民主化活動を命がけで続けている金永煥氏の著書『韓国民主化から北朝鮮民主化へ―ある韓国人革命家の告白』に、たとえ昔の韓国が軍事独裁政権だったとしても、なぜ北朝鮮への崇拝につながるのかが理解できないというまっとうな若者の疑問が紹介されていました。

“『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』 韓国の80年代~90年代、主体思想派全盛期の大学” の続きを読む

神奈川新聞の報道 掲載したツイートが微妙

神奈川新聞に『〈時代の正体〉さらばツイッター ある在⽇コリアンの決別宣⾔』が掲載されていました。

やっかいな構図がここに凝縮されていて頭を抱えます。

まず、被害者が気の毒なのは間違いない。記者も善意で行動しているのも間違いない。在特会はじめ極右がろくでもないのもその通り。

いまいましいのはこういう被害者を表に立たせて、己の悪行への批判を回避しようとする連中がいることです。具体的には朝鮮総連と北朝鮮ですね。

そしてそのための道具として大変利用できるのが朝鮮学校。子供を己の政治目的のために利用させたら右に出る者なしです。

本当に舌打ちしか出ない。

そして、こういう記事に共感し怒りを燃え上がらせる良心的リベラルの人たちが気を付けるべきは、SNS関連の書き込みで「日本が右傾化している!」「排外主義が吹き荒れる恐ろしい社会がすぐそこまで来ている!」「差別主義者が跳梁跋扈している!」と主張する記事を書いたり、信じてはいけないということ。

その具体例がこの記事にありました。

“神奈川新聞の報道 掲載したツイートが微妙” の続きを読む

嫌韓になる思考回路ではなくインプットする情報が問題

左右両極端の本ばっかり読んでると脳みそが腐るので、まともな韓国専門家の本『嫌韓問題の解き方 ステレオタイプを排して韓国を考える (朝日選書)』で、嫌韓の何が問題かを的確に指摘している部分を紹介します。

こういう冷静な意見が左派側で主流になれば、左翼ではなく健全なリベラル勢力として大衆から支持も得られるようになるでしょう。

“嫌韓になる思考回路ではなくインプットする情報が問題” の続きを読む

なぜ史料がないのか?燃えたんじゃないか?⇒そもそも存在しないという発想にならないのが不思議

容赦なく韓国側の不誠実さをバッサバッサと切り捨てる本物の朝鮮半島専門家が書いた『韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』。日本の朝鮮史専門家の面白い逸話が紹介されていました。

李朝には荘園台帳の一冊もなかった

李朝社会には村界もなければ、荘園台帳の一冊もない。あるのは、流民の集まる粗放な同族中心の村と、所有権のない荒蕪地(こうぶち)ばかりである。当時は唯物史観が邪魔してそんなこともよく分からなかった。下関市立大学に籍を置いていたころ、九州大学の朝鮮史研究室が近いのでよく通ったものだった。

行くと私より年下の院生たちがいつも五、六人いた。ある日、李朝に荘園台帳がなぜないのか皆で議論になったことがある。ある者は「戦火で焼かれてしまったのでは?」と答えた。この人は今東大で朝鮮史を教えている。別の者が答えた。「寒いのでオンドルにくべてしまったのではありませんか」。この人も某大学で教授をしている

だが真相は荘園台帳自体がなかったのである。なぜならば、古代社会だったからだ。

韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』 P210-211

笑うしかない。

なぜ荘園台帳がないのか?と議論になり、「戦火で焼かれてしまったのでは?」「寒いのでオンドルにくべてしまったのでは?」と、「ないわけがない」という前提で議論しています。

こういう人たちが東大や大学で朝鮮史を教える教授をやっているそうです。困ったものですね。

“なぜ史料がないのか?燃えたんじゃないか?⇒そもそも存在しないという発想にならないのが不思議” の続きを読む