ネットの嫌韓保守がダメなところ

ネットで元気に韓国叩きしている自称保守のダメなところは、周り回って「あんた北朝鮮のこと信頼してんの?」と思えるようなことを言ってしまうところでしょう。

例えば、「韓国を生贄にして、北朝鮮に拉致被害者や竹島を返してもらおう」という発想なんかがそれです。

いやいやいや。

あなた北朝鮮が信頼できる交渉相手だとでも思ってます?とツッコミたくなる発言。

“ネットの嫌韓保守がダメなところ” の続きを読む

賛同できないなら来なきゃ良いのに反対派に参加を呼び掛ける謎な人々

東京の日の丸・太極旗デモでは、実行委員ではないのであまり関わっていないのですが、何がしたいのかよく分からない人が出てきている模様。

色んな人がいますが、加藤哲史氏とのやりとりをまとめておきます。

※凄まじく重いページになってると思いますが、ご了承ください。

「全く賛同できないが頑張って」とのこと。

意味が分からないですが、まぁ応援してくれるならありがたいことですね。

オブザーバーに荒木和博先生がいるからゴマすってるのだろうか?

謎な人たちです。

そして、次のツイートやFacebookコメントでさらに謎が深まり、理解に苦しむ。

“賛同できないなら来なきゃ良いのに反対派に参加を呼び掛ける謎な人々” の続きを読む

中曽千鶴子氏の困った虚言癖

2017.6.10に大阪で行われた日の丸・太極旗デモについて、中曽千鶴子さんが困ったデマを流していたのでまとめておきます。

それにしもてなぜこういうことをやるのかが謎です。

好意的に解釈すれば中曽さんが誰かにデマを吹き込まれた被害者なのでしょうが、どうも中曽さん個人の空想の産物であることも捨てきれない。

純粋に変な人から情報インプットされていて踊らされたのか、自分中心のデモじゃないから気に入らないのか、私のことがキライなのか。何度考えても何がしたいのかが分からない。

さくっと「あ!失敗しちゃった!次からは気をつけま~す」で終わらせればいいのに妙な言い訳を連発するので頭を抱える。

こういうことはほっとくと、他に騙されて痛い目をみる犠牲者が出てくるので、一連のやりとりをまとめておきます。

“中曽千鶴子氏の困った虚言癖” の続きを読む

朝日新聞の偏向報道糾弾 元祖は民団

知らない人が多いですが、朝日新聞の偏向報道を糾弾していた元祖は民団です。

朝日は、今では韓国の味方面していますが大嘘です。

朝日新聞は、昔っから反韓・親北です。

今も日韓関係を無意味に悪化させ、日韓断交という北の第一級戦略目標達成のためにせっせと偏向報道していたのが朝日新聞です。

北=地上の楽園、南=地上の地獄。

この構図にもっていこうとする朝鮮総連と長年結託してきたのが朝日新聞です。

そのことがよく分かる動画がこちら。1980年12月頃のようですが、民団が朝日新聞に対し、韓国への偏向報道をやめろと抗議しに行っています。

“朝日新聞の偏向報道糾弾 元祖は民団” の続きを読む

第2延坪海戦での韓国海士差別が日本の自衛隊差別と一緒

2002年の日韓サッカーワールドカップの裏で起きていた、第2延坪海戦。

金大中・廬武鉉と続く左派政権下で、完全に置き去りにされていた事件です。

軍人に対する冷酷さが、日本左翼の自衛隊ヘイトを彷彿とさせます。

韓国の有志がクラウドファンディングで資金を集め、韓国で映画化されたものが2016年4月に公開されています。DVDも発売されています。

韓国の保守も頑張っていますね。

“第2延坪海戦での韓国海士差別が日本の自衛隊差別と一緒” の続きを読む