北朝鮮史観では韓国は米帝支配71年目

朝鮮中央通信によると、韓国は米帝植民地体制71年目だそうです。

朝鮮の各紙 米軍の南朝鮮占領は民族的不幸と苦痛の禍根

【平壌9月8日発朝鮮中央通信】8日付の朝鮮の各中央紙は米帝侵略軍が南朝鮮を占領した時から71年になったことに関連して掲載した署名入りの記事で、米国の南朝鮮占領は自主的発展に対するわが民族の志向と権利を無残に踏みにじった許せない犯罪行為だと糾弾した。

「労働新聞」は論説で、米国の南朝鮮占領史は人民にあらゆる不幸と苦痛を与えた災難の歴史、わが民族の統一を阻んで朝鮮半島の平和を甚だしく脅かしてきた罪悪の歴史だとした。

同紙は、「解放者」の仮面をかぶって南朝鮮に入った米帝侵略軍の罪悪の歴史を振り返ってわが同胞は、米国こそ朝鮮民族に千秋の恨みを残した百年来の敵、不倶戴天の敵だということを再び骨身にしみるほど痛感しているとし、次のように指摘した。

にもかかわらず、朴槿恵逆賊一味は米国を神頼みにしていわゆる「同盟強化」を念仏のように唱えるかとすれば、米帝侵略軍の永久占領を哀願し、戦時作戦統制権転換を無期限延期する間抜けな妄動を働いた。

特に憎らしいのは、朴槿恵一味が民族を守り、朝鮮半島の平和と安定を守る同族の自衛的核抑止力をいわゆる「脅威」だと悪らつに言い掛かりをつけて、南朝鮮に米帝侵略軍の高高度迎撃ミサイルシステム(「THAAD」)を引き込もうと狂奔しているのである。

今、民心の糾弾、排撃を受けて極度の統治危機に瀕した朴槿恵一味は米国上司にさらにすがりついている。

かいらい保守一味の親米事大・売国行為に終止符を打ち、南朝鮮から米帝侵略軍を撤退させるのは先送りすることのできない差し迫った時代的課題である。

「民主朝鮮」紙は、北・南・海外の全同胞は米帝の南朝鮮占領にピリオドを打つための民族挙げての闘争をいっそう力強く展開することによって外部勢力を追い出し、わが民族同士が力を合わせて自主統一を必ず成し遂げていくだろうと強調した。

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this』 2016.09.08の記事

何もかもが理解できない。

要は、「アメリカが何もかも悪い。俺は悪くない」式のガキのたわごとですね。 “北朝鮮史観では韓国は米帝支配71年目” の続きを読む

安倍首相の親韓外交を評価しない人々は北朝鮮の手先なのか?

めでたく日韓スワップが締結されましたが、影の立役者はバイデン米副大統領であり、安倍総理だったようです。

米副大統領「日韓首脳の仲取り持った」
米誌に語る

【ワシントン=川合智之】バイデン米副大統領は26日付の米誌アトランティック(電子版)のインタビューで、安倍晋三首相の依頼を受けて韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領との間を取り持ったと述べた。従軍慰安婦問題を巡る昨年12月の日韓合意に向けた首脳会談への地ならしをしたとみられる。

バイデン氏は「安倍首相と会談したときに『朴氏とのことを助けてくれませんか』と言われた」と明かした。これを受け朴氏に電話し、首相の意向を伝えたという。「(日韓)合意の交渉はしていないが、2人とは個人的関係があり信頼があった」として「結婚生活を元に戻す調停委員の役割を担った」と話した。

安倍首相と朴氏は2015年11月にソウルで初めて会談。同年末に元慰安婦の支援などで合意した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H1C_X20C16A8NNE000/

“安倍首相の親韓外交を評価しない人々は北朝鮮の手先なのか?” の続きを読む

「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない

今までの反動なのか、昔の日本人に妙な幻想を抱いている方々が増えているように思えます。

はっきり言って非常に恥ずかしいのでやめてほしい。

この辺は『大韓民国の物語』のまえがきで、韓国に対する鄭大均教授の指摘と同じ感想を日本の保守に対して抱いてしまいます。

日本統治の問題であれ、分断の問題であれ、韓国には多様な意見があるが、日本にこれまで紹介されてきたのは前述の民族ナショナリズムの系譜にある人々のもので、北朝鮮についても日本についても異口同音の内容が多すぎた。姜萬吉や宋建鎬や崔章集や池明観といった面々の著作がそれである。

といっても、保守派の側にいい作品があるというわけではない。これは保守派のみの傾向というわけではないが、韓国人による韓国論にしばしば見てとれるのは独特のナルシシズムで、それは韓国の外で自己形成をしたものには、韓国人に対する敬意をむしろ減退させてしまうものである。韓国には特別な受難の歴史があり、韓国人には特別な道徳心や知性があるなどという発想は、半島の外に住む人間に通用するわけがない。本書はおおまかにいえばその保守派、つまり反共ナショナリズムの系譜から生まれた本といえるが、そのマンネリズムの産物というよりは、刷新の産物であって、韓国保守派の歴史において画期的な意味をもつ本である。

(※鄭大均・首都大学東京教授のまえがきより)

大韓民国の物語』 李榮薫著 P5-6

この本は「横暴な民族主義」が幅をきかせてある韓国で、李榮薫教授が「人民裁判式」のリンチを受けるリスクを覚悟の上で書かれたかなり素晴らしい著書です。興味のある方はぜひご一読ください。

個人的に、日本の歴史書で一番お勧めなのは故・岡田英弘先生の著書で、韓国なら李榮薫教授の本ですね。二人とも、「歴史とは何か?」という命題に自分の答えを出して、定義しています。こういう人たちこそが、本当の知識人と言えると思います。 “「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない” の続きを読む

先祖の英霊にあきれられる「靖国参拝論争」

パラパラと図書館で戦前のニュースを読んでいたら、靖国神社参拝について昔から同じようなことで論争していたことが分かる記事を見つけたので紹介しておきます。

昭和7年(1932年)10月13日の読売の記事のようですが、こういうのを読むと、人間って昔っから同じようなことをしていたんだな~、と遠い目になりますね。 “先祖の英霊にあきれられる「靖国参拝論争」” の続きを読む

国連の場で大川隆法に神道と天皇陛下が侮辱されているのに激怒しない保守

日本の保守言論人のダメさ加減が良く分かる動画をご紹介しましょう。

安倍首相と朴槿恵大統領の英断である慰安婦合意後、これを破綻させようと愛国者の仮面をかぶった従北偽装保守の皆さんがせっせと活動されています。

最悪なのが幸福実現党。この動画をご覧ください。 “国連の場で大川隆法に神道と天皇陛下が侮辱されているのに激怒しない保守” の続きを読む