「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない

今までの反動なのか、昔の日本人に妙な幻想を抱いている方々が増えているように思えます。

はっきり言って非常に恥ずかしいのでやめてほしい。

この辺は『大韓民国の物語』のまえがきで、韓国に対する鄭大均教授の指摘と同じ感想を日本の保守に対して抱いてしまいます。

日本統治の問題であれ、分断の問題であれ、韓国には多様な意見があるが、日本にこれまで紹介されてきたのは前述の民族ナショナリズムの系譜にある人々のもので、北朝鮮についても日本についても異口同音の内容が多すぎた。姜萬吉や宋建鎬や崔章集や池明観といった面々の著作がそれである。

といっても、保守派の側にいい作品があるというわけではない。これは保守派のみの傾向というわけではないが、韓国人による韓国論にしばしば見てとれるのは独特のナルシシズムで、それは韓国の外で自己形成をしたものには、韓国人に対する敬意をむしろ減退させてしまうものである。韓国には特別な受難の歴史があり、韓国人には特別な道徳心や知性があるなどという発想は、半島の外に住む人間に通用するわけがない。本書はおおまかにいえばその保守派、つまり反共ナショナリズムの系譜から生まれた本といえるが、そのマンネリズムの産物というよりは、刷新の産物であって、韓国保守派の歴史において画期的な意味をもつ本である。

(※鄭大均・首都大学東京教授のまえがきより)

大韓民国の物語』 李榮薫著 P5-6

この本は「横暴な民族主義」が幅をきかせてある韓国で、李榮薫教授が「人民裁判式」のリンチを受けるリスクを覚悟の上で書かれたかなり素晴らしい著書です。興味のある方はぜひご一読ください。

個人的に、日本の歴史書で一番お勧めなのは故・岡田英弘先生の著書で、韓国なら李榮薫教授の本ですね。二人とも、「歴史とは何か?」という命題に自分の答えを出して、定義しています。こういう人たちこそが、本当の知識人と言えると思います。 “「昔の日本人はめっちゃ素晴らしい論」はありえない” の続きを読む

先祖の英霊にあきれられる「靖国参拝論争」

パラパラと図書館で戦前のニュースを読んでいたら、靖国神社参拝について昔から同じようなことで論争していたことが分かる記事を見つけたので紹介しておきます。

昭和7年(1932年)10月13日の読売の記事のようですが、こういうのを読むと、人間って昔っから同じようなことをしていたんだな~、と遠い目になりますね。 “先祖の英霊にあきれられる「靖国参拝論争」” の続きを読む

国連の場で大川隆法に神道と天皇陛下が侮辱されているのに激怒しない保守

日本の保守言論人のダメさ加減が良く分かる動画をご紹介しましょう。

安倍首相と朴槿恵大統領の英断である慰安婦合意後、これを破綻させようと愛国者の仮面をかぶった従北偽装保守の皆さんがせっせと活動されています。

最悪なのが幸福実現党。この動画をご覧ください。 “国連の場で大川隆法に神道と天皇陛下が侮辱されているのに激怒しない保守” の続きを読む

事実を重視して相対評価できない馬鹿な保守が北朝鮮を過小評価する

北朝鮮の日本国内への工作力を過小評価している方が多すぎるようです。というかテレビやメディアに出てくる北朝鮮専門家の方々がそういう印象操作をしてきますよね。

まぁ絶頂期に比べれば小さくなったでしょう。ですが、100万が10万になった!10分の1だから小さくなった!!と言ってるようなものです。断じて無視してよい勢力などではないはずです。

中国コミンテルン、日本共産党がネット上でフィーバーしていますが、それらと比べてどうか、事実を並べて相対評価すべきでしょう。

今の朝鮮学校を中国に例えてみましょう。

  1. 全国津々浦々に幼稚園から大学まで一貫して超閉鎖的な教育をする孔子学園がある。
  2. 〇〇周年記念には、毛沢東と鄧小平の肖像画が掲げられて、大祝祭を行っている。
  3. 毎年、正月公演に学校の子供を動員し、「敬愛する習近平様」と褒め称える公演をさせている。

例えるならこんな感じでしょう。もし中国がこれをやっていたら大騒ぎしますよね?なぜか北朝鮮だとスルーする。今まであったから慣れちゃった、ということもあるでしょうが、中国で例えればいかにありえないことをやってのけているのかが分かりますよね?

総連60周年式典で、この肖像画が毛沢東と鄧小平だった場合、どれだけ保守言論人やメディアが騒ぐか想像してもらいたい。

(※https://youtu.be/PJWmPwMDrdI?t=46s

朝鮮総連60周年記念大祭

 

が、みんな騒がない。沈黙しています。

ちょいちょいテレビにも出ている脱北者でもある高政美代表が、長年朝鮮学校のことを訴えていますが、ソルマジ公演など、どうやっても地上波では流れずどこかで止められます。

だいたい「先軍祭り」とか言ってキャッキャと楽しめる人が一番有名な北朝鮮専門家ですから日本の従北汚染も深刻です。

先軍政治でどれだけの人間が殺されたと思っているのか、、、。

もしユダヤ人がナチスドイツ祭りをやっていたら、私はその人が狂っていると判断するでしょう。そういう人物が日本の北朝鮮専門家だということです。

韓国が北朝鮮化していると保守は騒ぎますが、日本だって十二分に危険でしょう。

それこそ元総連活動家の証言で、とんでもない工作活動をやりまくっていた事実が明らかになっているわけです。それなのに取り締まれない。どれだけ政府、メディア、学界に食い込んでいるのか本当に心配です。この辺は韓国が従北市民団体を取り締まれない構図と似ています。

浸透工作で真っ先に狙われるのが、教育とメディアです。何気に昨今の愛国馬鹿路線の歴史観はかなり煽られているな、と感じています。

総連は確かに衰退したでしょう。だからと言って無視して良い存在ではありません。ネットの嫌韓論調も相当煽られています。だいたい韓国が一番嫌いなのは北朝鮮ですから。特に保守が嫌いです。つまり北朝鮮は朴槿恵大統領が大嫌いです。その意向に沿って、韓国を貶める言説を書き散らかしているのが北朝鮮と総連の活動家たちでしょう。
(※こういう脅迫で言うことを聞かせていることを理解すべきです。『今も続く北朝鮮労働党による在日への人質ビジネス』)

ネットなど匿名でどうとでも書けるわけです。ソルマジ公演という子供の人権蹂躙行為を何十年も隠し続けている情報操作力に戦慄すべきと思います。事実を重視し、相対評価すれば、いかに注意が必要かが分かるはずです。

そういう点では、安倍首相と朴槿恵大統領のコンビは良い外交を展開しています。朴槿恵大統領など韓国の従北勢力フルボッコ中ですからね。そりゃ日本としては当然応援するでしょう。アメリカだって大使が切り付けられても、激甘な対応になるわけです。

日米韓の政府はちゃんと敵が誰かを分かっていますね。

それを邪魔するのが日本の従北左翼と、レイシスト右翼だと言えます。こういう連中は積極的に撃滅していくべきでしょう。

関連記事:

在特会に入り込んで差別を作りだす朝鮮総連

 在特会は朝鮮総連がコントロールしている組織でしょう。ちなみに証拠云々を求めるのはおバカさんです。裏工作に証拠が出てくるわけないですから。こういうのは、総体的に見て誰が一番利益を得ているか?ということと、工作は当然やっている、自分が北朝鮮ならどうやるだろう?という想定のもとに分析することが大事です。

 だいたい在日特権だのなんだのとぐだぐだ言って、街頭デモでは「日韓断交~!」とひたすら叫んでいる時点で、「おいおい、在日特権はどこにいった?」と言いたくなります。

 といってもそれだけでは根拠が薄いので、個人的にこれは決定的だな、と思った無視できない情報を紹介します。出典元は、安田浩一さんの著書『ネットと愛国』からです。 “在特会に入り込んで差別を作りだす朝鮮総連” の続きを読む