『日本は朝鮮人によって支配されている』という陰謀論

日韓断交という北朝鮮の戦力目標達成のために、日々保守サイドからの対日工作をしておられる従北偽装保守本の筆頭、ジャパニズム。

余命三年時事日記の漫画が第二話にして笑わせてくれました。

戦後日本は、朝鮮人によって支配されているそうです。

この国は・・・

日本は・・・

日本人は・・・

朝鮮人によって支配されているんだ

な、なんだってーーーーーーーーーーッ!!

“『日本は朝鮮人によって支配されている』という陰謀論”の続きを読む

引揚者の歴史改ざんを開始した従北右翼

ジャパニズムで絵にかいたような従北右翼言論を展開している余命三年時事日記の漫画。

特徴は北朝鮮最大の仮想敵国、韓国を日本を使って攻撃させること。

あと北朝鮮と総連がやったことを、韓国や在日「全体」に責任転嫁する情報操作もせっせとやっておられます。

この余命三年時事日記の漫画、戦後の混乱期に不届きな朝鮮人が大暴れしたことを取り上げているのですが、なぜか38度線の北と南で天と地ほどの差があったことは分からないようにしているように見受けられます。

これから漫画がどう展開していくか不明ですが、おそらくこの方針は変わらないでしょう。

そもそも当時の朝鮮人を非難するのはお門違いです。

なにせ当事者能力ないですから。

同じ理由で樺太の残留朝鮮人の件を日本政府に文句言うのはお門違いです。

なにせ当事者能力ないですから。

文句を言うならソ連と、ソ連に対して自国民を返せと要求しなかった、北朝鮮や韓国に言うべきでしょうね。

そして戦後の朝鮮半島内での略奪や婦女暴行を非難するならソ連と米国でしょう。

大暴れする一部の朝鮮人犯罪者を取り締まらなかったわけですから。 “引揚者の歴史改ざんを開始した従北右翼”の続きを読む

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その6 ~Let’s 民団叩き~

前回の続きです。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~』)

青林堂のような従北偽装保守言論の特徴は、大変問題の多い北朝鮮や朝鮮総連に絞って批判すりゃいいのに、なぜか韓国や民団をひとまとめにして在日全体の問題にすりかえようとするところ。

別に韓国や民団に問題がないとはいいませんが、北朝鮮と総連に比べたらどうでもいいレベルです。

まぁこれは韓国にも言えることなんですけどね。日帝だの親日派清算だの言ってる暇があるなら国土の北半分の乗っ取られて、北の同胞が朝鮮民族から金日成民族へと民族浄化されてるのに、そちらはスルーしてせっせと70年前のこと持ち出して日本と無意味な戦いしているわけですから。

この辺の敵同士を争わせる手腕は共産主義のお家芸です。スターリンに踊らされて日米が戦争して、世界の半分が共産主義で赤く染まったわけですが、昨今の日韓歴史論争も構図は一緒です。

日韓ともに歴史からなんも学んでないですね。笑ってしまう。

この不毛な争いを炎上させるべく、せっせと燃料を投下する役目を負った方々が、従北偽装保守の皆さんです。

拉致被害者を奪還せよ!と声高に叫ぶわりには北朝鮮が喜ぶことを平気でやる神経が信じがたい。

本来味方にすべき相手をわざわざ敵側に押しやる役目を喜々としてやっているのが、坂東氏のような「自称」保守言論人でしょう。

今まで坂東氏の統計詐欺の手法を紹介してきましたが、従北偽装保守の特徴である民団叩きをしている箇所にツッコミを入れたいと思います。

“『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その6 ~Let’s 民団叩き~”の続きを読む

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~

前回の続きです。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~』)

今回は特徴のまったく違う母集団を比較するという、統計詐欺の手法を指摘したいと思います。

坂東氏は著書『在日特権と犯罪』の中で、日本人を「1」として、各国ごとの犯罪検挙率を算出しています。

その内容はこれ。

“『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その5 ~性質まったく異なるものを比較~”の続きを読む

『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~

前回からの続き。(『『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その3 ~印象操作を平気でやる~』)

統計データの母数を隠蔽して印象操作したり、とにかく「韓国・朝鮮」を問題視させるよう読者を誘導している点を指摘してきました。

坂東氏の判断回路がかなり狂ってるな~と思わされたのが、「車上あらし」と「自動車窃盗」での書き方です。

“『在日特権と犯罪』に見る詐欺師の論法 その4 ~罪の軽重が狂っている~”の続きを読む