菅野完氏『保守の本分』 米帝という単語が登場

日本会議本で有名になった菅野完氏。

こういう本も出しています。

ここで面白いのが、領土問題に関する記述。

共産党と意見が一致しているそうなのですが、いまだにソ連のプロパガンダを引きずっていて笑えます。だいたいこういう結論に導こうとしてきます。

「領土問題は日本と諸外国に分断するための米帝の陰謀」

もうね、この思考回路は「反米病」という名の病気と言っても過言ではない。

こういう一昔前の共産主義者がやってきたプロパガンダを保守の名を使ってせっせと啓蒙する。本当にやめていただきたいものです。

その内容はこちら。

“菅野完氏『保守の本分』 米帝という単語が登場” の続きを読む

こういうデモは拉致運動にとって逆効果

本気でこのデモで拉致被害者が返ってくると思っているのか本当に謎。

逆効果でしかないんですけども。

一般人から白い目で見られて、どうやって拉致問題が国民運動になるというのか。

もはや北の手先ですよね。足引っ張ってるわけですから。

利敵行為ならぬ、利”北”行為を働く売国奴といったところか。

この感性どうにかならんものか。

そりゃ拉致問題を利用するな!とカウンター側から言われます。

まぁ差別差別というわりに、北の魔の手から朝鮮学校の子供を保護しない最悪な在日差別にはダンマリする。こういう二重基準も最悪ですが。

そういう意味では、この手の右翼デモは分かりやすい分良いかもしれません。

「あ、変な人たちがいる」で終了ですから。

それよりも、差別差別、ヘイトヘイトと人権の看板を掲げながら、朝鮮学校の子供の未来を北の独裁者にうっぱらうことに加担する「善意の加害者」が最も危険だろうと思います。

一見、正しいことをしているように見える。これほど危険なことはない。

実際、そのやり口で何十年も子供の未来が強奪されつづけてるわけです。

いい加減、おバカな右翼デモに文句いいに言ってる暇があるなら、北と総連から子供を保護するよう政府に文句を言ってもらいたいものです。

朝鮮総連の代弁者 桜井誠

従北左翼の理想的な右翼像を実践して、従北左翼側の内部の結束を高めることに大変貢献しておいられる在特会元会長の桜井誠氏。

もはや朝鮮総連の代弁者と言える彼の書いた本を読むと、従北右翼の任務がよく分かります。

特徴は、次のような点。

  • 政治犯収容所の残虐さなど北朝鮮が触れてほしくないことはスルーする。
  • もちろん帰国事業で北送された、在日朝鮮人や日本人が政治犯収容所でどのように殺されたかも絶対に触れない。
  • 60年代、70年代、朝鮮総連が今までやっていた韓国非難を、愛国の仮面をかぶって代行。
  • す~っと反日扇動をしていたのは北朝鮮と朝鮮総連なのに、それを韓国と民団にすりかえる。(「のりこえねっと」、もとい「すりかえねっと」の面々もビックリ)

桜井氏の著書からこりゃまた絶妙だな~と思った内容を紹介します。

“朝鮮総連の代弁者 桜井誠” の続きを読む

『日本は朝鮮人によって支配されている』という陰謀論

日韓断交という北朝鮮の戦力目標達成のために、日々保守サイドからの対日工作をしておられる従北偽装保守本の筆頭、ジャパニズム。

余命三年時事日記の漫画が第二話にして笑わせてくれました。

戦後日本は、朝鮮人によって支配されているそうです。

この国は・・・

日本は・・・

日本人は・・・

朝鮮人によって支配されているんだ

な、なんだってーーーーーーーーーーッ!!

“『日本は朝鮮人によって支配されている』という陰謀論” の続きを読む

引揚者の歴史改ざんを開始した従北右翼

ジャパニズムで絵にかいたような従北右翼言論を展開している余命三年時事日記の漫画。

特徴は北朝鮮最大の仮想敵国、韓国を日本を使って攻撃させること。

あと北朝鮮と総連がやったことを、韓国や在日「全体」に責任転嫁する情報操作もせっせとやっておられます。

この余命三年時事日記の漫画、戦後の混乱期に不届きな朝鮮人が大暴れしたことを取り上げているのですが、なぜか38度線の北と南で天と地ほどの差があったことは分からないようにしているように見受けられます。

これから漫画がどう展開していくか不明ですが、おそらくこの方針は変わらないでしょう。

そもそも当時の朝鮮人を非難するのはお門違いです。

なにせ当事者能力ないですから。

同じ理由で樺太の残留朝鮮人の件を日本政府に文句言うのはお門違いです。

なにせ当事者能力ないですから。

文句を言うならソ連と、ソ連に対して自国民を返せと要求しなかった、北朝鮮や韓国に言うべきでしょうね。

そして戦後の朝鮮半島内での略奪や婦女暴行を非難するならソ連と米国でしょう。

大暴れする一部の朝鮮人犯罪者を取り締まらなかったわけですから。 “引揚者の歴史改ざんを開始した従北右翼” の続きを読む