『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』 韓国の80年代~90年代、主体思想派全盛期の大学

韓国民主化活動を経て、北朝鮮民主化活動を命がけで続けている金永煥氏の著書『韓国民主化から北朝鮮民主化へ―ある韓国人革命家の告白』に、たとえ昔の韓国が軍事独裁政権だったとしても、なぜ北朝鮮への崇拝につながるのかが理解できないというまっとうな若者の疑問が紹介されていました。

“『韓国民主化から北朝鮮民主化へ』 韓国の80年代~90年代、主体思想派全盛期の大学” の続きを読む

なぜ史料がないのか?燃えたんじゃないか?⇒そもそも存在しないという発想にならないのが不思議

容赦なく韓国側の不誠実さをバッサバッサと切り捨てる本物の朝鮮半島専門家が書いた『韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』。日本の朝鮮史専門家の面白い逸話が紹介されていました。

李朝には荘園台帳の一冊もなかった

李朝社会には村界もなければ、荘園台帳の一冊もない。あるのは、流民の集まる粗放な同族中心の村と、所有権のない荒蕪地(こうぶち)ばかりである。当時は唯物史観が邪魔してそんなこともよく分からなかった。下関市立大学に籍を置いていたころ、九州大学の朝鮮史研究室が近いのでよく通ったものだった。

行くと私より年下の院生たちがいつも五、六人いた。ある日、李朝に荘園台帳がなぜないのか皆で議論になったことがある。ある者は「戦火で焼かれてしまったのでは?」と答えた。この人は今東大で朝鮮史を教えている。別の者が答えた。「寒いのでオンドルにくべてしまったのではありませんか」。この人も某大学で教授をしている

だが真相は荘園台帳自体がなかったのである。なぜならば、古代社会だったからだ。

韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』 P210-211

笑うしかない。

なぜ荘園台帳がないのか?と議論になり、「戦火で焼かれてしまったのでは?」「寒いのでオンドルにくべてしまったのでは?」と、「ないわけがない」という前提で議論しています。

こういう人たちが東大や大学で朝鮮史を教える教授をやっているそうです。困ったものですね。

“なぜ史料がないのか?燃えたんじゃないか?⇒そもそも存在しないという発想にならないのが不思議” の続きを読む

日韓歴史教科書論争の実態 ~韓国が左翼政権のときにしか発生せず、かつ学者ではなく政争屋との罵りあい~

北朝鮮専門家の古田博司先生の著書『韓国・韓国人の品性 (WAC BUNKO 261)』で日韓の歴史教科書論争面白いことが書かれていました。

先日投稿した『本物の韓国専門家は安易な嫌韓にも親韓(=反・嫌韓)でもない』で紹介した小倉紀蔵先生が左よりのまっとうな半島専門家だとしたら、古田先生は右よりのまっとうな半島専門家だと思っています。

『韓国・韓国人の品性』というタイトルだけ見てネトウヨ本だ~!と拒否反応を示す人が多そうですが、他の低レベルなものとは全然違います。

膨大な研究と自己の経験に裏付けされた”韓国との付き合い方指南書”と言えます。

その中で日韓歴史教科書論争の中身が実際どのようなものかが紹介されていました。

“日韓歴史教科書論争の実態 ~韓国が左翼政権のときにしか発生せず、かつ学者ではなく政争屋との罵りあい~” の続きを読む

本物の韓国専門家は安易な嫌韓にも親韓(=反・嫌韓)でもない

読めば読むほど考え方が偏る嫌韓本や、同じく逆方向に考え方が偏る反・嫌韓本。どちらも色々読みましたがやっぱり落ち着く先は本物の韓国専門家の良書でしょう。

今回は左より(左の人が好意的に読める)の良書『嫌韓問題の解き方 ステレオタイプを排して韓国を考える (朝日選書)』から、「反・嫌韓派」の人も気をつけないと同じ穴のムジナですよ、という部分を紹介します。

“本物の韓国専門家は安易な嫌韓にも親韓(=反・嫌韓)でもない” の続きを読む

女性国際戦犯法廷 北朝鮮の証言を使う弁護人不在の魔女狩り裁判

慰安婦問題に長年取り組んできた人たちが自画自賛する「女性国際戦犯法廷」。

実際は被告に対する弁護人もなく(常識的な法治の概念から著しく逸脱している)、シナリオが決まったただの魔女狩り裁判でした。

これらの慰安婦問題に熱心に取り組んできていた人たちの欺瞞を告発しているのが『崩壊 朝日新聞』。

朝日の謝罪から追及する声は下火になっていますが、朝日の罪は善意を掲げて韓国を赤い独裁体制側に押しやってしまったことでしょう。朝日の罪は反日ではなく、従北です。

おかげ様で北とガッツリつながっている危険な市民団体が、韓国を瓦解させるような行動を熱心にやるようになってしまいました。

朝日の言う日韓友好は「プラス北朝鮮とも仲良くしよう」という意思が隠蔽されています。そこが朝日の危険な点です。

“女性国際戦犯法廷 北朝鮮の証言を使う弁護人不在の魔女狩り裁判” の続きを読む