強盗と同じ発想の北朝鮮

李相哲先生の著書、『金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか』ですが、無視できない内容がてんこ盛りです。

産経で定期連載されたものを本にしたものですが、金正恩体制の北朝鮮がどういうものかを知る良書だと思います。

従北左翼の皆さんがせっせと産経批判して信憑性を貶めようと頑張るのも理解できます。

その中で、北のやり口をよく表現されているなと思った金正日と部下のやりとりがこれ。 “強盗と同じ発想の北朝鮮”の続きを読む

全てがブーメランになっている北朝鮮のアニメ 『<歴史漫画映画>高朱蒙』

ツッコミどころ満載の北朝鮮アニメ。

繰り返し出てくるセリフは「自分の同族とは戦わない」。

笑わせます。

スターリンと毛沢東に両手スリスリごますって朝鮮戦争を引き起こしたA級戦犯が金日成なのに、その戦犯を神格化している集団が、「自分の同族とは戦わない」というプロパガンダ映画を作っているのを見ると目が点になります。 “全てがブーメランになっている北朝鮮のアニメ 『<歴史漫画映画>高朱蒙』”の続きを読む

中国と北朝鮮は根が一緒

よく韓国と北朝鮮は根が一緒だとありえない主張をする従北さんたちがいますが、根が一緒うんぬんを言うなら中国こそ一緒です。

まぁ厳密に言えば、中国共産党と北朝鮮労働党でしょうか。

私が一番尊敬する歴史学者である岡田英弘先生が、著書で国の性格は建国神話で規定されるとおっしゃっていました。

建国神話から見れば、中国と北朝鮮ほど類似性が高いものはないでしょう。 “中国と北朝鮮は根が一緒”の続きを読む

禁止することで逆効果を生むパターン

イスラム化するヨーロッパ (新潮新書)』で、ブルカ禁止措置のことが書かれてありました。

意味のない禁止措置をすると、弾圧だ!の大合唱が始まって狙った効果とは逆の結果を生むという良い事例と言えます。 “禁止することで逆効果を生むパターン”の続きを読む

檀君神話を猛プッシュする北朝鮮

古朝鮮や檀君神話がちょいちょい流行っているようです。

まぁ古代ロマンで楽しむのは人間の趣味みたいなものですから、別に悪いことではないのですが、半万年の民族意識を高揚させて北朝鮮と連携して南北統一を成し遂げよう!という困った従北さんたちを生み出すのはやめてほしいものです。

개천절, 민족의 기개 넘친 단군제례

朝鮮新報で北の「檀君祭」についての記事がありました。

最後の一言が笑える。 “檀君神話を猛プッシュする北朝鮮”の続きを読む