嫌韓になる思考回路ではなくインプットする情報が問題

左右両極端の本ばっかり読んでると脳みそが腐るので、まともな韓国専門家の本『嫌韓問題の解き方 ステレオタイプを排して韓国を考える (朝日選書)』で、嫌韓の何が問題かを的確に指摘している部分を紹介します。

こういう冷静な意見が左派側で主流になれば、左翼ではなく健全なリベラル勢力として大衆から支持も得られるようになるでしょう。

“嫌韓になる思考回路ではなくインプットする情報が問題” の続きを読む

北朝鮮がミサイル発射 今後の展開は?

約2カ月半ほど沈黙していた北朝鮮がとうとうミサイルを発射。今後の展開を予想してみたいと思います。

まず中国が石油を完全に停止するよう国際社会が圧力をかけるでしょう。

それを中国が飲むかどうかが大きな分かれ道。

習近平一強体制が確立した後に高官を派遣し、北朝鮮の暴発を抑えられるかが注目されていた中でのこのミサイル発射。中国は面子丸つぶれです。

しかし、本当に全面禁輸したら北朝鮮も持ちません。そうなったら北朝鮮が北京に核を落とすぞと脅迫するでしょう。直接的には言わずに婉曲かつ遠回しに言うでしょうが。

今後の展開について色んなパターンを考えてみます。

“北朝鮮がミサイル発射 今後の展開は?” の続きを読む

もはや守旧派となり果てた共産党

読売新聞で年代別に政党の左派or右派傾向を調査したグラフが出ていました。週刊ダイヤモンドの左派vs右派特集でも取り上げられてましたが、面白い結果になっています。

まぁそうなるわなと思えるのが若い世代ほど共産党を保守的(=守旧派)だと認識しており、自民党に対しては若い世代ほど左によって中道的だと思われています。

“もはや守旧派となり果てた共産党” の続きを読む

北朝鮮の民衆のためにも経済制裁は徹底してやった方が良い

90年代の苦難の行軍で大量の餓死者が出ました。

それについて条件をつけて人道支援を躊躇し、しっかりやらなかったからという有識者もいます。

それはそれで一理あるでしょうが、現在は90年代とは違います。今の状況ならどんどん制裁を強化した方が良いでしょう。

それも北朝鮮の一般民衆のことを考えるならばこそ、やるべきです。

“北朝鮮の民衆のためにも経済制裁は徹底してやった方が良い” の続きを読む

胡散臭い扇動ツイートから差別の大合唱が始まる

匿名のネットでは、たびたび胡散臭いツイートが散見されます。

大変嘘くさい、かつ証明責任を全く果たしていないツイートがえらく拡散されてました。

その内容はこちら。

おばあさんが「大きな荷物持っちゃって。中に死体入ってるんじゃないの。彼氏殺して」と言ってきたそうです。そして、「ヘイトスピーチ恥ずかしいよ!」と怒ったそうです。

確かにヤバイですね、その”おばあさん”が。

一個人の狂った発言を日本全体に転嫁して、日本ヤバイよとか言われてもまったく共感できない。

普通なら「はぁ?あんた何言ってんの?頭おかしいんじゃない!?」と怒ると思うのですが、「ヘイトスピーチ恥ずかしいよっ!」だそうです。

微妙過ぎる。

“胡散臭い扇動ツイートから差別の大合唱が始まる” の続きを読む