米第2師団創設100周年記念コンサート潰しと百田尚樹講演会潰し

韓国の反米団体が、紅衛兵のごとくイベントを潰しておられます。

韓米分断の先兵として、将軍様のご意向通り活動してますね。

日本でも似たような事件はあります。百田尚樹氏の講演会潰し。

紅衛兵市民を扇動したのは、反レイシズム情報センター(ARIC)の梁英聖氏。

著書の『日本型ヘイトスピーチとは何か: 社会を破壊するレイシズムの登場』を読む限り、典型的な従北さんですね。

この本、なかなかの名著です。

「北の、北による、北のための在日の歴史」に登場する在日神話をフルコンプリートしています。

「典型的な従北」というのは、無自覚な従北でもあります。情緒と価値観が北にとって都合の良い方向に形成されているので、将軍様の命令がなくともせっせと従北行動に邁進します。

北の歴史洗脳を受けた、憐れな操り人形といったところか。

そもそも在日一世、二世を殺しまくった暴君に感謝し、褒めたたえる教育をしている朝鮮学校に何も言わないどころか、維持することに加担している時点で差別を語る資格などないでしょう。

著書の経歴では東京都立大学卒となっていますが、高校までどの学校通ってたのか気になりますね。おそらく朝鮮学校卒業生じゃなかろうかと予想しています。

“米第2師団創設100周年記念コンサート潰しと百田尚樹講演会潰し” の続きを読む

『関東大震災 朝鮮人虐殺の真実』にみる従北神話の崩壊

慰安婦問題だけでなく、強制徴用工、映画にもなった軍艦島、関東大震災の朝鮮人虐殺。

昨今では日韓分断を目指した従北コンテンツが目白押しです。

疲れるわ~。

そんな暇あるなら現在進行形で朝鮮人の自由をはく奪し、収容所の恐怖支配に苦しむ人たちのために何かしたらどうなの?と言いたくなる。

関東大震災の朝鮮人虐殺についてはこの本を読むべきでしょう。

“『関東大震災 朝鮮人虐殺の真実』にみる従北神話の崩壊” の続きを読む

菅野完氏『保守の本分』 米帝という単語が登場

日本会議本で有名になった菅野完氏。

こういう本も出しています。

ここで面白いのが、領土問題に関する記述。

共産党と意見が一致しているそうなのですが、いまだにソ連のプロパガンダを引きずっていて笑えます。だいたいこういう結論に導こうとしてきます。

「領土問題は日本と諸外国に分断するための米帝の陰謀」

もうね、この思考回路は「反米病」という名の病気と言っても過言ではない。

こういう一昔前の共産主義者がやってきたプロパガンダを保守の名を使ってせっせと啓蒙する。本当にやめていただきたいものです。

その内容はこちら。

“菅野完氏『保守の本分』 米帝という単語が登場” の続きを読む

朝鮮学校の子供を朝鮮少年団第8回大会に参加させる

2017/6/6の朝鮮少年団第8回大会に、朝鮮学校の子供が送り込まれているようです。

不思議なもんで、こういう暴挙にはメディアもネットも騒ぎません。

日本の従北汚染も深刻です。

“朝鮮学校の子供を朝鮮少年団第8回大会に参加させる” の続きを読む

北朝鮮訪問しまくっている在日はなぜかネットで叩かれない

本当に謎なんですが、在日叩きが好きなネトウヨさんって、なぜか親北在日さんたちのありえない行動にはあまり騒がない。

不思議ですね~。

例えばこういうのとか。

“北朝鮮訪問しまくっている在日はなぜかネットで叩かれない” の続きを読む