恩義を知る男、朴正煕

なぜか韓国全体が恩知らずの国のように言われています。

まぁ一部正しい面もあるのですが、一番大きいのは恩知らずレベルで言えばぶっちぎりNO.1の北朝鮮に教育とメディアを乗っ取られたことが大きいでしょう。そもそも教えてくれなきゃ感謝のしようがないですから。

そういう点では、北朝鮮が大嫌いな朴正煕は恩義を知る人物と言えます。

(※『NHKスペシャル プロジェクトJAPAN シリーズ日本と朝鮮半島 第5回 ~日韓関係はこうして築かれた』より) “恩義を知る男、朴正煕” の続きを読む

ワンコリアという統一詐欺

さすがに金日成が民族の英雄という歴史捏造は不可能だとあきらめたのか、現在の商品は「民族詐欺」から「統一詐欺」に変わっているようです。

それにしても北朝鮮の残虐さを直視したくないせいか、驚くような主張をする在日知識人が多くて驚きます。

ワンコリアフェスティバルの実行委員長である鄭甲壽(チョン・カプス)氏の講演録があったのですが、大韓航空機爆破テロについての歴史認識がすごい。 “ワンコリアという統一詐欺” の続きを読む

沖縄米軍基地と済州海軍基地建設反対運動のパトロンは北朝鮮

沖縄の米軍基地反対運動を展開している人たちの最大のパトロンは北朝鮮でしょう。

本当の黒幕というのはだいたい表にでてきません。工作とはそういうものです。

最大の輸出品目が「工作」である北朝鮮が、自分が黒幕だとバレるようなヘマをするわけがないでしょう。なぜか米軍基地反対のプラカードにハングルが書いてあると韓国が工作員を送り込んでいる!という書込みがネットで散見されますが、動機の点から言えば米軍撤退を渇望しているのは北朝鮮です。その次は中国でしょうか。

だいたい日本から米軍撤退したら一番困るのは韓国でしょうに。同じくらい困るのは台湾で、3番目に日本が困ります。 “沖縄米軍基地と済州海軍基地建設反対運動のパトロンは北朝鮮” の続きを読む

北朝鮮創作『余命三年時事日記 外患誘致罪』の世論誘導

典型的な従北偽装保守である「余命三年時事日記」がまた面白い本を出していました。

立ち読みですが、まぁ見事に韓国叩き、民団叩きの本でしたね。

だいたい外患誘致うんぬんを語るなら、朝鮮総連こそこれでもかと取り上げなければ嘘でしょう。

きれいに北朝鮮コミンテルンの暗躍が消されています。戦後、もっとも日本に工作を仕掛けてきたのは北朝鮮です。『戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出』で、50を越えるスパイ事件が取り上げれています。(※目次はこちら

はっきりいって韓国を警戒する暇があるなら、北朝鮮を100倍は警戒した方が良いでしょう。なのに『余命三年時事日記 外患誘致罪』では、韓国の対馬侵略に備えろだとか馬鹿なことを書き散らかしています。

安倍首相と朴槿恵大統領の対北外交が効いているようですね。日韓連携を阻止すべく、書き方が露骨になってきました。かなり必死な感じです。余命プロジェクトチームと仲良しの元在特会会長の桜井誠も安倍批判やりだしてますしね。 “北朝鮮創作『余命三年時事日記 外患誘致罪』の世論誘導” の続きを読む

従軍慰安婦に対する愛情と国軍捕虜に対する無情

韓国の保守サイト、趙甲濟の日本語訳が統一日報のブログにあったので紹介。

朝鮮戦争時に北へ連行された国軍捕虜の扱いはかなりありえないですね。従軍慰安婦問題とは天と地の差です。

これも結局対南工作の成果でしょう。日本の左翼なんざ朝鮮総連と一致団結してこれでもかと加担してきましたからね。いい加減、いままでのありえない行動を反省して、日韓友好のためにやるべことをやってほしいものです。 “従軍慰安婦に対する愛情と国軍捕虜に対する無情” の続きを読む