『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教え子の現実を聞いて衝撃を受ける

前日の続きです。(※『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教員祖国訪問団)

朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。

『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』という番組から、朝大生200人が「金日成元帥生誕60周年祝賀団」として捧げられたあとに、元朝鮮大学教授のパク・ヨンゴンさんが北朝鮮に訪問し、教え子たちの現実を聞いて後悔の念にさいなまれる様子が放映されています。

 

  • 祖国の発展を担う人材として送りだした教え子たちはどうなっているのか?
  • 教え子と再会し言葉を失う。
  • 教え子たちはパク教授が思い描いたような生活を送ることは許されていなかった。
  • 教え子の置かれている現状をたくさん見た。
  • 自分たちの希望通りの大学にも行けなかった。
  • 大学を卒業しても希望する職場にはつけなかった。

最後に、「送りだした学生たちに消すことのできない罪を犯した」、そう言って、言葉にならず、苦しそうに話す姿は見ていて辛くなります。 “『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教え子の現実を聞いて衝撃を受ける”の続きを読む

『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教員祖国訪問団

前日の続きです。(関連記事:『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 朝大生200人を生贄に捧げた朝鮮総連

朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。

『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』という番組から、朝大生200人が「金日成元帥生誕60周年祝賀団」として捧げられたあとに、元朝鮮大学教授のパク・ヨンゴンさんが北朝鮮に訪問したときの映像です。

 

自分が論文で書いたり、頭の中で描いていた社会主義の理想国家が見れる。そう思って祖国を訪問したパク・ヨンゴン教授の幻想が打ち砕かれます。 “『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教員祖国訪問団”の続きを読む

『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 朝大生200人を生贄に捧げた朝鮮総連

朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。

『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』という番組から、朝大生200人が「金日成元帥生誕60周年祝賀団」として捧げられた、当時の映像を紹介します。

元朝鮮大学校教授のパク・ヨンゴンさんが当時を回想しています。

当時生徒を説得し、社会主義建設の理想のため君たちの才能を十二分に発揮すれば、朝鮮の建設に貢献でき、君たちのためにもなる、と本気で思って説得します。

当時を振り返り、悔恨の念を吐露する番組になっています。NHKは良い仕事をしていますね。

ちなみにこの放映後、総連に追い掛け回され表舞台には一切出てこなくなりました。今ご存命なのかも謎です。 “『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 朝大生200人を生贄に捧げた朝鮮総連”の続きを読む

『北朝鮮の記録 訪朝記者団の報告』 近くて遠い国 ―まえがきにかえて― 共同通信社:村岡博人

北朝鮮への帰国事業でよくやり玉に挙げられるのは『38度線の北 (1959年) (世界と日本)』ですが、影響力の点では大手新聞記者たちが北朝鮮へ渡航して記録した、『北朝鮮の記録―訪朝記者団の報告 (1960年)』の方が影響力は大きいでしょう。

著作権も切れているので遠慮なく引用したいと思います。

前書きから当時の世相が表れている部分を抜きだして紹介します。全文は最後に書きます。 “『北朝鮮の記録 訪朝記者団の報告』 近くて遠い国 ―まえがきにかえて― 共同通信社:村岡博人”の続きを読む