文在寅の対日姿勢「北朝鮮にのみ関心を寄せ日本には無関心」

元駐韓日本大使の武藤正敏氏と北朝鮮専門家の辺真一氏の共著、『真っ赤な韓国 ~金正恩に操られる親北政権の絶望的な内幕』より、文在寅大統領の対日姿勢がよく分かる説明があるので紹介します。

“文在寅の対日姿勢「北朝鮮にのみ関心を寄せ日本には無関心」” の続きを読む

ここ最近の韓国

ここ最近、韓国ニュースが盛りだくさんで追いきれません(笑)

重要度で言えば、米軍のシリア・アフガンからの撤退、ベネズエラの政変、米中貿易協議、中国共産党の香港圧迫・台湾への脅迫・キリスト教信者への抑圧・ウイグルチベット弾圧などなど、韓国ニュースより重要な問題が目白押しです。

それらの重要ニュースに比べれば、別にスルーしても良さそうではありますが、チリも積もればなんとやら。

色んな問題が同時多発的に進行中で、ここまで問題山積だと韓国のカオスっぷりが心配になります。

一つ一つ長くは書けませんが、とりあえず総ざらい的につらつらと最近の韓国について書いておきます。

“ここ最近の韓国” の続きを読む

進撃の韓国国民:駐留米軍の費用負担を増やすくらいなら撤退してもらって結構!

「進撃の文在寅」シリーズで過去に韓米同盟破綻へ突っ走る文政権についてたびたび書いてきましたが、もはや文政権の性格ではなく、韓国国民自体が韓米同盟破綻もやむなしという意思を示した衝撃のアンケート結果が出ました。もはや韓国国民の総意となっているので、今回のタイトルは「進撃の韓国国民」です。

中央日報の記事『韓国人10人中6人「在韓米軍撤収しても米防衛費引き上げ反対」』より一部を抜粋します。

“進撃の韓国国民:駐留米軍の費用負担を増やすくらいなら撤退してもらって結構!” の続きを読む

徴用工問題:韓国政府の対応は放置プレイでほぼ確定

募集工(徴用工)訴訟について、このような報道が出ています。

これ見た瞬間、「あ、このまま何もせず判決通りに処理されるまで何もしない気だな」と確信しました。

“徴用工問題:韓国政府の対応は放置プレイでほぼ確定” の続きを読む

レーダー照射問題:再炎上させた韓国側の狙いは?

韓国側から新たに提示された威嚇飛行の証拠。専門家からはなんの証拠にもなっていないということですが、150m以下の飛行を行ったことはありえるかもしれません。

そもそも仮に150m以下で飛行したとして、それが低空脅威飛行にはならないわけですが、そんなことは関係ありません。

韓国側の戦略は明白で「お前らは高度150m以上、距離500m以上を保っていると言ってたのに高度60mじゃないか!嘘つきだ!」という論理で押し切るつもりなのでしょう。

車でもあるまいし、ちょっと操作ミスしたりエアポケット(低空ではないと思いますが)に入ったりしたら数十メートルくらい動きます。

そもそも距離もあり平行に飛行するコースで上下に数十メートル動いたところで、なんの脅威にもならない。

が、そんな論理は通用しません。

“レーダー照射問題:再炎上させた韓国側の狙いは?” の続きを読む