進撃の文在寅:「包容国家」というスローガンが登場

所得主導経済が大コケしたからでしょうか、「包容国家」というスローガンが登場しました。

子供に囲まれたとっても第一印象の良い写真を使って、いかに「包容国家」が素晴らしいビジョンかを語っているようです。

文大統領いわく「国民の暮らしに責任を持つ包容国家政策が実行される」とのことです。

なんか似たようなことをかつて共産主義者が言ってましたね。

で、思いっきり失敗しましたんですけどね。

韓国経済を焦土化して、「この問題を解決するには南北統合経済圏構想しかない!!」みたいなことを言い出して、赤化統一を成し遂げようとしているのでしょうか?

経済危機は南北統一で解決。

少子高齢化も南北統一で解決。

社会福祉が維持できなくなったら南北統一で解決。

気付いたら南北連邦制国家になっていそうです。

「包容国家」について、大変好意的に書いているハンギョレの記事を引用しながら何がヤバイかを指摘していきたいと思います。

“進撃の文在寅:「包容国家」というスローガンが登場” の続きを読む

金正恩「トランプ大統領の任期中に非核化したい」 直接米国と約束するまで信じられない

北朝鮮が非核化を期限付きで約束した!とメディアで報道されています。

韓国の特使団が訪朝し、「金正恩委員長がトランプ大統領の一期目までの任期中に非核化したい」と述べたとのこと。

またもや韓国経由の「こう言ってました」式の伝言ゲームです。

ボルトンが「文大統領から北朝鮮が1年以内に非核化すると聞いている」と発言していましたが、それと何が違うのでしょうか?

だいたい当初の「1年以内」から期限延びてるし。

これが許されるならいつまでの延長できてしまいませんか?と言いたくなる。

金大中が「北朝鮮は非核化する意思も能力もない。信じてほしい。私が責任を取る。」とかほざいていた過去を思い出しました。その後、北朝鮮はバッチリ核武装へと突っ走りましたよね。

“金正恩「トランプ大統領の任期中に非核化したい」 直接米国と約束するまで信じられない” の続きを読む

リアリティのある「北朝鮮が核を使う状況」

やはり北朝鮮が良くあるためには体制変革以外ありえないなと思わず唸ってしまった記事がありました。

脱北した前駐英北朝鮮公使の太永浩が「北朝鮮が核を使う可能性はあるか?」という質問に対する答え。

先日、講演会場で会った前駐英北朝鮮公使の太永浩(テ・ヨンホ)氏に「金正恩が南側に向かって核ミサイルを撃つ可能性があるか」と聞いたことがある。 

 すると「可能性は充分にある」という返事が返ってきた。「北朝鮮で政権転覆のための民主化運動が起きて南側がこれを助長すれば金正恩(キム・ジョンウン)が核爆弾を使う公算が大きい」ということだった。「叔母の夫も殺す暴悪な性格なのに、何もせずに死ぬと思うか」ということだった。 

【時視各角】韓半島の門外漢、北核を扱ってもいいのか

「北朝鮮で民衆蜂起が起き、それを韓国が助長しようとした場合」

思わず唸ってしまいました。

十二分にありえますし、韓国以外でも同じ理由で使うでしょう。

“リアリティのある「北朝鮮が核を使う状況」” の続きを読む

韓国特使団 非核化の”口約束”と終戦宣言を取り引き

本日、北朝鮮に韓国特使団が訪朝します。

あまり内容のない訪朝になるだろうと思ってましたが、そうでもなさそう。

トランプ大統領とも電話会談を行い、どこまでのレベルなら合意可能か調整したようです。

内容がすべて公開されたわけではないでしょうが、次のことが中央日報の記事になっていました。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政府が米朝間の非核化交渉膠着局面を打開するために「先に終戦宣言採択、後に非核化措置履行」とする仲裁案を積極的に推進することにした。5日に平壌(ピョンヤン)を訪れる北朝鮮特使団は、このような環境を整えるために北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長から核施設の申告など非核化初期措置に対する「口頭約束」を取り付けるために注力する見通しだ。 

「非核化措置の約束→終戦宣言」 韓国特使、仲裁案を手に平壌行き(1)

“韓国特使団 非核化の”口約束”と終戦宣言を取り引き” の続きを読む

韓国の北朝鮮特使団 板挟みになる可能性大

韓国が9/5に北朝鮮特使団を送り込むようです。

文大統領いわく「完全な非核化とともに朝鮮戦争の終戦宣言と平和協定につなげるための大胆な一歩を踏み出す」とのこと。

う~ん、、、。

嫌な予感しかしない。

米国からも北朝鮮からも信用ならない蝙蝠野郎扱いされそうでとっても不安です。

“韓国の北朝鮮特使団 板挟みになる可能性大” の続きを読む