統一日報のソルマジ公演批判

統一日報の『朝総連衰亡史』にソルマジ公演が登場しました。

朝総連は祝日(ミョンジョル)ごとに代表団を北へ送り、忠誠を誓ってきた。正月、2月の祝日、4月の祝日、労働党創建日、政権樹立日など、あらゆる名目で代表団を送った。

この多くの代表団の中で最も非人間的・非教育的なものが朝鮮総青年学生たちの迎春(ソルマジ)公演だ。

朝総連は2013年12月5日、初級学校から高級学校までの生徒121人と教員7人の在日朝鮮学生少年芸術団を平壌に派遣した。代表団は平壌で猛訓練をして同12月31日、万景台学生少年宮殿で金正恩をたたえる迎春公演に参加した。

張成澤が処刑(12月12日)されてから19日目のことだ。血の粛清の直後に独裁者をたたえる祝賀公演に動員させたのだ。

朝総連は14年1月6日(おそらく16年の間違い)、「敬愛する金正恩元帥が迎春公演に参加した第28回在日朝鮮学生少年芸術団メンバーたちのため設けられた宴会が行われた」と発表した。

個人が自分の才能をどこに使おうと自由だが、自由にも限度がある。自由を破壊する自由は許されない。同様に、自由を破壊する体制に服務する自由も許されない。犯罪やテロ集団に加入する自由を許す文明国があるか。

国連総会が国際刑事裁判所への付託を決議した金正恩のための祝賀公演に、朝総連はいつまで未成年者を送るつもりか。朝総連は、今年も平壌で開催される迎春公演に在日朝鮮学生少年芸術団93人を送った。(つづく)

朝総連衰亡史(25)  迎春(ソルマジ)公演という犯罪

“統一日報のソルマジ公演批判” の続きを読む

毎年恒例、元帥様と総連中央の気持ち悪い新年のやりとり

毎年恒例、金正恩と朝鮮総連議長の祝電のやりとり。

いい加減総連は、朝鮮民族の仇敵に対する忠誠心を捨ててほしいんですけど。

総連中央の連中は、ここまでついて行ったんだから心中やむなし!という感覚かもしれませんが、最悪なのは朝鮮学校や在日社会の経済圏を巻き添えにしかねないところでしょう。

心中するなら総連中央幹部だけでやってほしいものです。

それでは、金正恩元帥様と総連中央との祝賀文のやりとりを紹介します。

“毎年恒例、元帥様と総連中央の気持ち悪い新年のやりとり” の続きを読む

従北偽装保守の言論 その3 ~日韓基本条約の評価が北の代弁者~

前日の続きです。

井上太郎最前線日記』の日韓基本条約に対する評価が、うまく日本側の代弁者の仮面をかぶりながら、実質は北朝鮮の代弁者と言える内容になっています。 “従北偽装保守の言論 その3 ~日韓基本条約の評価が北の代弁者~” の続きを読む

従北偽装保守の言論 その2 ~井上太郎の対南工作~

前日は、青林堂一押し、従北偽装右翼アカウントの井上太郎のツイートを紹介しました。

今回は、著書『井上太郎最前線日記』にいろいろとツッコミを入れていきたいと思います。

従北さんかどうかの判断ですが、李承晩と朴正煕の扱いを見ればだいたい分かります。 “従北偽装保守の言論 その2 ~井上太郎の対南工作~” の続きを読む