歴史認識

朝鮮学校の教育

朝鮮学校無償化と慰安婦問題 善良な人ほど北朝鮮に騙される

朝鮮学校の無償化運動と慰安婦問題。だいたい熱心に活動している人は両方にかかわってます。日朝友好などの親北活動もだいたいセット。分かちがたく結びついたこの運動。財源中国、実行部隊北朝鮮で強力なバックアップを得ているせいか、年とともに過激化する...
歴史認識

帰還事業で北朝鮮政府を提訴する意義 「望んで行った」のと「騙されて連れていかれた」のとでは日本政府の対応が全然違う

8/20(月)に、脱北者が北朝鮮帰還事業は人道上の犯罪だということで北朝鮮側を提訴しました。批判的な人は、やるだけ無駄とか言いますが、北朝鮮から謝罪と賠償金がもられるなんて思っていません。大事なのは、「帰還事業は人道上の犯罪行為」だと法的に...
歴史認識

キューバも共産主義の国 バッチリ情報統制し、対外的には見せたいところしか見せない

オバマ政権時代に進んだキューバとの和解。が、トランプ政権でその路線もちゃぶ台返しされました。平和を愛するリベラルの皆さんは、ひどい話だと憤慨しましたがキューバもやはり共産主義国家。バッチリ統制されており、外から見える部分はキューバ政府が見せ...
歴史認識

憎悪の扇動に使われる『済州島四・三事件』

「悲劇をくりかえさないため」という大義を掲げながら実際は政府叩きに利用されるツールになってしまった「済州島4・3事件」。実際に弾圧された当事者でもないのに、政党間の権力闘争に利用でき、市民団体の寄付金ビジネスにも利用できるという実利も絡んで...
歴史認識

日本植民地時代 米消費量の誤謬 断固修正しない韓国歴史教育

木村光彦著『日本統治下の朝鮮 - 統計と実証研究は何を語るか (中公新書 2482)』から、戦後一貫して日本の植民地統治の苛烈さを証明するデータとして引用され続けてきた”米消費量の減少”について、いかに嘘がまかり通ってきたかが分かる記述があ...
北朝鮮情勢

北朝鮮のポスター

北朝鮮の今も変わらないポスターのデザイン。もはや北朝鮮の伝統美術と化したと言えます。普通恥ずかしくてできませんが、まったく実現できていないことを堂々とアピールする鋼鉄の神経が凄い。「経済大国」というスローガンの旗を振る労働者と「社会主義経済...
歴史認識

なぜかロウソクを持っている徴用工像

釜山の日本総領事館前への徴用工像を強行設置しようとする市民団体。韓国のKBSニュースでの報道はこんな感じ。問題の徴用工像ですが、なぜかロウソクをお持ちです(笑)
帰国事業

『私のエッジから観ている風景』を読んで

民族学校ではなく日本の学校に通い、日本籍もとっている在日コリアンの若者が書いた『私のエッジから観ている風景: 日本籍で、在日コリアンで』という本を読みました。大多数の在日コリアンの最大公約数的な考えが知れる良書だと思います。もちろん本人に在...
従北情報

『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その3 総連の独裁体制という身近な問題は放置

昨日に引き続き田中明氏の『韓国の民族意識と伝統 (岩波現代文庫)』より、在日朝鮮文化人への疑問を紹介します。著書の中でも断りが入っていますが、在日朝鮮文化人への疑問(=苦言)であって、大多数の一般在日コリアンを一緒くたにしてはいません。ちゃ...
従北情報

『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その2

昨日に続き、田中明著『韓国の民族意識と伝統 (岩波現代文庫)』より、今も通じる在日朝鮮人への疑問(というか苦言)を紹介します。二重性、親北性がよくあらわれているのが、朴正煕政権時代の韓国批判の論理が、なぜか今の北朝鮮へは適用されないことでし...
タイトルとURLをコピーしました