歴史認識

歴史認識

60年代の日本と90年代の韓国の類似性

90年代~2000年代前半の韓国では、猛烈な民族主義の嵐が吹き荒れてました。やばいのは反米活動との結びつき。南北融和の雰囲気で「統一を阻害しているのはアメリカ帝国主義のせいだ!」という馬鹿な若者が大量生産されておりました。ちなみに昨今のネッ...
歴史認識

朝鮮戦争 戦慄する人民軍の非道

NHKスペシャル『北朝鮮帰国船』で証言した、朝鮮大学元副学長の朴ヨンゴン氏の著書に、朝鮮戦争時、南進した北朝鮮人民軍の非道が書かれていたので紹介しておきます。こういう実態を信じず、韓国政府のプロパガンダでは?と疑いの目で見ていました。昔は韓...
歴史認識

異教徒より異端の方が凄惨な殺し合いになる

宗教戦争において、異教徒間より異端の方がより凄惨な結果になることが多い。なぜか?異教徒の場合、「あいつと俺は違う」というように自分と他者に分けて考えることができます。異端はそうならない。例えるなら、ドッペルゲンガーのように自分とそっくりな人...
歴史認識

日本も条件がそろえば在日と同じことをする

ちまたで騒がれている在日問題の諸悪の根源は、ほとんどが北朝鮮と朝鮮総連が作り出したもの。その問題点を断固改善しようとしないのがこの集団の特徴です。裏で右翼扇動して差別を作り出す工作なんかは基本中の基本業務です。いくら言っても改善しようとしな...
従北情報

北朝鮮の歴史操作 ~都合の悪いことは右翼に同じことを言わせる~

近頃、保守界隈で韓国叩きや在日叩きが流行しています。なぜか?理由は簡単。北と総連が組織だってそれを扇動しているから。そもそも今ちまたで言われているようなことは、10年以上前にすでに在日や韓国の知識人から似たような指摘がバンバン出ていました。
歴史認識

強盗と同じ発想の北朝鮮

李相哲先生の著書、『金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか』ですが、無視できない内容がてんこ盛りです。産経で定期連載されたものを本にしたものですが、金正恩体制の北朝鮮がどういうものかを知る良書だと思います。従北左翼の皆さんがせっせと産経批...
歴史認識

全てがブーメランになっている北朝鮮のアニメ 『<歴史漫画映画>高朱蒙』

ツッコミどころ満載の北朝鮮アニメ。繰り返し出てくるセリフは「自分の同族とは戦わない」。笑わせます。スターリンと毛沢東に両手スリスリごますって朝鮮戦争を引き起こしたA級戦犯が金日成なのに、その戦犯を神格化している集団が、「自分の同族とは戦わな...
中国

中国と北朝鮮は根が一緒

よく韓国と北朝鮮は根が一緒だとありえない主張をする従北さんたちがいますが、根が一緒うんぬんを言うなら中国こそ一緒です。まぁ厳密に言えば、中国共産党と北朝鮮労働党でしょうか。私が一番尊敬する歴史学者である岡田英弘先生が、著書で国の性格は建国神...
歴史認識

禁止することで逆効果を生むパターン

『イスラム化するヨーロッパ (新潮新書)』で、ブルカ禁止措置のことが書かれてありました。意味のない禁止措置をすると、弾圧だ!の大合唱が始まって狙った効果とは逆の結果を生むという良い事例と言えます。
従北情報

檀君神話を猛プッシュする北朝鮮

古朝鮮や檀君神話がちょいちょい流行っているようです。まぁ古代ロマンで楽しむのは人間の趣味みたいなものですから、別に悪いことではないのですが、半万年の民族意識を高揚させて北朝鮮と連携して南北統一を成し遂げよう!という困った従北さんたちを生み出...
タイトルとURLをコピーしました