竹島・独島問題の解決方法

慰安婦と並んで日韓関係に影を落としている竹島・独島の領有権問題。

日韓双方とも解決策が色々提示されていますが、強硬論一辺倒で笑えます。

この問題の解決は簡単です。

二島分割。

ちょうど二つありますから、韓国に近い方を独島と呼んで、日本に近い方を竹島と呼べば良いでしょう。

あとは韓国側の施設を撤去して、交互にパトロールするようにすれば解決です。

韓国は人員常駐させて、施設を維持し、食料や燃料を補給し、水や下水処理なんかをするために支払う税金が節約できます。お互いパトロールコストを折半できます。

だいたいあんな辺ぴなところに施設を作って一生懸命領有権をアピールする方がどうかしてます。毎年どれだけ税金ぶっこんでのかと思うと乾いた笑いしか出ない。

独島施設も作って、世界トップレベルの国際司法専門家を雇って裁判対策を行う。

時間とお金と人的資源の壮大な浪費です。

“竹島・独島問題の解決方法” の続きを読む

尖閣問題は台湾問題

尖閣諸島の領有権争いは台湾問題と深いつながりがあります。

あまりこういう視点は語られませんが、中国に対して尖閣諸島の領土問題に妥協が不可能な最大な要因でもあります。

あまり大きな声で言おうとはしませんが、中国は「尖閣は台湾の一部であり、台湾は中国である。ゆえに尖閣諸島は中国の領土である」と言っています。

こんなこと言われては、日本は尖閣諸島は中国の領土だと認めるわけにはいきません。認めたが最後、台湾は中国だと認めれるわけですから。

“尖閣問題は台湾問題” の続きを読む

この条件で日韓通貨スワップを再締結すべし

慰安婦合意の漂流で日韓関係が悪化の一途をたどっています。

日韓断交は北朝鮮を大喜びさせる最悪の事態。この閉塞状態を打開するために、あえて日本側からスワップ再締結を要請し、北朝鮮の分断策動に対抗すべきと考えます。

ただし、そうは言ってもしかし、日本側からスワップ締結を〝要請〟する必然性がない。無条件に要請するよう政府に要望しても、韓国不信が日本中に広まった状態では世論の賛同は得られない。支持率が落ちるのに政府がスワップ再締結を日本から要請するはずもない。

ここで頭を柔軟にして、どのような条件が日韓双方にとってプラスになるか?という視点で考えてみます。

“この条件で日韓通貨スワップを再締結すべし” の続きを読む