恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化

(※過去投稿を更新してUP)

朝鮮学校の教育が、なぜ洗脳教育なのか?

それは、「教えなければいけないことを教えていない」、からです。

「都合の良い情報しか与えない」ことが洗脳の第一歩と言えます。

大多数は「金正恩元帥様」なんて心から思っていない、というのはその通りでしょう。

ふざけた言い訳です。

ことの本質をまったく分かっていません。

自分たちのよって立つところを築き上げてきた在日一世と、朝鮮学校の先輩たち数万人を虐殺した相手に、「悪感情」を抱いていない時点で洗脳教育が成功している証左と言えます。

「向こうの流儀だしまぁいいや」程度の感情しか抱かず、嘘だとしても「敬愛する金正恩元帥様!!」とソルマジ公演で子供に絶叫させたり、金父子の銅像に頭を下げれることがそもそもありえません。

完璧に神格化されている「阪神教育闘争」と、それとセットになっている「金太一少年」のことはみんな知っていますが、朝鮮学校の黎明期を支えた恩師のことは誰も知らない。これこそが洗脳教育をやっていることの証左でしょう。

『光射せ!第7号』から、大阪の古い活動家や在日同胞なら知らない人はいない、と言われた朝鮮学校の校長先生の末路を紹介します。 “恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化” の続きを読む

『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』北朝鮮専門家の韓国人を泣かせることができる朝鮮学校の教育援助金神話

以前の投稿(『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』朝鮮学校 洗脳教育の手法)で、朝鮮学校で行われている教育援助金による洗脳手法を紹介しました。

その続きで、いかにこの手法が強力であるかを証明するエピソードがあるので紹介します。

そのエピソードとは驚くなかれ、北朝鮮専門家の韓国人を「朝鮮学校の教育援助金神話」で嗚咽を漏らすほど泣かせたという驚きの逸話。さらにはその結果「金日成さんて、本当に温かくて人間味のあるお父さんのような方だったんですね」と言わしめる。

今の南北融和ムードに浮かれている韓国世論を見ると、まさにこの本に書かれている洗脳・宣伝扇動手法が、韓国という国全体に行われているということがよく分かります。

“『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』北朝鮮専門家の韓国人を泣かせることができる朝鮮学校の教育援助金神話” の続きを読む

『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』朝鮮学校 洗脳教育の手法

帰還事業で北送され、その後脱北して韓国で活動している金柱聖氏の著書『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』から、朝鮮学校でどのように祖国愛を注入してたかが分かる内容があったので紹介しておきます。

幼少期にこのような情緒を形成させられてしまうと、北朝鮮の信じたくない現実は無視し、少しでも北朝鮮を弁護できる言論ばかり見るようになります。

「三つ子の魂百まで」ということわざの通り、一度強烈な情緒を脳内に形成されてしまうと例え北の朝鮮同胞や北送された在日一世・二世たちが万単位で虐殺されても、その罪を「分断の悲劇」や「米国が追い詰めるから」という言い訳で、金一族の罪を矮小化し、他国に責任転嫁する残念な大人になります。

特定の情緒を脳内に形成する洗脳の手法はこちら。

“『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』朝鮮学校 洗脳教育の手法” の続きを読む

『私のエッジから観ている風景』を読んで

民族学校ではなく日本の学校に通い、日本籍もとっている在日コリアンの若者が書いた『私のエッジから観ている風景: 日本籍で、在日コリアンで』という本を読みました。

大多数の在日コリアンの最大公約数的な考えが知れる良書だと思います。

もちろん本人に在日の相違を代弁するなどという考えはないでしょうが、だいたいみんなこういう考えなんだろうな~という気はします。

前書きの部分などを読むと、こういうめんどくささを背負わされて大変だよな~、と共感してしまいます。

“『私のエッジから観ている風景』を読んで” の続きを読む

『自由を盗んだ少年—北朝鮮 悪童日記』 コッチェビとなって北朝鮮で生きる在日三世たち

自由を盗んだ少年——北朝鮮 悪童日記』帰国事業で北送された在日朝鮮人の子孫の話が出ていたので紹介します。

噂話しなので本当に在日朝鮮人の子孫なのかは不明ですが、90年代から00年代初頭に北朝鮮を援助せず、体制変革へと導いていれば、この子孫と日本に残る親族が感動の対面を果たすこともできたかもしれません。おしいチャンスを逃しました。

“『自由を盗んだ少年—北朝鮮 悪童日記』 コッチェビとなって北朝鮮で生きる在日三世たち” の続きを読む