帰国事業

帰国事業

帰国事業について語る『週刊金曜日2014/9/12号』

先日の記事で、2011年3月11日号の帰国事業の対談記事を紹介しました。今度は『週刊 金曜日 2014年 9/12号 』で、高英起さんが司会になっている対談記事を紹介します。うま~く、脱北者の口を使って、せっせと北と総連の罪を矮小化する内容...
帰国事業

帰国事業について語る『週刊金曜日 2011/3/11』

『週刊金曜日 2011年 3/11号 』で、「在日朝鮮人「帰国事業」とは何だったのか 増える脱北帰国者と向き合う日本社会に」というタイトルで、脱北者の李相峯さん、ジャーナリストの石丸次郎さん、人材コンサルタント 辛淑玉さんの座談会があります...
帰国事業

統一日報 帰国事業の本質をえぐる記事

統一日報で帰国事業の特集記事があるのですが、「北送」となっているので検索に引っかからないかもしれないので、アップのために紹介しておきます。【特集】北送から50年―対談 坂中英徳・姜昌萬 (上)【特集】北送から50年―対談 坂中英徳・姜昌萬 ...
帰国事業

朝日新聞の従北史「帰還事業20年を自画自賛」

『「在日」論の嘘―贖罪の呪縛を解く』にも取り上げられた、朝日が実態が知られるようになった後も徹頭徹尾北朝鮮側に立って記事を書いていたことを証明する、「北朝鮮帰還二十年」という記事を読んでみました。1979年12月17日(夕刊)の記事ですが、...
帰国事業

帰国事業のプロパガンダ映画 『千里馬』

当時、北朝鮮帰国事業を扇動するために制作された映画に『千里馬(チョンリマ)』という映画がありました。今見れば、嘘八百の話しにならない映画ですが、当時の人はこれが本当だと信じていたわけです。その結果起きたのが9万3千人の地獄への葬送曲です。共...
帰国事業

北送に加担した元総連活動家、悔恨の証言 『光射せ!第4号』より

長年、朝鮮総連の尻拭いをやってきた「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の機関誌、『光射せ!第4号』から、北送事業(帰国事業)に加担した元総連活動家の悔恨の念に満ちた証言を一部紹介します。
帰国事業

『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教え子の現実を聞いて衝撃を受ける

前日の続きです。(※『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教員祖国訪問団)朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』という番組から、朝大生200...
帰国事業

『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教員祖国訪問団

前日の続きです。(関連記事:『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 朝大生200人を生贄に捧げた朝鮮総連)朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~...
帰国事業

『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 朝大生200人を生贄に捧げた朝鮮総連

朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』という番組から、朝大生200人が「金日成元帥生誕60周年祝賀団」として捧げられた、当時の映像を紹介します。元...
帰国事業

『北朝鮮の記録 訪朝記者団の報告』 近くて遠い国 ―まえがきにかえて― 共同通信社:村岡博人

北朝鮮への帰国事業でよくやり玉に挙げられるのは『38度線の北 (1959年) (世界と日本)』ですが、影響力の点では大手新聞記者たちが北朝鮮へ渡航して記録した、『北朝鮮の記録―訪朝記者団の報告 (1960年)』の方が影響力は大きいでしょう。...
タイトルとURLをコピーしました