東欧をロシアから守る意志に欠けるNATO

トランプいわく「NATO加盟国はもっと金出すべし」。

NATOとの同盟関係を損なうと批判されてますが、内心よくぞ言ってくれたと思う安全保障関係者は多そうです。

そりゃそうでしょう。昔からの惰性もあるんでしょうが、NATOの拠出金負担、米国が7割ですよ。不満もたまるわな。

本当にNATOのために使われてるか?と細かく計算したら、もっと比率は下がると指摘する人もいますが、そうだとしても低すぎです。

国防費のGDP比2%の目標でさえも達成している国は29カ国中わずか5カ国(米国・英国・ギリシャ・ポーランド・エストニア)。米国を除けばヨーロッパでは4カ国です。

バルト三国やポーランド、フィンランド、スウェーデン、ウクライナをEUの同胞だと思うのであれば、もっと防衛費を出し、ロシアに対抗してしかるべきでしょう。

“東欧をロシアから守る意志に欠けるNATO” の続きを読む

米中貿易摩擦 いじめっ子中国が米国に「通商いじめ」と非難

激化の一途をたどる米中貿易摩擦。

みんな米国を非難しがちですが、思いっきり国内企業を優遇して、技術をゲットして用なしになったら外国企業を追い出す排外的な中国政府の姿勢が根本的な原因です。

これを放置することは、例えるなら「1ドル360円固定相場」のように日本に超有利な状態(=米国にとっての不平等条約)を放置するようなもの。戦争の荒廃というマイナス状態の日本を立て直すための優遇措置も、十二分に成長したら公平な状態に是正するのが当然です。

中国の露骨な国内産業保護政策も同じ理由で是正される必要があるのは当たり前です。放置しては、時間とともに中国が有利になるだけです。公平な競争とは言えません。

“米中貿易摩擦 いじめっ子中国が米国に「通商いじめ」と非難” の続きを読む

限界を迎えたEU

EUの統合が限界を迎え、瓦解へと向かっています。

EUから離脱するイギリス。閣僚がポンポン辞任して不安定化するメイ政権。良いとこどりのEU離脱はやらせねぇぞと冷たい独仏。

スペインからの独立をあきらめないカタルーニャ。

難民問題でどんどん溝が深まる各国の国内政治。

ユーロという共通通貨を採用してせいで、経済はドイツ独り勝ち状態。能天気な南欧の人間が、ドイツ人並みに働くわけがない。

最初は超国家主義の素晴らしいものだとほめたたえられていたEUも、矛盾噴出で瓦解へと向かっています。

“限界を迎えたEU” の続きを読む

瓦解を始める中国の一帯一路

今月の『フォーリン・アフェアーズ・リポート 2018年7月号』で、「一帯一路戦略の挫折」という寄稿が掲載されていました。

冒頭の要約は以下の通り。

中国はグローバルな開発金融部門で支配的な地位をすでに確立している。だがこれは、欧米の開発融資機関が、融資を基に進められるプロジェクトが経済・社会・環境に与えるダメージについての厳格な安全基準の受け入れを相手国に求める一方で、中国が外交的影響力を拡大しようと、その間隙を縫って開発融資を増大させた結果に過ぎない。しかも、中国が融資したプロジェクトの多くは、まともな結果を残せてない。すでに一帯一路構想に基づく最大規模の融資の受け手であるアジア諸国の多くは、戦略的にインド、日本、アメリカと再び手を組む路線へシフトしつつある。・・・

一帯一路戦略の挫折―― 拡大する融資と影響力の不均衡

“瓦解を始める中国の一帯一路” の続きを読む

激化する貿易摩擦 目立たないのが吉

激化の一途を辿る米中貿易摩擦。象徴的なのが対中というだけであって、対露も対EUも順調に米国の貿易圧迫が続いています。

安倍嫌いの皆さんが、「トランプとお友達自慢してたくせに制裁くらってんじゃねぇか」とこき下ろしてきますが、気付いたら一番日本がうまく立ち回っているように思えます。

トランプ大統領のやることにプリプリ怒って”対抗関税”とかやらない方が無難ですね。

下手に怒って対決姿勢を示すと、トランプ人気が高まって票につながるだけ。

外国叩き(特に中国叩き)が票に繋がってしまう限り、少なくとも中間選挙が終わるまではこの関税戦争が続くでしょう。

“激化する貿易摩擦 目立たないのが吉” の続きを読む