リベラル教の異端審問にかけられたハンガリー

EU議会で、ハンガリーへの議決権停止に向けた制裁手続きが可決された模様です。

ポーランドの反対はほぼ確実ですから、実際に議決権が停止されることはないのでしょうが、EU議会の悪者をつるし上げて悦に浸る姿はちょっと怖いなと思わされました。

かつてのキリスト教の異端審問に見えます。

“リベラル教の異端審問にかけられたハンガリー” の続きを読む

中東のイスラム武装組織はリアル北斗の拳

中東から撤退したくて仕方ないトランプ大統領を国務省や国防省が必死に止めているみたいです。

米国第一主義は、モンロー主義になりやすい。

中東の非アメリカ人、非白人が殺し合いしようが何しようが米国に被害がなければ知ったこっちゃない。

米国第一主義でしょう。

こういう連中が跋扈する地域に米軍兵士の若者を送り込みたいとは思いませんわな。

“中東のイスラム武装組織はリアル北斗の拳” の続きを読む

メキシコと通商協議合意 もしカナダが突っ張ったらトルドー首相は無能

トランプ大統領が選挙公約に掲げていたNAFTA見直しが実行されました。

メキシコとアメリカで合意。

内容は、メキシコで作る車に米国産部品を75%以上使うことと、時給16ドル以上の労働者によってつくられること。

関税上げるぞー!と威嚇しながら、危機を煽りつつ、現実的な合意に落ち着きました。

“メキシコと通商協議合意 もしカナダが突っ張ったらトルドー首相は無能” の続きを読む

財政が絶好調のドイツ しかしEUのためにはきっと使わない

ドイツの財政が48.1億ユーロの黒字とのこと。

EUはドイツの独り勝ち状態ですね。

これがドイツマルクだったら通貨がかなり強くなってこれほど貿易で荒稼ぎはできないはず。

それを理解して経済の弱い国に財政支援すれば良いのに、ドイツでは減税か?福祉か?教育か?と空前の財政黒字を何に使うか嬉しい議論が繰り広げられているようです。

“財政が絶好調のドイツ しかしEUのためにはきっと使わない” の続きを読む

デンマークの移民政策『ゲットー・プラン』

前々から気になっていましたが、デンマークで「ゲットー」という歴史的にマイナスイメージしかない用語をあえて使って、移民政策の見直しを進めています。

このことを始めて知ったのは2018/7/10の『アメリカ通信』というネット放送。やべぇことになってるなとこの時思いました。

それがとうとう、NKH BS1の「国際報道2018」で特集されていました。

よくこの手の報道を引用して日本の外国人受け入れ政策について、このままいったら日本は将来こうなるぞー!と危機感を煽る輩がいますが、EUの事例なんてまったく参考になりません。

EU難民・移民問題は次元が違いますから。

限界まで一生懸命頑張って、いよいよ瓦解の危機に直面しているEUという側面で理解すべきだろうと思います。

“デンマークの移民政策『ゲットー・プラン』” の続きを読む