韓米同盟瓦解:合同軍事演習中止は韓国が熱心にリクエスト

韓米軍事演習の中止はトランプのコスト意識から出たものと思っていましたが、驚いたことに韓国文在寅大統領が熱心に要求した結果だということが判明しました。

参考記事:정세현 “한미훈련 중단, 한국이 美에 간절히 요청” (※気になる方はリンク先の記事を機械翻訳して読んでみて下さい)

このことをあっさり暴露したのは、米朝決裂を受けてボルトン補佐官のことを「インディアンを虐殺する白人騎兵隊長を見てるようだ」トンデモ発言をぶちかました丁世鉉(チョン・セヨン)前統一部長官。

自分から言えないから米国に言わせようと誘導しているのかと思いきや、ド直球で”熱心に”訓練中止を要求していたとは驚きました。

“韓米同盟瓦解:合同軍事演習中止は韓国が熱心にリクエスト” の続きを読む

米国による文政権圧迫の開始

制裁違反や人権問題で、韓国・文政権への非難が高まっているようです。

朝鮮日報に『米の人権報告書が韓国を批判「文政権が脱北者団体に圧力」』というタイトルで、「脱北者らに対し、北朝鮮批判ができないようにするなど、脱北者と北朝鮮人権団体に圧力を掛けている」と米国から指摘されていることが記事なっています。内容的には具体例を挙げ、「例えば20年続いた脱北者協会への資金支援を取りやめ、北朝鮮へのビラ飛ばし団体の取り組みを阻止し、警察が(これらの北朝鮮人権)団体を尋ねて金融・行政関連情報を出すよう要請したことが分かった」と詳細に非難しています。

「米国政府が北朝鮮の人権問題に関連して韓国政府を公に批判したのは極めて異例のことだ」とのこと。

本来、同族同胞の国家である韓国こそが最も北朝鮮政府の人権じゅうりんに敏感でなければいけないはずなのに、率先して北朝鮮の人権じゅうりんの隠蔽・矮小化に加担していると判断されても仕方ないことをやっているわけです。

実に不名誉なことです。

“米国による文政権圧迫の開始” の続きを読む

北朝鮮が韓米新軍事演習を批判しているが、、、

どんどん廃止に追い込まれている韓米軍医演習。名前を変え、縮小して別の合同軍事演習が新設されています。

これにも文句をつけてくるのが北朝鮮です。

南朝鮮と米国が朝鮮半島の平和に逆行する新しい合同軍事演習を開始

【平壌3月7日発朝鮮中央通信】

報道によると、南朝鮮と米国が4日から「同盟」という新しい名称の合同軍事演習を開始した。

南朝鮮と米国は、今回の「同盟」演習が「キー・リゾルブ」合同軍事演習の名称を変えたもので12日まで行い、「フォール・イーグル」合同軍事演習もやはりその名称をなくして大隊級以下の小規模の野外機動訓練方式で年中随時繰り広げると公表した。

今回の演習が「北の全面的な南侵状況」を想定した戦時作戦計画をコンピュータ・シミュレーションを通じて点検し、戦争遂行能力を引き上げるところにその目的があると公言した。

南朝鮮軍当局は、今回の演習に国防部と合同参謀本部、陸・海・空軍作戦司令部、国防部直属合同部隊を、米国は「韓」米連合司令部と南朝鮮駐屯米軍司令部、インド―太平洋地域米軍総司令部の一部のメンバーを参加させたという。

南朝鮮軍当局と米国の尋常でない動きは、敵対関係の解消と軍事的緊張緩和を確約した朝米共同声明と北南宣言に対する乱暴な違反であり、朝鮮半島の平和と安定を願う全同胞と国際社会の志向と念願に対する正面切っての挑戦である。---

敵対関係の解消と軍事的緊張緩和、米朝共同声明・南北宣言に反するとんでもない行動だとご立腹です。

“北朝鮮が韓米新軍事演習を批判しているが、、、” の続きを読む

米朝決裂後、双方の発言とは裏腹に急速に逆戻り

第二回米朝首脳会談決裂後、「対話を継続する」「良好な関係は維持している」「笑顔で別れた」などなど、調子の良い発言が双方から飛び出してますが、言葉とは裏腹に行動は真逆です。

急速に2年前の「ロケットマン」「狂った老いぼれ」と罵り合っていた状態に逆戻り中です。

“米朝決裂後、双方の発言とは裏腹に急速に逆戻り” の続きを読む

進撃の文在寅:韓米同盟破たんへと突っ走る

文大統領の自主的武装解除が止まりません。

とうとう3大韓米合同軍事演習が中止となりました。 「キーリゾルブ(KR)演習」「フォールイーグル(FE)演習」「双竜訓練」が事実上の廃止です。

韓米同盟の瓦解がとどまることを知りません。

北を刺激したくない文大統領と、韓国との合同軍事演習に価値を見出していないトランプ大統領との夢のコラボが合同訓練中止という形で結実しました。

“進撃の文在寅:韓米同盟破たんへと突っ走る” の続きを読む