もはや韓米同盟がない方が北朝鮮への圧力になる

日経ビジネスオンラインで連載している鈴置高史氏の『早読み 深読み 朝鮮半島』の記事をまとめて再編集した『米韓同盟消滅 (新潮新書)』という刺激的なタイトルの書籍が出版されています。

個人的には韓国のために韓米同盟は維持した方が良いという意見ですが、当の韓国が同盟がなくなっても構わないと考えているとしか思えない行動を連発するので、もはや韓米同盟がなくなった場合のことを考えないといけない状況になっていると思えます。

ただし、韓米同盟破棄・在韓米軍撤退により、朝鮮半島で戦争が起きたり、赤化統一されたりするとは思っていません。

案外、在韓米軍が撤退した方が韓国にとっても、米国にとっても都合が良いかもしれません。

その理由を説明する前に、『米韓同盟消滅 (新潮新書)』から、いかに韓米同盟が限界に達しているかを説明する内容を紹介します。

“もはや韓米同盟がない方が北朝鮮への圧力になる” の続きを読む

北朝鮮にとって南北融和路線が常に良いとは限らない

文大統領の北朝鮮に対する秋波が止まりません。

次回のASEAN首脳会議に、北朝鮮の金正恩委員長を呼ぼうと画策しているようです。

インドネシアのジョコ大統領が参加を呼びかけ「それナイスアイデア!」と文大統領が応える形になっています。

文大統領が言い出すと北のスポークスマン呼ばわりされるから、ジョコ大統領に「言い出しっぺ」をお願いしたのでしょうか?怪しいですね。

まぁこれは一概に悪いとは言えません。

「核を保有したままで国際社会の一員として認められてしまうじゃないか!」という批判もあるでしょうが、そんなものは米英仏の拒否権でほぼ解除が不可能な国連制裁が維持される限り、あまり意味がありません。

イランも色んな国際会議に出てますが、アメリカの断固たる制裁によって経済は急激に悪化しています。

イランは国際社会の一員として認められていますが、それが何か?という状態です。

北朝鮮がASEAN首脳会談に出たところで、しょせん同じでしょう。

それよりもほぼ引きこもり状態であった北朝鮮の国家元首を外に引きずり出せる方がメリットがあります。

“北朝鮮にとって南北融和路線が常に良いとは限らない” の続きを読む

ASEANで文大統領が中露と一緒に制裁緩和を言い出さないか心配

東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席している韓国の文在寅大統領。今日はロシアのプーチン大統領と会談。

北朝鮮の制裁緩和を言い出さないかとても心配。

欧州歴訪の失敗に学んでくれてればいいのですが、ASEANでも各国首脳に「非核化が後戻りできない段階に来たら制裁を緩和すべき」と言い出しそうで恐ろしい。

“ASEANで文大統領が中露と一緒に制裁緩和を言い出さないか心配” の続きを読む

虚しく響く「日韓の未来志向」と「韓米の緊密な連携」

徴用工裁判でほぼ確定的となった日本の嫌韓感情。

アジア四昇竜と言われた頃のようにマーケットがどんどん拡大している状況なら、企業も韓国でのビジネスを台無しにしたくないと妥協する可能性もあります。

しかし、ズンズン進む少子高齢化、無茶な最低賃金UP、強硬な貴族労組などなど、悪材料が重なり、どんどん瓦解していく自動車&スマホ産業の姿を見れば、むしろ日韓関係悪化を理由に韓国から撤退していく可能性の方が高い。

うまくいけば日本政府から撤退支援金くらい出るかもしれません。

それにしても、現政権の「未来志向の日韓関係」や、「韓米の緊密な連携」ほど虚しく響くフレーズはありません。

“虚しく響く「日韓の未来志向」と「韓米の緊密な連携」” の続きを読む

日韓基本条約の見直しは父の遺訓

日本で盛り上がりを見せている徴用工問題。

日本語版の韓国メディアでは連日特集のごとく、日本語訳された記事がバンバン出てますが、日本向けに選択して翻訳しているためにそうなっているだけで、韓国版を除くとあまり注目されていません。

ハンギョレも大喜びで記事を乱発するかと思ったら思ったほど多くない。おそらく現左派政権を困らせたくないから自制しているのかもしれません。(もちろん今後どうなるかは不明)

これが保守政権ならバンバン世論煽って政府を困らせようとするでしょう。

そういう点では保守メディアの朝鮮日報の方がこの問題の報道に積極的かもしれません。

面白いことに北朝鮮がほぼ無反応です。さんざんこの問題を裏で扇動してきたくせに、気付いたら残ってるのは韓国だけ。見事な対南工作ですね。慰安婦問題といい、韓国を矢面に立たせて疲弊させる手腕は実に素晴らしい。いまいましい限りです。

日本側では「日韓関係の基盤を揺るがす!」とかなり強烈な拒否反応を示しています。

戦後日韓関係のスタートとなった、1965年の日韓基本条約を破綻させるような判決を司法府が下したんですから当然です。

「パンドラの箱を開けた」と評する韓国専門家の言う通りの状況になりました。

さて、この日韓基本条約について文在寅大統領はどう思っているのか?

その一端がうかがえる内容が自叙伝『運命 文在寅自伝』にあります。

“日韓基本条約の見直しは父の遺訓” の続きを読む