『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その1 朴正煕維新体制の批判は北朝鮮からの指令

慰安婦・教科書問題 真の親韓派の見方 『物語 韓国人』より』で紹介した韓国専門家の田中明氏の別の著書『韓国の民族意識と伝統 (岩波現代文庫)』に、在日朝鮮人文化人への疑問という章があります。

1981年に書かれた文章のようですが、今でも変わらない傾向があるので、現在での事例と並べて紹介します。

在日朝鮮文化人への疑問

1981.5

在日朝鮮人について、とくにその批判にわたることについて語るのは少々気の重いことである。それらの人に加えられている日本人の差別や偏見は抜きがたく今も存在しており、その負い目を常に感じざるをえないからだ。そんなところから良心的であることを自負する日本人の間には、日本人が朝鮮人にたいして何か批判的なことをいったり、疑問を提示したりすることを不当だとする雰囲気がある。「日本が朝鮮に加えた(そして加えている)悪行を思えば、そんなことをいう資格が日本人にはあろうか。われわれはまず朝鮮人にたいする抑圧をくつがえすための努力をするのが先決である」といった言葉が投げかけられる。

朝鮮学校の反在日的、反朝鮮民族的な教育を批判すると差別問題にすり替えられ、まず日本人の差別をなくせと声高に言う人たちがこの思考傾向を持ってます。

北朝鮮擁護で、植民地支配の清算をという人も同じ。今現在、朝鮮人を奴隷支配している相手になぜ朝鮮人植民地支配の清算をせにゃならんのだ!?という発想はない。加害者Aが被害者Bのために、新たな加害者Cに被害者Bの慰謝料を払うようなもの。そこに疑問を感じない人のなんと多いことか。

“『韓国の民族意識と伝統』在日朝鮮文化人への疑問 その1 朴正煕維新体制の批判は北朝鮮からの指令” の続きを読む

あるがままの北朝鮮を見よう論がまたまた出てきた

さすがハンギョレ新聞といったところか、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官の「北朝鮮を悪魔化せずに、ありのまま見るべき」という妄言記事が掲載されていました。

この人に「すみません、あるがままの北朝鮮を知ったら恐ろしくて付き合えないんですけど?」という常識は通用しません。

“あるがままの北朝鮮を見よう論がまたまた出てきた” の続きを読む

平壌公演ふたたび

以前、『もはや遠い時代の出来事になった平壌公演』という投稿をしましたが、再び同じことが起きています。

もはや遠い時代の出来事になった平壌公演

有名女優となったユン・ウネがいたベイビーボックス(Baby V.O.X)や、神話(シンファ)が公演を行いましたが、今度はレッドベルベットや少女時代のソヒョンなどの結構な有名どころが訪問しています。

あの懐かしい光景がまた繰り返されている模様。

“平壌公演ふたたび” の続きを読む

北朝鮮が核を放棄しても朝鮮半島は平和にならない

南北融和ムードに韓国がそう状態になっています。

米朝対話までもっていけた文政権の支持率は急上昇。

これには素直に拍手を送りたいです。

対話はすれども「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄(CVID)」が成し遂げられるまで、経済制裁を一切緩めることがなければうまくいく可能性もあります。

ですがよくよく考えてみると、非核化して果たして朝鮮半島が平和になるかは疑問です。

“北朝鮮が核を放棄しても朝鮮半島は平和にならない” の続きを読む

南北融和に前のめりのハンギョレ新聞

親北性向が強い左派系のハンギョレ新聞。

韓国の軍事独裁政権と戦ってきたことを誇りにするわりには北の独裁政権とは戦おうとしない謎の新聞です。

北朝鮮への特使代表団派遣から南北会談も決まって、南北関係改善に向けた第一歩だと前のめりの記事が乱れ飛んでいいます。

“南北融和に前のめりのハンギョレ新聞” の続きを読む