恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化

(※過去投稿を更新してUP)

朝鮮学校の教育が、なぜ洗脳教育なのか?

それは、「教えなければいけないことを教えていない」、からです。

「都合の良い情報しか与えない」ことが洗脳の第一歩と言えます。

大多数は「金正恩元帥様」なんて心から思っていない、というのはその通りでしょう。

ふざけた言い訳です。

ことの本質をまったく分かっていません。

自分たちのよって立つところを築き上げてきた在日一世と、朝鮮学校の先輩たち数万人を虐殺した相手に、「悪感情」を抱いていない時点で洗脳教育が成功している証左と言えます。

「向こうの流儀だしまぁいいや」程度の感情しか抱かず、嘘だとしても「敬愛する金正恩元帥様!!」とソルマジ公演で子供に絶叫させたり、金父子の銅像に頭を下げれることがそもそもありえません。

完璧に神格化されている「阪神教育闘争」と、それとセットになっている「金太一少年」のことはみんな知っていますが、朝鮮学校の黎明期を支えた恩師のことは誰も知らない。これこそが洗脳教育をやっていることの証左でしょう。

『光射せ!第7号』から、大阪の古い活動家や在日同胞なら知らない人はいない、と言われた朝鮮学校の校長先生の末路を紹介します。 “恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化” の続きを読む

資料:『朝鮮総聯の自主解散と新しい在日同胞組織の結成を目指して!』

おそらく朝鮮総連改革志向会の前身となったと思われる、総連内の改革派が書いた文書を全文公開しておきます。

朝鮮戦争をアメリカの罠だと認識していたり、朴正煕大統領が知識人を弾圧していたと書いているのを見るといかにも北朝鮮史観だな~と思わされますが、それ以外のことはしごくごもっともです。

やはり帰国事業で在日同胞を、地獄に突き落とした原罪から逃げず立ち向かっている人はまともですね。「一挙手一投足が民族への裏切り行為」と揶揄される許宗萬とは違います。 “資料:『朝鮮総聯の自主解散と新しい在日同胞組織の結成を目指して!』” の続きを読む

朝鮮学校問題は朝鮮総連民主化強制で解決

「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の機関誌、「光射せ!」の7号に収録されている、『朝鮮総聯の改革と民族統一・志向会 会報1号』から、北の暴君に強奪された、民族団体や民族教育を取り返そうとした人たちの声を紹介したいと思います。

今、そういう勢力がまだ存在しているのか、完全に鎮圧されているのかは不明ですが、『朝鮮総聯の改革と民族統一・志向会』の会報には、有用なことが数多く書かれています。北朝鮮の自由化・民主化につながる内容だと思えるもの多々あります。

“朝鮮学校問題は朝鮮総連民主化強制で解決” の続きを読む

北朝鮮体制変更の必読書『独裁体制から民主主義へ』

世の中の独裁体制を、平和的に体制変更したい人たちの必読書、『独裁体制から民主主義へ―権力に対抗するための教科書 (ちくま学芸文庫)』をベースに、どうすれば北朝鮮がよくなり北東アジアが安定するかを考えたいと思います。 “北朝鮮体制変更の必読書『独裁体制から民主主義へ』” の続きを読む

朝鮮学校更生への道 在日同胞から朝鮮学校への悲痛な叫び

 

 日本社会の上っ面の理解と無関心が、このような悲痛な叫びを上げさせることになりました。この方の心情を思うと、涙を禁じえません。

 こういった声は何度も何度も繰り返し上げられましたが、ことごとく踏みにじられてきました。それも他でもない在日同胞からです。こういう声を無視することこそが、残酷な在日差別ではないでしょうか?

拉致と真実 第6号より、「朝鮮学校更生への道」という在日の方が寄稿した、ウリハッキョへの悲痛な叫びを全文掲載します。 “朝鮮学校更生への道 在日同胞から朝鮮学校への悲痛な叫び” の続きを読む