脱北者の証言

脱北者の証言

『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする

『北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』安明哲著北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを慰安婦や徴用工並みに、日韓や米国の一般市民全体で共有されない限り、北朝鮮問題の本当の解決は不可能です。そもそも北朝鮮労働党が、今まで行って...
朝鮮学校の教育

『北朝鮮 絶望収容所』 目を見開いたまま死んだ娘

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを日本全体で共有し、北朝鮮へ改善を強く要求し、そして実際に改善されない限り、日朝国交正常化はありえません。 北朝鮮帰国事業で北送された在日朝鮮人の女性が収容所で受けた仕打ちを『北朝鮮 ...
北朝鮮情勢

北朝鮮の人権問題は避けて通れない

米朝間は核核核、南北間は民族民族民族、日朝間は(始まってもないけど)拉致拉致拉致。北朝鮮国内の人権はまったく出てきません。嘆かわしい限りですが、良いニュースもあります。26日に米国上院外交委員会で北朝鮮の収容所撤廃を促す法案が通過したようで...
歴史認識

帰還事業で北朝鮮政府を提訴する意義 「望んで行った」のと「騙されて連れていかれた」のとでは日本政府の対応が全然違う

8/20(月)に、脱北者が北朝鮮帰還事業は人道上の犯罪だということで北朝鮮側を提訴しました。批判的な人は、やるだけ無駄とか言いますが、北朝鮮から謝罪と賠償金がもられるなんて思っていません。大事なのは、「帰還事業は人道上の犯罪行為」だと法的に...
脱北者の証言

『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 運動場の砂地で子供の手の皮を削り取る

この本は、強制収容所から脱出した方の手記です。姜哲煥氏は、在日二世でもあるため、帰国した在日朝鮮人がどういう目にあったかも多く書かれています。強制収容所内での子供達がどれだけ残酷な目にあっているかを取り上げます。この強制収容所の実態を知らず...
北朝鮮情勢

脱北者の証言 PBSニュースより

アメリカPBSニュースで脱北者の証言が報道されていましたので文字起こしをしました。(アナウンサー)先ほどもお伝えしたように、トランプ大統領は北朝鮮の金委員長を称賛しています。そして核の問題は70年にわたる北朝鮮の人権侵害より重要だと強調しま...
脱北者の証言

『北朝鮮 泣いている女たち』泥を食べて飢えをしのぐ

この世の地獄と言える北朝鮮の政治犯収容所。そこから生きて出られた人たちの証言を無視してはいけません。この圧政が改善されない限り統一など夢のまた夢。平和と反戦を声高に叫ぶのであれば、ホロコーストさえ真っ青になる北朝鮮の政治犯収容所の廃絶にも声...
帰国事業

『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』朝鮮学校 洗脳教育の手法

帰還事業で北送され、その後脱北して韓国で活動している金柱聖氏の著書『跳べない蛙 北朝鮮「洗脳文学」の実体』から、朝鮮学校でどのように祖国愛を注入してたかが分かる内容があったので紹介しておきます。幼少期にこのような情緒を形成させられてしまうと...
脱北者の証言

第15回北朝鮮自由週間の開幕式『「惨憺たる会談」溢れる専門家の酷評…太永浩「北金正恩体制必ず滅びる」』

ソウルで開かれている北朝鮮自由週間に関連した記事の日本語訳です。(New Daily 2018.04.28 “참담한 회담” 쏟아지는 전문가 혹평…태영호 “北 김정은 체제 반드시 망할 것”)こういう記事が日本の大手新聞社で転載されり...
帰国事業

『自由を盗んだ少年—北朝鮮 悪童日記』 コッチェビとなって北朝鮮で生きる在日三世たち

『自由を盗んだ少年——北朝鮮 悪童日記』帰国事業で北送された在日朝鮮人の子孫の話が出ていたので紹介します。噂話しなので本当に在日朝鮮人の子孫なのかは不明ですが、90年代から00年代初頭に北朝鮮を援助せず、体制変革へと導いていれば、この子孫と...
タイトルとURLをコピーしました