『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 妊婦に対する残酷な強制堕胎

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』。強制収容所から脱出した在日朝鮮人の子孫である姜哲煥氏の手記。

この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れない。これこそが暴君とごく一部の取り巻き以外、誰も幸せにしない政治体制を維持する核と言えます。

常に死を覚悟しなければ環境下で、人は種の保存本能が強くなり、過酷な環境課でも子供を成そうとします。しかし、北朝鮮の強制収容所ではとんでもなく残虐な方法で「強制堕胎」させます。

“『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 妊婦に対する残酷な強制堕胎” の続きを読む

脱北者が語る洗脳教育 BBC NEWS『北朝鮮が恋しいと思う時――脱北者若者たちに聞く』

BBCが韓国のベナTVにインタビューに来た時の記事が掲載されています。

北朝鮮が恋しいと思う時――脱北者若者たちに聞く

みんな食べ物が懐かしいとか、友人に会いたいと言っています。

逃げ出したとはいえ、生まれ故郷が嫌いだからではなく、生きていけないから、自由がないから、恐怖政治に耐えられないから脱北したわけです。

北朝鮮の体制が変われば帰りたいと思う人が大半でしょう。

“脱北者が語る洗脳教育 BBC NEWS『北朝鮮が恋しいと思う時――脱北者若者たちに聞く』” の続きを読む

『光射せ!第4号』 収容所から戻った在日朝鮮人の指

北朝鮮が「在日の歴史」から徹底して消し去ろうとしているのが、北朝鮮へ北送され、収容所送りとなった数万人の在日朝鮮人の末路でしょう。

これを徹底的に隠蔽しているからこそ、今の朝鮮学校の教育が維持できていると言えます。

ヘイトスピーチや差別があるから朝鮮学校が変われないと言う主張も耳にしますが、もしその論理が成り立つなら、北朝鮮や朝鮮総連はネット上で差別を作りだすでしょう。

裏で右翼に金を流して、排外デモもやらせるでしょう。

そうすれば北の暴君にとって都合の良い教育内容を維持できるわけですから。

別に陰謀論でもなんでもなく、自明の理というやつです。普通に考えれば分かることです。 “『光射せ!第4号』 収容所から戻った在日朝鮮人の指” の続きを読む

北朝鮮の収容所にいた朝鮮戦争時の捕虜と思われる白人収容者

悪名高き北朝鮮の強制収容所。韓国人、日本人、在日コリアンは間違いなく大量に収容され、ナチスドイツのユダヤ人虐殺がかすむほどの残酷な殺され方をしています。

じゃあ北朝鮮が日ごろ口汚く罵っている米国人はどうなのかな?と思っていたところ、朝鮮戦争時に捕虜となった米兵と思われる白人の目撃証言がありました。

朝鮮戦争の停戦後にろくに捕虜を返していないのが北朝鮮ですので、証拠がないだけで収容所送りになった米国兵士はいるでしょう。

その内容はこちら。

“北朝鮮の収容所にいた朝鮮戦争時の捕虜と思われる白人収容者” の続きを読む

『北朝鮮 地獄からのレポート』収容所で在日帰国者が辿った運命

北朝鮮 地獄からのレポート―最新飢餓報告と収容所の実態』より、十八号収容所で帰国事業で北送された在日コリアンがどのような運命をたどったのか証言があったので紹介します。

朝鮮学校では絶対に教えないことです。

在日一世、二世を殺しまくった相手に教育援助金をもらったと感謝する。そんな歪んだことを教え込む暇があるなら、収容所で散っていった在日同胞のことを忘れないようにしてほしい。

そんな教育をしているから、在日コリアンの親が自分の子供を朝鮮学校に通わせることをやめてしまうわけです。

さて本題。収容所で帰国在日を見た脱北者の証言。

“『北朝鮮 地獄からのレポート』収容所で在日帰国者が辿った運命” の続きを読む