『北朝鮮人喰い収容所』  弟と妹を殺して食べた兄

北朝鮮人喰い収容所―飢餓と絶望の国』 黄万有著

北朝鮮が隠し、日本のメディアも無視し、忘れ去ろうとしている脱北者の証言です。北朝鮮がこれを反省し、慰霊碑をたて、国家的行事として無残に殺された魂を供養してくれなければ、北朝鮮との国交正常化は不可能ではないでしょうか?核問題も良いですが、同じくらい人権問題を外交交渉での争点にすべきだと思います。

『北朝鮮人喰い収容所』 P88~96より引用します。

“『北朝鮮人喰い収容所』  弟と妹を殺して食べた兄”の続きを読む

在日朝鮮人の脱北者 金柱聖さん対談番組

韓国のベナTVで、在日朝鮮人の脱北者 金柱聖さん対談番組に日本語字幕がついたので紹介しておきます。

朝鮮学校OBでもある金柱聖さんの話しは、日本とも深く関りがあり他人事とは思えません。

Part1

内容:
1978年とかなり遅い時期に帰国。当時16歳で朝鮮学校に通っていた。両親の反対を押し切って祖父母に連れられて北朝鮮に帰る。向こうですでに帰国していた在日同胞に「なぜ来たのか?」とあきれられる。なぜ帰国したのか?なぜ脱北したのか?そういった内容を語る。

 

Part2

内容:
二度目の脱北。母親や親せきがいる日本には帰れず、韓国行きになった経緯や、韓国ハナ院での話し、その後、日本で母親と再会を果たした時のことなどを語る。

 

最後に紹介されていましたが、金柱聖さんや音楽の専門家が集まってオーケストラを結成したそうです。

ワンコリアフェスティバルとかで呼んでみたら?と言ってみようかな。まぁウリハッキョ神格化教育を受けてる人たちの巣窟ですから無理でしょうけど。

『北朝鮮人喰い収容所』 己と祖国を呪って死んだ青年

北朝鮮が隠し、日本のメディアも無視し、忘れ去ろうとしている脱北者の証言です。北朝鮮がこれを反省し、慰霊碑をたて、国家的行事として無残に殺された魂を供養してくれなければ、北朝鮮との国交正常化は不可能ではないでしょうか?核問題も良いですが、同じくらい人権問題を外交交渉での争点にすべきだと思います。

『北朝鮮人喰い収容所』 P103~108より引用します。 “『北朝鮮人喰い収容所』 己と祖国を呪って死んだ青年”の続きを読む

『北朝鮮 いまだ存在する強制収容所』 尾っぽのないけだものたち

日本語に翻訳されていない脱北者の証言が、この本で紹介されていたので引用します。
北朝鮮の人権問題は、調べれば調べるほど、さらなる上が出てきます。本当に震えがくる事例のオンパレードです。

(※昔の投稿を更新)


“『北朝鮮 いまだ存在する強制収容所』 尾っぽのないけだものたち”の続きを読む

強制収容所を信じない韓国人と同胞殺しに自責の念を感じない総連

姜哲煥氏が脱北して強制収容所の実態を告発したときの、韓国人の様子と、日本の総連の対応を紹介しておきます。

1995年7月7日から14日までの8日間、姜哲煥氏と安赫氏が日本に招待され、各地で講演したり記者会見をしたときの記録に、今では考えられない韓国人の反応の数々を語っていました。 “強制収容所を信じない韓国人と同胞殺しに自責の念を感じない総連”の続きを読む