『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 ある日突然地獄に落とされ、後悔の涙を流す在日同胞

 

 この本は、強制収容所から脱出した方の手記です。姜哲煥氏は、在日二世でもあるため、帰国した在日同胞がどういう目にあったかも多く書かれています。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないでしょう。

 在日帰国者が、ある日突然家族ごと消された、「帰国者狩り」と言われる部分を引用します。

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』 P15-32


 祖父は、政治的な問題を起こすような人ではなかった。誰かにおとし入れられるようなことさえなければ……。祖父は幼い頃日本に渡り、財を成した。資産家として羽振りをきかせ、朝鮮総聯(在日本朝鮮人総聯合会)傘下の京都商工会長を長いあいだつとめていた。
 祖母は十三歳のとき日本に渡り、二十歳で日本共産党に入党。民族解放のために戦い、朝鮮総聯京都支部の女性同盟委員長として活躍した。
 帰国事業(北送事業)が始まると、祖母はみずから率先して祖父を説得した。そして親戚たちが頑強に引きとめるのをふりきり、その多くの財産をすべて整理して新潟から帰国船に乗り、北朝鮮に来たのだった。それは一九六一年のことだった。 “『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 ある日突然地獄に落とされ、後悔の涙を流す在日同胞” の続きを読む

『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 運動場の砂地で子供の手の皮を削り取る

 

 この本は、強制収容所から脱出した方の手記です。姜哲煥氏は、在日二世でもあるため、帰国した在日同胞がどういう目にあったかも多く書かれています。

 強制収容所内での子供達がどれだけ残酷な目にあっているかを取り上げます。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないでしょう。

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』 姜哲煥、安赫著 文庫版 P45-48


運動場の砂地で、手の皮は削りとらせる

 運動場に行ってみると、教壇の前に六人の生徒が罪人のように頭を下げて立っていた。すでによほどムチで打たれたのか、彼らの顔には青く痣ができてパンパンにふくれあがり、頬から涙が流れていた。生徒たちが全員運動場に集まると、朴教員は恐ろしい剣幕で教壇にかけあがり、あらんかぎりの声を張りあげた。 “『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 運動場の砂地で子供の手の皮を削り取る” の続きを読む

『北朝鮮人喰い収容所』  友人を殺して食べる子供達

北朝鮮人喰い収容所―飢餓と絶望の国』 黄万有著

 北朝鮮が隠し、日本のメディアも無視し、忘れ去ろうとしている脱北者の証言です。北朝鮮がこれを反省し、慰霊碑をたて、国家的行事として無残に殺された魂を供養してくれなければ、北朝鮮との国交正常化は不可能ではないでしょうか?核問題も良いですが、同じくらい人権問題を外交交渉での争点にすべきだと思います。

『北朝鮮人喰い収容所』 P113~118より引用します。 “『北朝鮮人喰い収容所』  友人を殺して食べる子供達” の続きを読む

『北朝鮮人喰い収容所』  人体実験が行われる収容所

 

北朝鮮人喰い収容所―飢餓と絶望の国』 黄万有著

 北朝鮮が隠し、日本のメディアも無視し、忘れ去ろうとしている脱北者の証言です。北朝鮮がこれを反省し、慰霊碑をたて、国家的行事として無残に殺された魂を供養してくれなければ、北朝鮮との国交正常化は不可能ではないでしょうか?核問題も良いですが、同じくらい人権問題を外交交渉での争点にすべきだと思います。

『北朝鮮人喰い収容所』 P43~45より引用します。 “『北朝鮮人喰い収容所』  人体実験が行われる収容所” の続きを読む

『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする

北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』 安明哲著

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを日本全体で共有しない限り、日朝国交正常化はありえません。

そもそも北朝鮮労働党が、今まで行ってきた自国民に対する弾圧を謝罪し、二度と繰り返さないと誓い、改めて朝鮮人の代表を選出してくれない限り、国家として承認しようがありません。

つまり、「人間を家畜化する強制収容所」、「三代殲滅の連座制」、「親兄弟友人知人とのつながりを破壊する密告制を奨励する秘密警察体制」、これらの独裁体制システムを是正してくれないかぎり日朝国交正常化など不可能でしょう。

なぜありえないか、次の脱北者の証言をぜひ読んでください。

『北朝鮮 絶望収容所』 文庫版 P290~292

女性を性奴隷にする強制収容所 “『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする” の続きを読む