脱北者の証言

脱北者の証言

鬼気迫る肉声テープ 『将軍様、あなたのために映画を撮ります』より

北朝鮮にさらわれた有名女優と映画監督、崔銀姫(チェ・ウニ)と申相玉(シン・サンオク)が持ち出した録音テープと証言をもとに作られた映画『将軍様、あなたのために映画を撮ります 』。その映画に、映画監督の申相玉(シン・サンオク)氏の肉声テープが鬼...
脱北者の証言

脱北は一段と難しくなった

北朝鮮からの脱出は現在ではほぼ不可能と言えるレベルのようです。以前から中朝国境の管理が厳しくなり、脱北は困難という話しは出ていましたが、具体的な脱北費用を出していかに難しくなっているかが北朝鮮難民救援基金NEWSで書かれていましたので一部紹...
脱北者の証言

『北朝鮮 絶望収容所』 赤ん坊を犬に投げ与える

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本の一つに『北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』があります。こういうありえないことをやってのける集団だという認識が一般常識化しないために、対北朝鮮外交がうまくいかないと言っても過言ではありません。ホ...
脱北者の証言

『北朝鮮 絶望収容所』悲しき姉弟相姦

北朝鮮の恐怖支配の核である強制収容所。数ある脱北者の証言の中でも「完全統制区」と言われる政治犯収容所の証言内容は、群を抜いて残虐です。その内容がよく分かるのが、この本です。『』人間をとことん追い詰めると近親相姦さえあたり前になってしまう、愕...
脱北者の証言

映画『アルバトロス』が一番北の収容所の実態に近い

北朝鮮の収容所を映画化したもので有名なのは、『クロッシング』と『北朝鮮強制収容所に生まれて』の2つでしょう。しかし、1996年にも韓国の軍主導で作られた映画があります。タイトルは『アルバトロス』。
帰国事業

ベナTV 姜哲煥氏との対談第二部 名言のオンパレード

インターネットテレビのベナTVで、姜哲煥氏の対談番組第二部に字幕がつきまました。第一部も素晴らしかったですが、第二部は本当にすごい。名言のオンパレードでした。こりゃ凄いなと思った点をまとめておきます。
脱北者の証言

『北朝鮮人喰い収容所』  質問しただけで指を砕かれる

北朝鮮が隠し、日本のメディアも無視し、忘れ去ろうとしている脱北者の証言です。北朝鮮がこれを反省し、慰霊碑をたて、国家的行事として無残に殺された魂を供養してくれなければ、北朝鮮との国交正常化は不可能ではないでしょうか?核問題も良いですが、同じ...
朝鮮学校の教育

人生を否定される苦しみを子供に伝染させる

韓国のハナ院(脱北者の定着支援施設)で重視されていることの一つに、脱北者に対して本当の歴史を教えることがあげられます。その時、反発する脱北者がいるのですが、このあたりの洗脳教育の弊害が朝鮮学校支援者と同じだったので紹介しておきます。本来、こ...
朝鮮学校の教育

ハナ院で再教育を受ける脱北者の問題点と同じ問題を抱える朝鮮学校

脱北者がハナ院で再教育を受ける時に、色んな困難に直面します。その問題点が、朝鮮学校と同じでした。『7つの名前を持つ少女』より該当部分を紹介します。
朝鮮学校の教育

北の現実を直視しない朝鮮学校のメンタル

脱北者の手記『7つの名前を持つ少女』に、幼少期から植え付けられた情緒のせいで、事実を直視することを拒否してしまう内容がありました。これが在日同胞数万人を虐殺した相手を愛する教育は歪んでいる、という指摘に断固耳を貸さない朝鮮学校支持者の思考回...
タイトルとURLをコピーしました