中国が危険な理由

中国はなぜ危険か?

理由は簡単。

外国より、内部の政敵の方が何十倍も恐ろしいからです。

この理由にピンと来ないかもしれませんが、具体的に考えてみると納得できます。

 

内部の政敵に負けると、財産はすべて没収され、親族丸ごと失脚し、地位と名誉はすべてはく奪される。

これが内部の政敵に負けると文字通りすべてを失う。これが中国です。

外国ならどうか?

アメリカや日本と軍事衝突を起こしたり、盛大に罵りあいをしたとしても、いよいよヤバくなったら「どうもすみません」と謝罪すれば終了です。

中国が謝罪すれば、日本や米国内部の平和愛好家勢力が全力で和解を支援するでしょう。

中国内部の政敵に比べたら、外国なんてかわいいものです。

そしてこれが中国が予測できず、危険な理由です。

中国が四方八方に喧嘩を売ってますが、内部の政敵に「我が国の国益のために〇〇国と闘っている俺は凄いだろ?」というアピールなわけです。

これが恐ろしい。

周りの国からしたらたまったもんじゃありません。

中国内部の政治闘争のために、周辺諸国が犠牲になる。

これこそが中国が予測不能で危険な最大の理由です。