日韓関係に大ダメージ「徴用工」裁判結果の影響とその解決方法

徴用工の判決が出ました。憂鬱ですね。

北朝鮮の第一級戦略目標である、1965年の日韓基本条約の破綻が成し遂げられそうな勢いです。

経済面ばかり注目されがちですが、日韓基本条約の重要な点は韓国が日本に「朝鮮半島の合法政府は唯一韓国のみ」を認めさせたことです。

李承晩が盛大に駄々をこねて「韓米相互防衛条約」をもぎ取り、朴正煕が挟み撃ちのリスクをなくすために当時北朝鮮よりだった日本に認めさせた「半島唯一の合法政府」。

この二つの外交遺産が今も韓国を守っているわけです。

そして、北朝鮮はこれにずーっと反対し、破綻を目指してせっせと工作をしてきました。

長年の努力が実を結び、いよいよ日韓基本条約の瓦解が視野に入ってきました。

見事ですね。この執拗さには脱帽です。

日本国民の嫌韓感情はもはや揺るぎない感じになるでしょう。昔は、過去の贖罪意識もあって日本も同情的で譲歩しがちでしたが、もはやそんな気配は微塵もなし。

下手に譲歩したら国民の支持が離れます。選挙が命の政治家がそんな真似をするわけがない。

野党もこれはおかしいと超党派で韓国政府とバトルを繰り広げるでしょう。

韓国も事情は同じ。下手に譲歩したら落選します。韓国側も超党派でこの判決結果を支持していますから外交面で日韓は全面戦争に突入です。

両政府とも日韓関係を決定的に悪化させたくないとは思っているでしょうが、国民の民意に基盤を置く政治家がどこまで冷静になれるか疑問。

特に韓国は無理でしょうね。

 

今思えばいかに朴槿恵元大統領がまともだったかがよく分かります。

この日本の反応が予想できてれば先送りしますよ、そりゃ。

ごく一部の「恨」という感情に忖度して韓国五千万人を道連れにするわけにはいきません。それが国を率いる政治家の冷徹な正しい判断というものです。

被害者が死ぬまで先延ばしする作戦だったのを、積弊清算で明らかにしてしまった文政権が、この爆弾処理を自ら引き受けることになりました。

案の定というか当然というか、この訴訟を主導した団体は、「韓国の全国民主労働組合総連盟や民族問題研究所など各界の約10の団体でつくる「強制動員問題解決と対日過去清算のための共同行動」」とのこと。

いつも通りの新北団体です。

内訳は『‘강제동원 해결·대일 과거청산 위한 공동행동’ 출범』を日本語訳した『強制動員解決・対日過去清算ための共同行動’スタート』というブログ記事を見る限り以下の通り。(※()内は代表者)

  1. 強制動員共同行動には勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会(イ・クコン)
  2. 太平洋戦争被害者補償推進協議会(イ・ヒジャ)
  3. 陜川(ハプチョン)平和の家等の被害者団体と大韓仏教曹渓宗(チョゲチョン)民族共同体推進本部(ウォンテク僧侶)等宗教団体
  4. 南北歴史文化交流協会(李ユンベ)
  5. 民族問題研究所(イム・ホニョン)
  6. 民主社会のための弁護士の会
  7. 過去の歴史清算委員会(ソ・チュンヒ)
  8. 私たちの同胞が一つになる運動本部(チョ・ソンウ)
  9. 民主労組(キム・ミョンファン)
  10. 平和踏み石(チョン・ビョンホ)
  11. フォーラム真実と正義(イ・ソクテ、キム・ヒョスン、ホン・スングォン)
  12. 興士団(リュ・ジョンヨル)
  13. ヤスクニ反対共同行動韓国委員会(イ・ヒジャ)
  14. 朝鮮学校と共にする人々・モンダンヨンピル(クォン・ヘヒョ)
  15. 1923韓日在日市民連帯(キム・ジョンス)
  16. KIN地球村同胞連帯(ペ・ドクホ)

香ばしい団体勢ぞろいです。

彼らの裁判闘争は実に巧みですね。

韓国人の情緒に訴えるようなメディア戦略と、それを強制力のある法廷の判決へと結びつける訴訟技術。

この辺の手法は脱北者団体や、拉北者団体、韓国国軍捕虜団体も見習った方がいいでしょう。

今後の展開ですが、まず他の徴用工裁判結果で勝訴が続出しそうです。

何せこの量ですから。

憂鬱ですね。

勝訴の結果を受けるたびに、日本国民の対韓感情は悪化します。

昔のように貧しい韓国を下に見ていたときは対応が甘くなりますが、今では十二分に発展した対等な国家関係です。遠慮はしません。

韓国専門家も、昔のような「過去の植民地支配が、、、」というまくら言葉をつけて発言する人は少数派で、今後はビジネスライクに是々非々で付き合えば良いという人が増えています。

日本政府も韓国への対応がどんどん強硬になるでしょう。

裁判結果を受けての第一声がこれですから。

「国際法に照らしてありえない判断」

「およそ常識では考えられないような判決」

韓国は非常識!国際法上ありえない!とかなり強い発言が連発しています。

スワップ締結など未来永劫不可能とあいなりました。

嫌韓ネトウヨさんも大喜びです。

Let’s 日韓断交!の大合唱ですよ。

国交断絶なんてことにはならないでしょうが、今の米中関係のように険悪なものに発展することは考えられます。

賠償金を払えば済むじゃないかと言う人もいそうですが、そんな問題ではありません。

なにせ「真の謝罪をすべき」とこれまたあいまいな要求が飛び出してます。

今までの歴代首相の植民地支配への謝罪はなんだったのか?

きっと「被害者の目の前に来て謝れ」とか言うんでしょう。

が、そんなことは不可能です。

国家として出来ることとできないことがあります。

やったとしても当然日本国内で反発があり、政治家からも「ふざけんな!」という声が出るでしょう。

そしてそれを取り上げて「真の謝罪じゃない!」と市民団体が怒り、韓国政府はそのたびにまた日本政府に「お互い知恵を絞って…」とか言ってくるわけです。

日本の首相が謝意を示すたびに、歴代韓国大統領が「日本の謝罪を受け入れよう。これで最後にしよう」と呼びかけてきたわけですが全部無駄だったわけです。

韓国版サラミ戦術のように「植民地支配について真の謝罪を」「慰安婦について真の謝罪を」「徴用工について真の謝罪を」「女子挺身隊について真の謝罪を」「原爆被害者について保障を」と色んな問題を細切れにしていちいち要求してくるわけです。

仮に謝罪したとしても、どう頑張っても嫌々かつしゃーなしの謝罪です。

真の謝罪からはかけ離れた謝罪にならざる得ない。

どう考えても絶対納得しない。

こんなもん何度謝っても無駄だとしか思えない。

さらにヤバイのは韓国の最高裁が、日韓基本条約を「請求権の処理」であって「韓国を植民地支配したことに対する賠償ではない」という判決を下したことでしょう。

これは本当にヤバイ。

日本は「改めて植民地支配の賠償をせよ」と言っているに等しい。

そんな理屈が通るなら、日本も「あれは植民地支配への賠償のつもりだったので、そうじゃないと言うなら3億ドルの無償援助を返してください。技術供与も金に換算していったん返してください。全部チャラにして最初からやり直しましょう」と言えてしまいます。

そこまでにはならなくとも、日韓基本条約が破綻することで、朝鮮半島に残した日本人の個人資産の請求権が復活してしまうでしょう。

韓国が在韓日本企業の資産を強制徴収するなら、日本もやれてしまうでしょう。

超ややこしい。

まあ日本の司法はまともなのでそんな判決は出さないでしょうが。。。

高支持率を誇る現政権に忖度して、盧武鉉時代の文大統領も主導した「個人の請求権は認められない」という決定に従うような判決を下すかと思ったら、賛成11・反対2で勝訴ですからね。韓国の司法もだいぶ狂ってます。

日本側の言う通り「日韓関係の基盤が崩れる」というのは大げさでもなんでもない。

マジです。

マジで日韓関係崩壊です。

シャレになりません。

この問題を甘く見てはいけません。

少なくとも北朝鮮は全力でこの問題をこじらせようとしてきます。

日韓分断・韓米分断は北朝鮮の対南工作の第一級戦略目標です。

匿名のネット上なんて炎上させるための扇動書き込みであふれること間違いなしです。

乗っ取り工作のステップは
1.教育とメディア
2.内務と法務(警察と裁判)
3.最後は軍隊
です。

2の法務はだいぶ侵食されているようです。

3の軍隊も、戦時統帥権返還が進んでいますから順調と言えます。

いまいち目立ってなかった徴用工問題。

ここにきて一気に主役級に躍り出ました。

慰安婦問題も真っ青です。

慰安婦・独島・徴用工の反日三大ツールの地位を確立しました。

逆に慰安婦問題の影が薄くなるかもしませんね。

少女像と同じように、全国に徴用工像が増えることでしょう。

こういうのや

こういうのが全国に乱立します。

きっと巨大化したり、ミニチュア化したり、バッチやステッカーになったり、バスに乗ったりもするのでしょう。

帽子やTシャツもできるかもしれません。

新日鉄や訴訟先の企業に対して「戦犯企業」というレッテル張りが横行し、韓国でビジネスをやる気力がどんどん削られます。

技術供与でポスコを支援し、世界を代表する大企業にまで成長することを後押ししてきたのに戦犯企業呼ばわりです。

これでやる気が出るならマゾでしょう。

そして慰安婦に続き、徴用工問題も南北連携が進みそうです。

韓国からの往来の制限が緩くなれば、その手の親北団体が平壌にバンバン訪朝して、共同声明を出したり、歴史の真実究明という名目で北朝鮮発のトンデモ証言がどんどん韓国や日本へ輸出されて過激化すること間違いなし。

乳房を切り取るとか、胎児を取り出すとか、釘の板の上を転がしたとか、タバコで膣を焼いたとか、水責めで腹をパンパンにしその上で板を敷いてシーソーのように飛び口と鼻から噴水のように水が飛び出したとか、言うこと聞かない慰安婦殺して生首を煮てその煮汁を別の慰安婦に飲ませたとか、北朝鮮発の慰安婦トンデモ証言が初期の慰安婦問題の炎上に貢献したわけです。

きっとこれらの徴用工版が出てくることでしょう。

米国でも徴用工像を建てよう運動が扇動され、韓国の日本企業資産を押さえられないなら米国の日本企業の資産を差し押さえようという訴訟も飛び出すでしょう。

ここまで飛び火すると韓米関係にもマイナスになります。

だいたい植民地支配の謝罪も賠償もないからと言って資産を没収できるなら、南アの白人農場の無償収用も合法になります。

どう考えても国際司法の基準で見て、無茶な判決です。

日本は一歩も引かないでしょうし、同情する日本人も少数です。

韓国に強硬に対処すればするほど支持率が上がるならやめる理由がありません。

在日差別や韓国・朝鮮人排外行動に飛び火する恐れもありますが、おそらくその手の運動が過激化する可能性は低そうです。

そんなことやらなくても日本政府がガンガン韓国に文句言いますから。

ネット上でいいぞいいぞと喝さいが増えるだけで、「在日が日本を支配してるぅ~~!!」などという馬鹿は出てきません。

仮に出るとすれば日本が譲歩して韓国の言うことを丸呑みした時でしょうね。

レイシストたちを図に乗らせないためにも一歩も引くべきではないでしょう。

日韓関係の悪化を望んではいませんが、もうしょうがない。

共に民主党の失墜を祈りつつ、ポスト文在寅政権に期待する以外なさそうです。

が、そう言ってあきらめるのも芸がない。

どうにかできないか?

この徴用工問題、解決策がなくはありません。

(次ページに続く)