第2延坪海戦での韓国海士差別が日本の自衛隊差別と一緒

2002年の日韓サッカーワールドカップの裏で起きていた、第2延坪海戦。

金大中・廬武鉉と続く左派政権下で、完全に置き去りにされていた事件です。

軍人に対する冷酷さが、日本左翼の自衛隊ヘイトを彷彿とさせます。

韓国の有志がクラウドファンディングで資金を集め、韓国で映画化されたものが2016年4月に公開されています。DVDも発売されています。

韓国の保守も頑張っていますね。

 

この映画を見ると、日本の自衛隊と状況がかぶっていて他人事とは思えません。

絶対に先制攻撃は禁止との厳命を守って、度重なる領海侵犯にも警告のみ。

無線傍受で、かなりの高確率でなんかやってきそうなのも分かってた。

結果はいきなり至近距離で銃撃を受け、「戦死4名、負傷者19名、行方不明者1名(後に357号引き上げ作業時に遺体で発見)、さらに哨戒艇1隻沈没という損害を受ける。また、負傷者1名が後日、病院で死亡した」(Wikiより)とのこと。死亡者は計6人です。

被害にあった船体は展示されています。

日本でも北朝鮮の工作船が海上保安資料館横浜館に展示されています。

従北左翼のやり方を見習って、相互に連携すればいいのにな~といつも不満です。

お互い紹介すれば良いし、第2延坪海戦の追悼式に、日本政府の要人を送り込めば日韓友好に寄与するでしょうに。

この事件のヤバイところは、当時の韓国国民の反応でしょう。

Wikiにこう書かれています。

韓国内の反応

韓国国防部は、北朝鮮艦艇が全く躊躇なく発砲してきたこと、そしてその後すぐに反転して逃げ去ったという行動などから、この交戦は北朝鮮軍が緻密に計画した奇襲であったと発表した。

しかし、戦死者まで出たにもかかわらず、韓国国民の関心は高まらなかった。韓国では当時、日韓ワールドカップが開催されており、事件直後こそ国民の関心は非常に高かったものの、韓国代表がワールドカップベスト4の快挙を成し遂げていたため連日テレビのニュースはワールドカップ関連一色であったこともあり、すぐに関心は低くなった。

韓国政府も、当時の大統領である金大中が太陽政策を推進していたこともあり、また北朝鮮が「偶発的」と主張しつつも遺憾の意を表明したこともあり、北朝鮮に対する具体的な圧力・制裁などは行わなかった。

殉職した軍人の1周忌にも、政府の関係者は姿は見られず、国民の関心も低く、遺族は暗澹とした気持ちになったという。

事件で夫を失ったある韓国人女性は、韓国に失望しアメリカに渡ったという。

毎年6月29日には韓国で海軍主催による追悼式典が行われているが、盧武鉉大統領は参加しておらず、2007年になってはじめて首相(韓悳洙)と合同参謀議長(金寛鎮)の参加が実現した。しかし追悼式典そのものも2007年を最後に行われないことが決定していた。

第2延坪海戦 Wiki

ドクズ大統領ですね、金大中も廬武鉉も。

この二人は、追悼式典に一度も参加していない。ありえない。

2007年にやっと政府要人が参加したが、それを最後に追悼式典とりやめようとしていましたそうです。信じがたい。

これを変えたのが保守政党の李明博大統領。

2008年に海軍第2艦隊司令部の主催で行われていた式典が政府行事となりました。

保守政党だからこそできたことでしょう。

映画化も朴槿恵政権下だからできたと思えます。

左派政権下だったら陰に陽に弾圧受けて潰されてたでしょうね。

危ない危ない。

それにしても、自国の軍艦にいきなり発砲されて、兵士が多数死亡。

その後に、北朝鮮が「偶発的な事故」と豪語し、「遺憾の意を表明」したら、韓国は沈黙するとは驚きます。

日本もたいがいヘタレかもしれませんが、6人も死者が出たら世論は沸騰するでしょう。

でも韓国は沈黙。

ありえないな。

こんな対応では、北朝鮮はやりたい放題でしょうね。

韓国人ぶっ殺しても、「偶発的事故」で「遺憾の意を表明」したら許してくれるわけですから。

北からしたら、「南はヘタレ揃いだな、ひゃっひゃっひゃっ!!」と言って馬鹿にし、体制維持の宣伝に大いに利用することでしょう。

そりゃ韓国に失望する人も出てくる。

日本で注意すべきことは、嫌韓ネトウヨの皆さんが、この第2延坪海戦について盛大に取り上げ、韓国叩きをしていないことでしょう。大いにヘタレ呼ばわりすれば良いのに、不思議ですね。

韓国の愛国心に火がついて、北に対して強硬姿勢になるのが嫌なのでしょうか?

かわりにネットで書き散らかしていることは、サッカーワールドカップで反則しまくっていたこと。

在特会の桜井誠なんてその筆頭でしょう。

マンガ嫌韓流もひたっっっすら、サッカーの反則ばっかりです。

もうね、どうでもいいんですよ。

おたくら拉致被害者取り返したいんですよね?

だったら国民がワールドカップで盛り上がっている最中に、いきなり発砲して船沈めて、兵士殺した北朝鮮をもっと非難しないとダメですよね?

こういうありえない集団に日本人拉致されたんだ~!と訴えた方が拉致被害者奪還に寄与しますよね?

違いますかね??

韓国叩きしてたら拉致被害者って返ってくるんでしょうか?

そんな暇ありましたっけ?

ま、しょせんは北朝鮮被害者トップ3である、韓国、在日、日本を相争わせようと、北が韓国で反日扇動をし、日本では嫌韓扇動をし、在日には差別だ、日帝だ、植民地だと特定方向に強固な情緒を形成し、この3者が北朝鮮に一致団結して立ち向かってこないように、うま~く情報操作しとるわけですよ。

まんまとはまってますよね~。

この構図は何十年も続いています。

いい加減、疲れました。

そもそも70年以上前のことで、なんでそんなに頑張れるのかが理解に苦しむ。

日本は、「韓国=反日カルト国家」のような短絡思考をやめて、韓国の第2延坪海戦を映画化した、『ノーザン・リミット・ライン 南北海戦 [DVD]』のような動きを評価すべきでしょう。

この映画は感動します。愛国心もった日本人なら同情すること間違いなしです。

在日コリアンも、日韓ワールドカップで大騒ぎして、南北融和で統一を夢想していたその横で、韓国の海軍兵士がいきなり撃ち殺されていたことにもっと注目してもらいたい。

日韓&在日の、北朝鮮の犯罪行為に対する甘さは異常です。

もはや病気ですね、「従北病」と名付けましょうか。

仮に、日韓サッカーワールドカップの最中に、竹島周辺で日本の海自が韓国の船にいきなり発砲して船を撃沈し、6人もの韓国兵士の命を奪ったらどうなるでしょうか?

きっと、「サッカーベスト4入りで喜んでいる最中に日本はなんてことをするんだ!!!」と怒り狂うはずです。

在日コリアンも盛大に日本政府叩きをやりますようね?

同じことを北朝鮮がやった場合には、なぜかだんまり。

もう一度繰り返しますが、日韓&在日の、北朝鮮の犯罪行為に対する甘さは異常です。

これぞ「従北病」です。

金大中は船沈められて、兵士殺されたのに、翌日には日本へサッカーの決勝を見に渡航。

本当に信じがたい。

殺された兵士の葬儀にも出ないし、追悼式にも出ない。

トップがこれでは、韓国軍はやってられません。士気ダダ下がりでしょう。

本当に同情します。もはや兵士差別ですよ。

日本の自衛隊差別と一緒ですね、他人事とは思えません。

もう一つ無視できないのは、この時金剛山へ韓国から観光ツアーで韓国人が何人も北に滞在していたことです。

韓国から本気で反撃してくるようなら人質になっていたでしょう。

核実験や、ミサイル実験をするときも、朝鮮学校の子供や、在日朝鮮人がほぼ必ず北へ渡航しています。いざという時の肉の盾です。

もし日本が北を攻撃しようとしたら、日本の在日は北に滞在中の子供たちのために、必死こいて国会前で反戦デモをやることでしょう。

もはや北の操り人形ですね。

こういうことを平気でやる相手だということを分かってない人が多すぎる。

「北朝鮮を恐れるあまり正常は判断ができていない。大事なのは対話だ!」というような主張をする方々がおられますが、「北朝鮮は恐れるに余りあります」。

いい加減、理解してほしい。

さてさて文在寅大統領は、ちゃんと第2延坪海戦の追悼式典に出ているようですが、今年はどうでしょうか?

光州では情熱的な演説をしていましたが、今年の6月29日にはどう出るか?

何もしなかったり、演説もなかったら最悪ですね。

あと、出席したとしても、教科書に書かなければアウトです。

人はいつか忘れますからね。義務教育に盛り込まないとダメです。

保守の従北呼ばわりはレッテル貼りだと言うのであれば、追悼式典に出て、金大中・廬武鉉政権時の対応を詫び、教科書に書いて学校で教えるようにしなければダメでしょう。

まぁやらないなら従北売国奴と言われても仕方ないでしょうね。

こういう人たちの気持ちを踏みにじってきたのが金大中と廬武鉉です。

韓国の草の根運動で映画化され、やっと省みられるようになりました。めでたいことです。

あとはこういう流れを潰されないよう、日本からも応援すべきでしょう。

それでこそ日韓友好です。

こういう韓国保守派(というか普通の常識人)たちの動きをちゃんと注目せずに、韓国は反日だー!と短絡思考で韓国叩きに精を出すところが、日本の保守言論人のダメなところでしょうね。困ったもんです。

ノーザン・リミット・ライン 南北海戦 [DVD]』より、追悼式典や当事者たちのインタビューをまとめました。

これを見て、日本の自衛隊差別と一緒だな!とても他人事とは思えない、、、と同情できる人はまともな保守であり、良識をもったリベラルと言えます。

とにかく韓国の全てが気に入らないという嫌韓カルトの右翼や、軍隊=悪の組織という思考回路の左翼は、北にとって大変都合の良い操り人形でしょう。

なぜか日韓の左翼は死者を悼む行為をすべてひっくるめて右傾化呼ばわりします。

日本なら戦前回帰、韓国なら維新独裁回帰。

保守叩きのやり口は日韓ともに一緒です。

日韓左翼の元締めは北朝鮮で、パトロンは中国。

敵を見誤って相争う、日本と韓国と在日。

バカバカしい限りです。