北朝鮮のミサイルと平壌訪問中の日朝教育交流団

またまた北朝鮮がミサイルを発射。今度は日本上空を通過。

前にも日本上空を越えてミサイル発射したことはありましたが、久しぶりにやってくれましたね。

北の脅威に不感症になっている韓国を小馬鹿にする言論をちらほら見かけますが、日本も人のことは言えません。

何せ、ミサイル発射しているときに日本人が日朝友好を掲げて平壌に滞在してますからね。

(写真:http://www.dprktoday.com/index.php?type=42&no=10597

子ども教育宝仙大学の佐野通夫教授が団長とのこと。

こういう人たちは一度、北の政治犯収容所にぶち込まれてみた方がいいでしょうね。

1カ月もすれば北に対する認識が180度変わるでしょう。

それにしてもミサイル発射に日本もだいぶ不感症になっていますね。

EEZ内にミサイルをビシバシ撃ち込まれても、日本上空をミサイルが飛んでも、「北朝鮮はけしからん!」と怒ってみせるだけで終了でしょうね。残念なことですが。

 

まぁ結局世論が沸騰しないと政治家も動かないわけです。

ミサイルの制御が狂って、日本に着弾でもしない限り、北朝鮮のミサイル実験に日本の反応は口だけになりそうな気がします。

何せ日本国民が慣れちゃってますから。

ま、韓国のように、軍人殺されたり、船沈められたりしてもダンマリになるほどではないのが救いですね。

もっとも救えないのが、日本の在日朝鮮人をやめて在日チュチェ人へアイデンティティを変えた人々でしょう。

またミサイル発射をお祝いする公演でもやりに行っているのでしょうか?

2016年にはこんな公演をやりに行っています。

(※https://youtu.be/9uZcwW7cVo8?t=7m8s

在日朝鮮人やめて在日チュチェ人になる道を選んだ方々。

平壌にいってミサイル発射を祝う公演をやる。それも毎年。

こういうのがいるからいつまでも在日バッシングが続いてしまいます。ろくでもない連中と同一される普通の在日コリアンはたまったもんじゃありません。

いい加減、自分たちの行動がいかに周りに迷惑をかけているのか自覚してほしいものです。