金太一と全泰壱 北朝鮮に神格化された被害者

日本と韓国で、歴史捏造による神格作業を執拗にやり続けているのが北朝鮮と朝鮮総連です。韓国ではこれに従北団体が結託しています。

その神話の中で必ずと言っていいほど出てくるのが、阪神教育闘争で死んだ金太一(キム・テイル)と朴正煕政権時に労働条件の改善を訴え焼身自殺をした全泰壱(チョン・テイル)の二人でしょう。

朝鮮学校の歴史教科書と、韓国の歴史教科書からこの二人がどう書かれているか見てみます。

 

朝鮮学校の歴史教科書ではこのように書かれています。

4月23日には「在日朝鮮人に警告する」という威嚇的な「声明」を発表して朝鮮学校を強制的に閉鎖し、これに抗議してたちあがった同胞を数多く逮捕拘禁した。

在日同胞たちは米日当局の弾圧をおしきって民主主義民族教育をまもる闘争にいっそう力強くたちあがった。

4月24日兵庫県の3万人あまりの在日同胞たちは大衆集会をひらいて大衆的な闘いを繰りひろげることによって、県知事から「学校閉鎖令」を撤回し、同胞の要求条件をうけいれさせるという成果をおさめた。

しかし米占領軍は「学校閉鎖令」撤回を無効と宣布し、兵庫地区に「非常事態」を宣布して数千名の日本武装警官と米国憲兵を投入して同胞たちを弾圧した。

大阪でも7千人あまりの日本機動警察隊と米軍憲兵が「学校閉鎖令」撤回を要求する4万人余の同胞にたいして放水ばかりか発砲する流血的な弾圧を敢行した。

数多くの同胞がたおれ、16歳のキム・テイル少年が銃弾を受け無念にも命を落とし、8人の女学生が負傷した。

在日同胞たちは「血を流してたおれた同胞の仇を討とう!」と叫びながら素手で憲兵。警察と勇敢にたたかった。

祖国の人民はもちろん日本をはじめとした世界各国の進歩的人民たちも民族教育をまもるための在日同胞のたたかいを積極的に支持鼓舞し、惜しみない声援をおくった。

これに鼓舞された在日同胞はよりいっそう堅く団結してしれつな大衆闘争にたちあがった。民族教育をまもる闘いによって日本当局は1948年5月5日「朝鮮人の独自的な教育を実施すること」を明らかにした覚書に署名せざるを得なくなった。

こうして海外同胞教育歴史上に例のない4.24教育闘争(阪神教育闘争)はかがやかしい勝利をおさめた。

『現代朝鮮歴史 高級1(日本語翻訳版)』 P69-70

そしてこの文章の近くに掲載されている写真はがこれ。

学校閉鎖_追い出される子供

子供を学校から追い出す警官の写真。これは必っっっらず、登場する写真ですね。

学校閉鎖_兵庫県庁襲撃

兵庫県庁を取り囲んで大あばれです。今じゃ考えられないですね。

金太一少年

そして、金太一(キム・テイル)少年の入院写真と葬儀写真です。

そもそも、こういう暴動といえる行動に子供を動員するのはいかがなものかと思えますけどね。まぁこれが当時の常識だったのでしょう。

学校閉鎖_学校を守ろう

子供が学校を守ろうとして立ち上がる写真も掲載されています。

さすがに金一族の個人崇拝は無理と見て、ウリハッキョの神格化作業をせっせとやっています。

幼い頃から、日本政府は悪で、政府は朝鮮学校を潰そうとしてくる!学校を守れ!!というガッチガチの思考回路を形成することが目的なのでしょう。

大多数に対してはそういう情緒を形成し、その中から北の言いなりになる熱誠者を輩出することを目的としているのが朝鮮学校の教育体系と言えます。

特定の思考回路を形成された大多数を扇動することなんて簡単でしょうね。

右翼に学校襲撃させて、その矛先を北朝鮮にとって都合の悪い相手に向くよう、うまく誘導すれば良いだけですから。

いったいいつまでいいように踊らされれば気が済むのか・・・。

阪神教育闘争の雰囲気が分かる映像を『NHKスペシャル プロジェクトJAPAN シリーズ日本と朝鮮半島 第4回』から、見つけたので載せておきます。

 

当時の「暴力上等!!」という世相がうかがえます。

別に朝鮮人がどうこういう問題じゃなく、戦後の混乱期はそういうものだということです。共産党や部落解放同盟なんかも似たようなもんです。朝鮮人うんぬん関係なく、ヤクザ者が闇市で縄張り争いしてたのが戦後直後の日本ですから。

こういうのを見るたびに現代に生まれて本当に良かったと思えます。

それにしても、これだけ民族教育に対する情熱があるわりに、金日成・金正日に強奪された民族教育を取り戻すことに、その情熱を発揮しようと思わないところが理解に苦しみます。

残念なことです。

そういえば、どうせバックに朝鮮総連が暗躍してるんだろうと思える右翼が似たような事件を起こしてますね。

ヘイトスピーチやレイシズム問題に関心がある人には説明するまでもなかろうが、中曽千鶴子なる人物は「京都朝鮮学校襲撃事件(※4)に匹敵する最悪のヘイトクライム」とさえいわれる「徳島県教組襲撃事件(※5)」の首謀者であり、2007年前後から醜悪さの度合いを増した関西の「行動する保守」運動の首謀者の一人であった。その後彼女は、本件につき刑事・民事の両面で訴追されている。

もし彼女が、裁判所の決定に服し、前非を悔い改め、しかるのちに政治活動等を再開すのるのなら別だ。しかし、彼女は一切反省していない。いまだに、以前と変わらぬヘイトスピーカーであり、徳島県教組襲撃事件で見せたような暴力的な活動も辞さない

日本会議の研究 (扶桑社新書)』 P111

 

万単位の集団で兵庫県庁取り囲み、県知事脅したことが素晴らしいことをした神話になるのに、こちらは許しがたいヘイト行為だそうです。

ちなみに私もその通りだと思っています。暴力に訴える輩はアウトです。

この「中曽千鶴子」さん、ブログでアジアン・リポーターズの宣伝をしてくれてますね。案の定、こんな右翼と結託するなどありえない!と従北左翼の皆さんがネット上で印象操作をしてました。

「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」が、在特会と結託しているような印象操作をされたのと同じ手法ですね。なにせ『朝鮮学校物語』というプロパガンダ本に、アベと守る会のせいでヘイトスピーチが助長されたという印象操作をしてますから。

まぁ「徳島県教組襲撃事件」も、黒幕は朝鮮総連でしょうけどね。しょせんは分からないように裏からろくでなしの右翼を煽って事件を起こさせ、それを朝鮮学校の親北人士養成教育の維持に利用するための工作でしょう。

右翼団体も流行らないですから金欠なんですよ。昔っからそんなことばっかりやってきた人はそれ以外で食ってく能力ないですから、金と自己正当化できるお綺麗な看板があれば、暴力事件を平気で起こすわけですわ。

愛国掲げた売国奴というやつですね。困ったものです。

この兵庫県庁襲撃事件ですが、朝鮮総連とはこれを神話にし、民団の初代団長朴烈は反省すべき暴力事件だったとしています。

暴力上等のパルチザン魂で結成された民族団体が朝鮮総連で、法を守って平和的に交渉して権利を勝ち取っていくべきだと同胞に反省を呼び掛けた常識人が作った民族団体が民団でしょう。

創団理念が違う組織が、その後どういう道をたどっていったかを考えると感慨深いものがあります。

 

お次は韓国です。

この金太一と同じように韓国の従北左翼に神格化されているのが、全泰壱(チョン・テイル)でしょう。高度経済成長期の厳しい労働条件に抗議して焼身自殺した人です。もちろんこれは悲劇です。

しかし、日本もバブル期には過労死や公害病など、経済発展の過程でこういった悲劇は世界中どこでも起きていました。

これも朴正煕時代の経済発展期に起きた不幸な事件一つとしか思えないのですが、こういうことにつけこんで、神格化することに関しては北朝鮮は天下一品です。

金日成の教示でも大いにつけこめ!と指令が出ています。

「全泰壱(チョン・テイル)の焼身自殺……! これがどんなによい扇動資料であることか。

もちろん清渓川被服労働組合(在ソウル)というものは取るに足らない組織であるが、わが方はこの事件を契機に、全泰壱を英雄として追慕事業を行って大々的に宣伝すべきである。

こうしてこそ、南朝鮮(韓国)労働者が組織的に一層団結することができ、彼の死を無駄にせず、その精神を手本とするようになるのだ。」
(一九七六年四月 対南工作担当員らとの談話)

金日成の秘密教示―対日・対南工作、衝撃の新事実』 P108

思いっきり金日成の対南工作の道具にされてますね。

おかげ様で、見事に韓国の教科書で神格化されています。

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%84%bc%e8%ba%ab%e8%87%aa%e6%ae%ba%e4%ba%8b%e4%bb%b6

(『検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』 P368)

労働時間減らして休みくれ!という要求ですね。まぁ普通です。

この全泰壱氏、労働環境を是正するためには一人の犠牲が必要と思ったらしく、焼身自殺しました。もちろん悲劇なんですが、焼身自殺というショッキングなやり方ではなく、ただ手首を切って死ぬようなやり方なら神話にはならなかったでしょうね。

おかげ様で金日成が指示した通り、対南工作員たちが大いに盛り上げ、見事に神格化されました。

それが悪いと言っているわけではありません。当然労働条件は改善されるべきでしょう。

ただ日本でも、過労死で投身自殺したりして社会問題になったりしていたわけです。あの当時の経済発展期というのは世界中どの国でも通る道だったと思います。

それは経済発展の段階でよく見られる負の側面であり、しょうがないことでしょう。

そういう負の側面を改善しつつ、より良い世の中を作ろうと頑張ってきたご先祖様のおかがで、今の韓国があります。感謝しましょうね、と教えれば良いと思うのですが、なぜか朴正煕の「開発独裁」の弊害だと言って、この時期の経済発展の成果を貶めようとしてきます。

「朴正煕は確かに韓国を経済発展させた。が、しかし!!」と、いちいち貶めようとしてくるのが従北汚染全開の韓国の検定版教科書の特徴です。

さらには、「全泰壱通り」と命名された通りができ、彼の彫像と銅板が敷かれた橋が建設されています。笑うしかない。

%e5%85%a8%e6%b3%b0%e5%a3%b1%e3%81%ae%e9%8a%85%e5%83%8f

“전태일 다시 돌아오다”(全泰壱が帰ってきた)』より

ちょっと怖いんですけど……。

仮に日本で過労のためにビルの屋上から投身自殺した人がいたとしましょう。

「その人を忘れるな!」と、こういう銅像を建てようとしたら、「馬鹿にしてるのか!」と怒られると思います。もしくは「君はアホなのか?」と頭の中を心配されるでしょう。

こういう客観的に見て恥ずかしいことを平気でやるのが、従北の悪名高き「全国民主労働組合総連盟」ですね。

幼いころから従北&左傾化した教科書で教育を受けると、こういうことが素晴らしいことのように思えてしまうわけです。

こやつらのありえなさは日本で唯一と言っていい、在日韓国系メディアの統一日報が危険性を指摘しています。

韓国には、大きく「韓国労働組合総連盟」(韓国労総)と「全国民主労働組合総連盟」(民労総)の2つがある。一部とはいえ、日本の労働組合が韓国の「従北」といわれる暴力勢力との連帯を公にするのは危険な動きだ。はたして韓日の革命をめざす彼らの背景・背後には何があるか。

(中略)

示威者たちは、午後2時から3時半頃まで「民労総への弾圧中止」や「韓サンギュンを釈放せよ」などを叫んだ。

民労総(全国民主労働組合総連盟)委員長の韓サンギュンは2014年の「セウォル号」事件以来、何度も暴力示威を扇動・実行したため昨年12月10日、警察に「騒擾罪」で逮捕されて裁判を待っている。

韓国の「従北」と日本の労働組合が連携深める

警察に逮捕されるような犯罪者が委員長です。昔の左翼運動全盛期の日本みたいです。

韓国の左翼は本当にイカれてます。日本の左翼がまともに見えてきますから。

こういう一部の過激派のせいで、まともなリベラルまでおかしな目で見られるのは、日本と一緒ですね。

もちろん朝鮮学校の教科書でもこの全泰壱(チョン・テイル)は大いに神格化されています。

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%ab%e6%9c%9d%e9%ae%ae%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e6%95%99%e7%a7%91%e6%9b%b8

朝鮮学校の方はもっと露骨です。

「外国資本に寄生して生まれた新興財閥に労働者が搾取された」
「民族資本は破産没落」
「労働者と貧民は最悪の労働条件で働かされた」
「悲惨な境遇はチョン・テイル焼身事件で広く知られるようになった」
「朴正煕政権の近代化はけしからん!!」

こういう主張ですね。これぞ北朝鮮式、歴史捏造洗脳教育の真髄といえます。

朝鮮学校に通う子供がこれって本当か?と思って韓国の教科書調べたら似たようなことが書いてあるわけです。これは信じてしまいますよね~。

全部が嘘とは言いませんが、捏造レベルにまで話しを拡大解釈されては、もはや洗脳と言っても過言ではないでしょう。教育を乗っ取られるというのは本当に危険なことだと思います。

残念ながら日韓左翼の総本山は北朝鮮だということは、否定できない事実でしょう。まぁ右翼にもせっせと浸透工作して、「凶暴な民族主義者」を増やそうとしてます。

しょせん右翼も左翼もヤクザ者です。北朝鮮や朝鮮総連もヤクザ者ですから仲良しなんでしょう。金さえもらえればなんでもやりますから。

韓国国内を分裂させたやり方を、日本にも適用しようと色々と策動しているのが北朝鮮と朝鮮総連でしょう。ネトウヨなんて結果的に北が喜ぶようなことばっかり言ってますからね。それに踊らされる保守言論人にも困ったものです。

本来、金太一も全泰壱も気の毒な被害者のはずが、北朝鮮に利用されたせいで、うさんくさい存在に貶められてしまいました。この辺は慰安婦おばあさんを徹底的に政治利用しようとする最強の従北団体である挺対協を彷彿させます。

まっとうなリベラルは、こういう輩と結託しないよう気を付けてもらいたいです。

関連投稿:

※ヤフオクでの販売を始めました。『光射せ!』など購入できます。
※詳しくはこちら:販売ページ

コメントを残す