日韓に対する北朝鮮のサイバー心理戦

北朝鮮のサイバー心理戦に関する記事。

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が韓国担当組織にサイバー宣伝活動を行う専門チームを設置し、「第4世代戦争」といわれるサイバー心理戦を強化していることが24日、分かった。

韓国政府関係者は「北は軍偵察総局、党の統一戦線部文化交流局、朝鮮6・15編集社など(韓国担当)組織で、韓国のポータルサイトに掲載されたデマやうわさ話をインターネットや会員制交流サイト(SNS)に流す専門チームを運営している」と伝えた。

(中略)

高麗大北朝鮮学科の南成旭(ナム・ソンウク)教授は北朝鮮のサイバー心理戦について、「過去のようにスパイを送り込んで工作を行うことは徐々に難しくなっている。費用がかかり、副作用もある」と指摘。「そのため、サイバーという目に見えない戦争を始め、効果もあった。費用もかからず、接近も容易だ」と説明した。

北朝鮮 サイバー心理戦に本腰=ネット書き込みチームも

 

インターネットを駆使して、北朝鮮は韓国で親北的な雰囲気を作ったり、国論を分裂させて内ゲバさせるよう扇動している。

日本では、保守の仮面をかぶって嫌韓扇動をやっている。それに合わせてGHQだの、WGIPだの、先祖の英霊だのを連呼して反米情緒も扇動している。

基本戦略はこれ。

韓国で反日扇動⇒ツッコミどころ満載のことをネットに書く⇒日本の従北偽装右翼が翻訳してネットにさらす⇒北のネット扇動という存在を知らない愛国馬鹿が怒る⇒韓国を小馬鹿にすることをネットに書く⇒韓国のネットで紹介⇒韓国の民族主義感情をこじらせた人が怒る⇒その人がネットに日本非難を書く、、、

とまぁこういう無限ループが徐々に大きくなって手を付けられなくなっているのが現状でしょう。日韓のネットに真実があると思っている馬鹿な人たちが踊らされるわけです。

もちろんメディアもしょっちゅう間違いますが、ネットよりはマシです。

ネットの情報は見る目がある人じゃないとだいたい騙されます。

北朝鮮は何十年もそういう情報操作と大衆扇動をやってきただけあって実にうまい。反中や愛国でうまく偽装していますが、騙されてはいけません。

在日や愛国者の仮面をかぶった従北工作員とのやりとりは、次の投稿をお読みください。

だいたいぐだぐだ言って最終目的が日韓断交の自称保守は、従北さんかそれに踊らされていることを分かってないおバカさんだと思った方が無難です。

関連投稿: