北朝鮮の巧みな外交

韓米日は核放棄のかわりに、個人崇拝式洗脳教育、収容所・連座制・密告制の暴圧統制、朝鮮人奴隷支配を黙認させられそうです。きっと「平和」の二文字で隠蔽して素晴らしいことかのように報道されるのでしょう。

経済援助や人道支援も、労働党経由で「将軍様の配慮」にロンダリングされたうえで、北朝鮮人民に配られることでしょう。

北朝鮮人民の不満も軽減して、めでたく金正恩体制は盤石となります。

スポーツ交流や文化交流を通して「関与」を強め、共存共栄の南北関係を通して北を内部から変えていくんだとリベラルの皆さんは言いますが、うまくいく可能性は低いでしょうね。

今でも韓流ドラマは北で流通してるわけです。それで何か変わってるんでしょうか?もちろん変化はありますが、それは満足いく変化なのでしょうか?

収容所も存在してますし、公式の場で体制批判もできません。やったら収容所送りか公開銃殺です。

仮にうまく関与が増えて、北朝鮮内部から自由化や民主化の声があがってきたとしても、出てきた瞬間当局に潰されます。

韓国・米国・日本が外から非難の声をあげたら何か事件起こして関係悪化させれば済むだけ。

「体制維持に必要なことをやってるだけだ、国家の主権侵害だ!黙っとけ!さもなくば戦争だぞ!」と言われるだけ。もしくは「あんまりグダグダ言うならまた核開発するぞ!我が国の安全を守るためにはそれしかない!!」とも言い出しそうです。

それで黙るんでしょう、韓国は。日本も拉致被害者返してくれたら無視を決め込みそうです。

米国も韓国にやる気がないのに何かするとも思えない。核放棄して米国に対する脅威がなくなったらさらに関心が薄れます。

いくら自由や民主化を叫んだところで、ちゅうちょなく銃殺する体制相手では自由化も民主化もまず無理です。

日本では同胞の権利を守るために警官相手に闘ってた在日朝鮮人も、北朝鮮に帰った後では借りてきた猫のごとく大人しくなりました。

別に馬鹿にしてはいません。当然です。逆らった瞬間、躊躇なく殺されるわけですよ。そんな社会で闘おうとして無駄死にするだけです。

日本や韓国のように即銃殺をしないまともな国でしか権利闘争など成り立ちません。

この辺を理解していないリベラルたちが、理想論で関与を増やして北朝鮮を内部から変え、普通の国にしていくんだと語るのは、ただたんに隣人が奴隷として塗炭の苦しみを味わってても、命をかけてまで助ける気はありませんと言っているだけでしょう。

人間そんなもんでしょうが、そうならそうとはっきり言ってほしいものです。

仮に北朝鮮を内部から変革していく可能性があるとしたら、交換留学などの名目で、北朝鮮の若者が韓国や日本、米国に大量に来れるようになることでしょう。

留学でなく、出稼ぎでもかまいません。とにかく北朝鮮から人を外に出すことです。それも大量に。

個人的に、今回の電撃訪中で軍事侵攻による体制打倒は消えたと判断してます。北朝鮮外交の勝利です。

今後は交渉でいかに北の人権問題はじめ、閉鎖性を崩せるかどうかにかかっています。

拉致被害者も、安倍政権の支持率が下がったところで金を積んで返してもらい、支持率回復につなげるような取り引きがあるかもしれません。小泉政権のときと同じですね。もっといるんじゃないかと疑っていても、それで手打ちにしてその他の拉致と疑わしい人たちは見捨てるのでしょう。

ベストシナリオは米国が妥協せず、中国も北朝鮮政府を助けず、金正恩の海外亡命で終わらせ、戦後の日本や韓国みたいな委任統治を経て、勢いよく経済成長しながら自由化・民主化を成し遂げて新生朝鮮として生まれ変わることでしょう。

こうなれば良いと願ってますが、北朝鮮の素晴らしい(いまいましい)体制延命外交でその可能性はどんどん低下しています。

拉致被害者も向こうに長期滞在して調査しない限り、確信をもって全員帰って来たとは判断できません。それが可能なのは、北の体制変革しかありえませんがそれもかなり厳しくなってきました。

北朝鮮に住むアジアの同胞たる朝鮮人は当分奴隷として生きるしかなさそうです。結局周辺国はまた奴隷状態の人々を見捨てるのか。はぁ、悲しいですね。