北朝鮮のスリーパー工作員はいるが、破壊的テロをやるほどの気合があるかは疑問

三浦瑠璃氏のワイドナショーでの発言がえらく炎上しています。

在日コリアン差別を助長すると大騒ぎ。関東大震災時のデマに起因した虐殺事件や、米国の日系人収容なんかに関連づけて批判されています。

北朝鮮に絡む懸念をなんでも差別とヘイトにすり替えて議論を封殺するのはやめてほしいものです。

いるかいないかで言えばいますよ、工作員。帰還事業で北送された親族人質にして、在日朝鮮人に協力を強要してきたんですから。

戸籍を乗っ取って定住している工作員もいるでしょう。

 

ただ、その人たちが破壊テロまでやるかは微妙だと思います。

原発や都市部での爆破テロなんかももしやったら一気に北朝鮮への姿勢は硬化しますし、北朝鮮への軍事攻撃もあっという間に容認されます。

米国が北朝鮮を攻撃したときの反撃として日本に破壊テロをやるかも微妙。

全ての主要都市を破壊したり、主要なインフラを破壊するなど、日本の戦争継続能力を一気に崩壊させられるほどの攻撃でなければ意味がありません。

下手にテロ攻撃して北朝鮮の仕業だと分かれば、国民感情は一気に悪化します。

米国の限定攻撃までなら体制維持ができるかもしれないのに、体制崩壊が確実になる全面戦争への引き金は、北朝鮮としてもなかなか引けないはず。

ただ、可能性が低くとも、起きる可能性はあるわけですからちゃんと備えないといけません。ですから差別を助長するとか言って思考停止するのではなく、テロ対策はやるべきでしょう。今は北朝鮮が起こす可能性が高いというだけで、テロ対策そのものは必要です。

そういうやるべき議論を差別とヘイトのレッテル貼りでやらせないのはいただけません。北朝鮮が取りうる攻撃手段を維持させたいのかと疑ってしまいます。

あと在日朝鮮人のスリーパー工作員もいます。

ただ、祖国に幻滅して永遠に目覚めることがない工作員でしょう。

一般人として定住してますから、人知れず工作員を引退して、日本で生き、日本で死ぬだけ。

平穏無事に余生を過ごしたいだけで、もはや破壊活動なんてやる気合ないです。

まぁやるとすれば反戦デモの扇動など政治運動の工作活動でしょう。その方が北朝鮮にとってはメリットがあります。

沖縄でやってるように基地の近くで勝手に検問して車両止めるとか、嫌がらせをせっせとすると思います。そういうのが好きな日本人はいっぱいますから、その人たちを集める活動や、SNSでの扇動を一生懸命やることでしょう。

雨後の筍のごとく反戦市民団体が乱立すると思います。

そして、それは犯罪行為ではないですから取り締まれません。工作活動=犯罪行為という図式が成り立たないのが、政治工作・世論工作・情報工作です。

もはや工作員が映画の世界のごとく機密情報を盗んだり、要人暗殺したり、破壊活動をする時代ではありません。

むしろ合法的な市民活動が工作員の主な仕事だと言えます。

その市民団体を活用して、世論やメディアに影響を与え、政治力を発揮し、母国の利益になるよう誘導する。

これが今の工作活動でしょう。

北の主な工作活動は、北朝鮮批判を全部ヘイトにすり替えること。

そういうことを言うと、レイシスト右翼を喜ばせる~!排外主義者が調子に乗る~!!差別を助長する~!!!と言って北朝鮮批判をやりづらくするわけです。

韓国では平和と融和、戦争反対で北のテロ犯罪や人権蹂躙をうやむやにするのが常とう手段ですね。

日韓の従北左翼の活動は一卵性双生児のごとくそっくりです。

三浦瑠璃氏の発言で賛否両論百出していますが、どちらも正しく、どちらも間違っているな~という印象。タチの悪い左翼の皆さんに的にされ、本当に気の毒ですよ。

まぁ淡々とテロ対策(対象が北朝鮮になるのはしょうがない)をやりつつ、批判すべきことは批判していけば良いと思います。

反差別・反ヘイト界隈の人たちも異常な集団だと思われるだけですから過剰反応はやめてほしいですね。まっとうなリベラルが同類扱いされて迷惑します。